Corei7/i5/i3登場、Core2は来年終息、Centrino格下げ

2009年6月26日

タイトルだけで何のことか分かるかも知れませんが、パソコンの買替え時期について、のたまってみようかと思います。

やたらと専門用語を連発しても、そんな単語が解る人は既に情報を持っていると思うので、初心者で「Vistaパソコンを明日買います!」などという、詳しく無い人向けで。


未だ音沙汰ありませんが、今日(6/26)にWindows7のアップグレードがMicrosoftから発表されるはずです。 日本時間0時に音沙汰ありました。

Announcing the Windows 7 Upgrade Option Program & Windows 7 Pricing – Bring on GA! - Windows 7 Team Blog - The Windows Blog
http://windowsteamblog.com/blogs/windows7/archive/2009/06/25/announcing-the-windows-7-upgrade-option-program-amp-windows-7-pricing-bring-on-ga.aspx

単品のアップグレードも販売開始のようです。
これはやや高めですね。いや、元が高額だから安いのか?

Microsoft Store Japan - Windows 7
http://www.microsoftstore.jp/Form/Product/ProductCategory.aspx?cat=100002&advc=twitter

Windows7先行予約販売


おそらく ですが。Windows7の流れはこんな感じです。

06/26 Windows7 アップグレード(予約販売)開始
10/22 Windows7 発売予定

これにCPUを足してみます。元ネタはPC-watchより。

【PC Watch】 Intel、プロセッサブランドをCoreファミリへ統合 ~Core 2終息、Centrinoは格下げ
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20090618_294634.html

2009年 6月 アップグレード販売、10月 Windows7発売
2010年 Core-i5とCore-i3発売、Core2シリーズ終息
2011年 Core-i3~i7シリーズ

CPUのシリーズを簡単にして覚え易くという目的でしょうか。
ロゴも今年の春頃、何かうまそうなデザインに変わりました。

Core i7
Core i7

Core2
Core2 Extreme、Quad、Duo

下段のロゴ(Core2)が来年終了です。

大きな違いは、マザーボードのCPUを入れる所が変更になり、Socket(ソケット)がLGA775という775ピンから、Core-i用のLGA1366(1366ピン)へ変わることです。

現在、新品で販売されているものは、IntelのCPUならばCore-i7以外はだいたいLGA775です。これがCore i5Core i3の登場でLGA1366へ切り替ります。CPUが終息(生産終了)するため、それまでにマザーボードを売り切る必要があります。


以前、動画で上げたCPUの外し方では、Scket478という775のひとつ前の規格でした。違いを簡単に書くとこのような感じです。

Scket478からLGA775では、CPUとマザー以外の大きな変化は、AGPからPCI-Expressへ、そしてメモリがDDR2になったこと。LGA775からLGA1366では、CPUとマザー、メモリがDDR3になることです。

修理視点で言えば、CPUとマザーとメモリが故障した場合、今のPCがLGA775とすれば使い回しはできなくなる、ということです。形(ピン数など)が違うので物理的に挿せないのです。※挿すと壊れます(というか挿さりません)


色々書きましたが「Core i5が出る、Core2が終わるので来年まで待つ」という考え方はアホです。アホとまでは言いませんが、そんなことをしていたら一生PCは買えません。どのタイミングで何のためにどのクラスのPCが必要なのか、で選ぶことになるため、私が勝手に決めるポイントはこれです。

1. 今すぐパソコンを買い替え、Windows 7を使う->6/26からアップグレード付
2. 買替えは10月22日以降で良く、Windows 7を使う->そのまんまです
3. XPが良い->軽めの用途はネットトップやミニノート、それ以外は急いで購入
4. OS全種類使うWindows変態->ダウングレード権付+アップグレード付


4はさすがに居ないと思いますが、3は在庫が切れる頃です。

現在売られているミニノートなど以外のXPはDSP。これは今年の1月31日で出荷終了なので、現在各BTOメーカーが持っている在庫限りです。

ドスパラは未だに Windows XP の単品売りをしていますが、マウスコンピュータは7月頃に完売予定。フロンティアは先ほど見たところ、Homeは既に完売、Proが残りわずかとなっていました。

あせりの見える今のマイクロソフトならば、Windiws 7からXPへのダウングレードも出しそうな気がします。

XP Professional <- Vista -> Windows 7 <-(>) XP Professional

Vistaが完全に抹殺。今気付いたのですが、Vistaは「Windows Vista」であって「Windows」シリーズではないのかも知れません。

Windows潤・7 ~グレード名
Windows Vista潤・~グレード名
Windows潤・XP ~グレード名

気のせいですね。多分。おそらく。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメント(6)

Core i5は LGA1156での登場です。

Core i7 LGA1366(トリプルチャンネル)
Core i5 LGA1156(デュアルチャンネル)
Core i3 LGA1156(現段階では正式に確認されず)

こんな感じでi3もLGA1156で堅いでしょう。

今日、ヤマダ電機に買い物に行ったら、パソコンにWindows7アップグレート付きと書いてありました。

PCメーカー・ショップ・PC系のニュースサイト、
どこもWindows7騒ぎですごいですね。
私も、7アップグレードクーポン付きのBTO買ってしまおうか迷いました。

ただ発売までWindows7の発売までにVistaを使うことになること、後でBTOにOS組み込む方が、安くなるのではないか、Corei5の動向も気になるしとか色々考えて、結局やめました(笑)。
結局やめました(笑)。

過去に何度か「夏にLynfield」と書きながら、来年とか書いていたり。
これは訂正せねばなりませんが、4Gamersで7月は無いとか。
http://www.4gamer.net/games/065/G006503/20090602004/

1156が主力のようですね。ということは、1366は何のために?
インテル・・・・・やっちまったか?(笑)

各社、アップグレードキャンペーンを打ちまくっていますね。

本陣(なのか?)のMicrosoftもアップグレードのパッケージを期間限定で販売したようですが、締め切りより大幅に前倒して"SOLD OUT"でした。どこまでVistaはダメなのかと証明されたような状況に驚いて はいません、もちろん。

私がそうなのですが、迷っている時が最も楽しい。
今使っているPCが本格的にヤバくなってから考えても良いのではないかと。
しかし、Core-i3~5が気になります。

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。