セレブに買って欲しい超ド級カスタムPC

2009年7月 7日

超やド級は言い過ぎですが、最近目に付く「これは!?」
と思ったBTOパソコン(※一部違う)を集めてみました。

分かり易いよう、見どころを赤く塗っています。

DELL「Alienware All Powerful」

発売前日に記事にした宇宙最強パソコン「Alienware」です。

DELL(デル)Alienware(エイリアンウェア)

OS:Windows Vista(R) Ultimate SP1 64ビット
CPU:Core2 Extreme QX9300
メモリ:8GB (4GBx2) DDR30SDRAM メモリ(1333MHz)
SSD:512GB (256GBx2) SSD RAID-1
BD:ブルーレイドライブ
グラボ:GeForce GTX 280M SLI(TM) デュアル 1GB GDDR3
LCD:17インチ TFT WUXGA 光沢液晶ディスプレイ (1920x1200)

頂点を目指していたら925,540円になりました。100万まで一歩及ばず。

64bitしか無く、セレブならばVistaはUltimate。
併せてメモリは最大の8GBにしましたが、DDR30とあります。3のミスでしょうか。

ノートにCore2エクストリームでQX9300は無茶ですがプラス12万でした。
ビデオカードもGTX280へアップグレード。凄まじいですね。

Blu-RayとLCDは普通にあるとして、SSDは合計512GBのRAID-1としました。
ミラーリングなので使用中は250GBとなります。
リビルドの速度を見たいものです。

その他、キーボードやパームレスト付近が冗談のようなデザインですが、それがウリです。赤く光りまくって周囲をビビらせてください。まさか100万近くするとは誰も思わないことでしょう。


マウスコンピュータ「MASTERPIECE V1200MV3」


マウスコンピュータのゲームPC「G-Tune」よりマスターピースシリーズ。

マウスコンピュータのマスターピースシリーズ


OS:Microsoft Windows Vista Ultimate with SP1 正規版(DSP/64bit版)
CPU :Core i7-975 Extreme
CPUファン:LGA1366用CPU FAN
メモリ:DDR3 SDRAM 12GB PC3-10600 (2GBx6/トリプルチャネル)
SSD:インテル SSD/MLC 160GB (2.5inch)
HDD:1.5TB(1500GB) SerialATAII
グラボ:【3way-SLI】GeForce GTX285 /1GB/HDCP/DualDVI
BD:8倍速ブルーレイディスクドライブ
LCD:MITSUBISHI MDT243WG × 2
電源:1200W電源

総額647,430円となりました。中々のデスクトップになったと思います。

しかし、マウスに限らず自作ユーザが「あーあ」と思うことはCPUファンが指定、選択できないところ。これはマウスコンピュータに限らず良くあります。さりげなくビデオカードは3枚でSLIをかましているので、1200W電源+Core-i7のCPUファン+グラボx3の爆音仕様となりました。

どこぞの水冷パソコンのように漏れるよりはマシでしょうか。

セレブらしく、三菱の24インチをデュアルにしています。これをオンライントレード専用機をすれば、完璧なオーバースペックです。本当にありがとうございました。

もっと普通の説明を読みたい方はこちらをどうぞ。

【PC Watch】 マウス、Core i7-975/GeForce GTX 285×3搭載のハイエンドPC
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20090612_285741.html


関係ありませんが、ドスパラに対抗しているのか液冷パソコンもあるようです。

マウス、ゲーマー向けPC「MASTERPIECE」の液冷モデル
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2008/0502/mouse.htm


Faith「Progress UXG i7920N/DVR」


これはすごい。ノートPCのはず、と思うと意味が解らない。

Faithのデスクノート

OS:Microsoft Windows Vista Ultimate 64bit (DSP)
CPU:Core i7 Extreme 975
ベアボーン:Progress UXG (Intel X58 + ICH10Rチップセット搭載/D900F)
メモリ:SODIMM PC8500 DDR3 6GB 1066MHz(2GBx3)
SSD1:Intel X25-E Extream SATA SSD 64GB (SLC)
SSD2:Intel X25-E Extream SATA SSD 64GB (SLC)
SSD3:Intel X25-E Extream SATA SSD 64GB (SLC)
グラボ:GeForce GTX 280M (1GB)

DVD:スリムタイプ DVDスーパーマルチ (DVD±R/±RW/-RAM)標準搭載
LCD:17型ワイドTFT液晶 WUXGA(1920x1200)

