「Windows 7」無料アップグレード付きVistaは6月26日発売

2009年6月11日

Acer(エイサー)がやっちまっています。
タイトルに「か?」と付けましたが、そういうことでしょう。取りました。

Acer United States
http://www.acer.com/win7upgrade/

Windows 7 無料アップグレード か?


外れたらこの記事は削除します。(ウソです)
情報元は最近ご無沙汰、いつものGIGAZINE。

「Windows 7」へのアップグレード権が付いたパソコン、ついに近日発売か - GIGAZINE
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20090608_windows7_upgrade/

エイサー、ミニノートを当てた後から元気です。

今後のネットブックはグーグルのアンドロイドをメインにするなど、液晶モニタのメーカーという印象から一気に日本でもPC製造メーカーとして広まっているように思えます。DELLが最近、戦略性が薄れて今だけ勝負している感があるので、個人的にAicer注目。


さて、今回やっちまったなぁなエイサーさん。
マイクロソフトNDAは無かったのか?
※NDA(Non Disclosure Agreement):秘密保持契約

無いと思います。
理由は、上記の6月26日に何かあるぞ的な広告は私が勝手に「Windows 7」だと予想しているのみ。そして、これは本当はMicrosoftは告知したいものの、PCメーカーや大型家電量販店などが買い控えを恐れ、MSへ直前までアップグレード付く日を言うなよ的なことを言っているのではないか、という妄想。

しかし時期が時期だけに、これはVistaからの無料アップグレード付発売でしょう。Aicerがネットブックと通販メインならば、別にバラしても構わないのだと思います。


ヒツジ先輩の未来予想図(4くらい)はこのようになっています。


月 6 26日(金) Windows7の無料アップグレード付きVista機発売 か? 7 ~8月頃に掛けて新CPUのLynfield(Core i5?)出撃 8 9 10 22日(金)Windows7製品版発売予定日※プリインストールPC解禁

Windows Vista を買う時期が見えてきましたね。
単純にどう見ても6月26日以降ですが。

10月までにどうしてもパソコンを買うならば、アップグレードが無料で付いたVista PC。工賃を取るなら無償では無いかも知れず、これはメーカー次第。

ハイスペック希望でCore i7の値下がりを期待するならば8月頃。
ボーナス後、夏休みや盆休み、里帰りでスポンサーが付く季節を狙ってパソコンメーカー各社が秋モデルをリリースすると見れば、8月はVista祭りに突入せざるを得ないでしょう。

しかし、そこまで盛り上がるのか?
上がればパソコン市場は復活気味に。XPが根強く残れば冷夏。

XPはマウスコンピュータの在庫が7月頃までと公表(フォーキャスト、在庫予測)していたので、この切り替えをミスるとダメージを受けるのか。いや、やはりXPが残るか。エイサーはGoogleのAndroid。Vistaは7祭り。XPがどう残すか。

誰か知りませんが、Corei5など言われているLynfieldはメインストリーム。
価格とベンチマーク次第でi7の価格も動くのでしょうか。

IntelのCPUセグメント


以前貼ったロードマップも一応。
Core-i7の950や975が載っていません・・・・

インテル、CPUロードマップ

インテル公式のCore i7仕様にも載っていません。
これは意味が解らない。日本だから翻訳の遅れか?

Corei7仕様ページ(インテル公式サイト)

インテル潤・Core潤・i7 プロセッサー - 仕様
http://www.intel.co.jp/jp/products/processor/corei7/specifications.htm

どう動くか気になるので、右に価格コムの相場表を追加しておきます。
Lynfieldが発売された後の動きが楽しみですね。

もちろん私は要りませんが。


<関連する記事>

Windows7の発売日は10月22日(木)Vistaはどうなる? | BTOパソコン.com
https://btopc.jp/select/bto-pc-291.html

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。