UMPC(ウルトラモバイル)とULCPC(ウルトラローコスト)とは?

2009年6月29日

小さければミニノート、ミニノートならば普通のノートPCが小さくなったもの、ではありません。似ていますが価格なりに納得の違いがあるものです。

まずは上に書いたアルファベットの羅列を踏まえて違いを簡単に。


UMPC:Ultra Mobile PC・・・ウルトラ モバイル PC

超小型携帯パソコン。携帯サイズのPDAより大きく、ULCPCの中間辺りになる超小型のノートパソコンです。私が思い付くUMPCは富士通のLOOXシリーズ。直販から撮って来ましたがキーボードはどう打つのか無理だろうと思える程の小ささです。

UMPC(Ultra Mobile PC)

インテルやマイクロソフトのガイドラインによるとこう書いてあります。

・ 重さ:約900g(2ポンド)以下
・ 液晶:7インチ、タッチパネル有り
・ ネットワーク:無線LAN、Bluetooth
・ バッテリー:駆動時間2.5時間以上
・ HDD:30~60GB

となっていますが、現在では液晶が9インチになっていたりHDDは60GBを超えていたり、需要に合わせて上がっているようです。要はサイズ、液晶が10インチ無く、キーボードが小さすぎることです。ザウルスが大好きだったりするPDAマニア以外にはウケないでしょう。しかも結構高価。


ULCPC:Ultra Low Cost PC ・・・ ウルトラ ローコスト PC

BTOメーカーに限らず、ナショナルブランドも今年になって参入したバカ売れのミニノートやネットトップがこれにあたります。ミニノートは本当はネットブックと言うのですが、ミニノートの方が分かり易そうなのでそう書いています。規定は下記の通りで、これを超えてはいけないことになっています。

・ 液晶:10.2インチ以下、タッチパネル不可
・ メモリ:1GB以下
・ CPU:Atomなど性能の低いシングルコア
・ HDD:80Gバイト以下

ディスプレイ(液晶)以外はネットトップ(ミニデスクトップPC)も同様。
こちらも規制緩和なのか、14インチやHDD160GBになっています。

大きな違いは、ULCPCはマイクロソフトがVistaを延命するため、XPとロースペックを無理矢理抱き合わせて「XPは駄目だろ?もう時代はVistaなんだぜ!」と叫ぼうとしたもの。見事に裏目に出て、ミニノートが大ブレイク。PCメーカーのマイクロソフトへの恨みはでかいかも知れず。OS屋にハードウェアの薄利多売を強要されたようなものだからです。

元麻布先生も仰っています。

元麻布春男の週刊PCホットライン
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2008/0529/hot549.htm


Windowsに関しては売り手が売りたいものを売るのが当然のことらしい。善し悪しにかかわらず、世の中にはWindows XPを欲する人が大勢いるのに、それはもう売らないから、Windows Vistaを買えという。



MicrosoftがどこまでOSによりパソコンを独占しているのか良く伺えます。
独禁法に触れないよう、AMDを生かさず殺さずなインテルよりもえげつない。

この原理が崩れている理由は言うまでもないことなので、やっぱりもう少しMacintoshが売れた方が世の中全体として幸せになるのではないか、と思ってしまう。


これは1年前(昨年5/29)の記事ですが、Googleのアンドロイドが来ています。 Windows7を早く出したくて仕方が無いところでしょう。10月までにどうなるのか。

※引用内のMacintosh(マッキントッシュ)はApple(Mac)のことと思ってください。


本当はミニノートと普通のノートPCの違い、という内容でしたが、まずはここからと思いまとめてみました。おかしな点があればコメントなどで突っ込みをお待ちしています。

次回は「ミニノート(ネットブック)と普通のA4ノートの違いとは?」で行きます。

大きさが違うだけと思われている人が沢山居るようです。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

マウスコンピューター

高性能: ★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★★

初心者: ★★★★★

令和時代の鉄板スタンダードなPC初心者向けメーカー。標準構成のバランス感覚が突出しており、私でさえケチを付けることが滅多にできない。性能の下から上まで幅広く実用的。

パソコン工房

高性能: ★★★★ 保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★

初心者: ★★★★

性能とパーツの相場がある程度わかる人なら標準構成が多いのでコスパ重視で選びやすい。同じに見える同じ価格でも仕様の違いがどうなのか判る人には最適。

ドスパラ

高性能: ★★★★ 保証: ☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★★

昔はドスパラ=BTOだったけれど最近は普通のパソコンに力を入れておらず、2018-2019年の偽インテルチップ中華SSDの件が未解決なので信用問題的に何とも言えない。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安定: ☆☆

初心者: ☆☆☆☆

10年以上前まではDELL=初心者向けの安いパソコン、それはもう通用しておりません。クーポン適用後が適正価格だと見抜けるパソコン詳しい人向け、または大人買いで割安になる法人向け。

日本HP

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★☆☆

コスパと性能以外にも見た目も重視したいならHPのノートも選択肢としてアリ。自社製造状態なのでBTO=ダサい印象は払拭されるかと。デスクトップは法人用、ゲーミングは海外向け。

TSUKUMO

高性能: ★★★★★ 保証: ☆☆

コスパ: ★★★★ 安定: ☆☆

初心者: ☆☆☆☆

昔のマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。機種が少なく特徴的な少数精鋭状態なので選べる人を選ぶが、それにしても選びにくい。

FRONTIER

高性能: ★★☆☆☆ 保証: ☆☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ☆☆☆

初心者: ★★★☆☆

フロンティア神代の解散後、現所長のパワハラがひどいとタレコミが複数あり、私から内情を運営会社へ伝えると逆ギレされて私を訴えるぞと謎すぎる返しがあり困惑中。

サイコム

高性能: ★★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★★

初心者: ☆☆☆☆☆

PC自作しない中~上級者向け、昔ながらの2chおっさん御用達な鉄板メーカー。動かない構成でも購入できるので初心者にはおすすめ不能。量産系BTOのようにコスパ悪くならないのでサイコムだけは自由なカスタマイズを激しくおすすめ。

※並びはBTOメーカーの知名度の順(暫定)で、大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
格安SIMなb-mobileを勝手に評価
格安SIMなLinksMateを勝手に評価

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。