Faith曰く「最強のモンスターデスクノート」、カスタマイズ後価格593,199円。
SSD3個搭載、メモリは6GBまで行けるので64bitにしました。

X58のノートベアがあるとは驚きです。
一昔前に、Pentium4を積んでSDRAMのノートパソコンがありました。
きっちりデスクノートと書いてあるので、同じようなものなのでしょう。

ノートPCでデスクトップの最高性能を求めており、Alienwareとややかぶっていますが、見た目がどうしても工事現場やミサイル基地に放置されていそうな古くさいデザイン。やれば良いというものでしょうか。

しかし、SSD3個でも192GBです。
早く売らなければ在庫として滞留すると色々な意味で大変そうです。
まさかDELLのようにベアボーンを受発注ということは無いと思います。

まともな解説は4Gamersでどうぞ。

4Gamer.net ― フェイス,Core i7をノート筐体に詰め込んだPCを発売。GPUはGTX 280M
http://www.4gamer.net/games/028/G002825/20090611051/

GIGABYTE「デスクトップになるNetBook M1022M」

これもすごい。やはりタイトルでは意味が解りません。

GIGABYTE(ギガバイト)のネットブック

どう見ても普通のノート(ネットブック)です。


これがデスクトップになるとは?

GIGABYTE(ギガバイト)のノートデスク

フェイスに対抗してノートデスクです。
これはひどい。爆笑しながらアダプタを作ったに違い有りません。

アホくさいのでスペックや価格は調べませんでした。
どうしても知りたければ価格コムの記事をどうぞ。

価格.com - GIGABYTE、デスクトップになるNetBook「M1022M」
http://news.kakaku.com/prdnews/cd=pc/ctcd=0020/id=7710/


自走式ネットブック


もうね

走るノート


買えるのかと

売ってるらしい


共通して言えることは、どれも欲しくない。

しかし、走るノートはリモコンできないのか激しく気になります。
日本まで発送してくれるのでしょうか。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメント(1)

すごい価格ですね。
このケースで放熱は大丈夫なんでしょうか。
AntecのTwelve Hundred(http://www.links.co.jp/html/press2/twelvehundred.html)
のようなケースでないと厳しそうな気がします。

最後の「自走式ネットブック」
高橋敏也が取り上げたりしないかな。
さらに改造して、ラジコンPCとか(笑)

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

マウスコンピューター

高性能: ★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★★

初心者: ★★★★★

令和時代の鉄板スタンダードなPC初心者向けメーカー。標準構成のバランス感覚が突出しており、私でさえケチを付けることが滅多にできない。性能の下から上まで幅広く実用的。

パソコン工房

高性能: ★★★★ 保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★

初心者: ★★★★

性能とパーツの相場がある程度わかる人なら標準構成が多いのでコスパ重視で選びやすい。同じに見える同じ価格でも仕様の違いがどうなのか判る人には最適。

ドスパラ

高性能: ★★★★ 保証: ☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★★

昔はドスパラ=BTOだったけれど最近は普通のパソコンに力を入れておらず、2018-2019年の偽インテルチップ中華SSDの件が未解決なので信用問題的に何とも言えない。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安定: ☆☆

初心者: ☆☆☆☆

10年以上前まではDELL=初心者向けの安いパソコン、それはもう通用しておりません。クーポン適用後が適正価格だと見抜けるパソコン詳しい人向け、または大人買いで割安になる法人向け。

日本HP

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★☆☆

コスパと性能以外にも見た目も重視したいならHPのノートも選択肢としてアリ。自社製造状態なのでBTO=ダサい印象は払拭されるかと。デスクトップは法人用、ゲーミングは海外向け。

TSUKUMO

高性能: ★★★★★ 保証: ☆☆

コスパ: ★★★★ 安定: ☆☆

初心者: ☆☆☆☆

昔のマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。機種が少なく特徴的な少数精鋭状態なので選べる人を選ぶが、それにしても選びにくい。

FRONTIER

高性能: ★★☆☆☆ 保証: ☆☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ☆☆☆

初心者: ★★★☆☆

フロンティア神代の解散後、現所長のパワハラがひどいとタレコミが複数あり、私から内情を運営会社へ伝えると逆ギレされて私を訴えるぞと謎すぎる返しがあり困惑中。

サイコム

高性能: ★★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★★

初心者: ☆☆☆☆☆

PC自作しない中~上級者向け、昔ながらの2chおっさん御用達な鉄板メーカー。動かない構成でも購入できるので初心者にはおすすめ不能。量産系BTOのようにコスパ悪くならないのでサイコムだけは自由なカスタマイズを激しくおすすめ。

※並びはBTOメーカーの知名度の順(暫定)で、大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
格安SIMなb-mobileを勝手に評価
格安SIMなLinksMateを勝手に評価

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。