マイクロソフトのOffice比較がみっともない

2009年6月12日

BTOのカスタマイズで選べるオフィス2007
無料でKingSoftOfficeが入っていたりしますが、アレはスパイウェアのJwordsよろしくキングソフトがメーカーへ1プリインストール数十円で金を払っているからです。ついでに言えば、Macafeeなどの日数制限も同じ仕組み。

そのようなサンプル作戦をできない天下のマイクロソフト様が、ついにキレた、というより恐れたのか公式サイトで比較を始めています。これはゲスい。

office比較(マイクロソフト対数社)

マニアな夏がやってきた!『本気のパソコン。 | マイクロソフト ユーモール
http://www.microsoft.com/japan/athome/umall/natsu2009/scenario/office/02.aspx

この画面が全て表示されるまで数十秒かかります。
何か勝手にインストールしているのかと心配になりましたが、そんなことはありません。しかしなぜ遅いのでしょうか。途中で閉じようと思いました。

表示が遅いマイクロソフトの公式ページ(オフィス比較)

6/4から毎週アップデートし、7月2日までMS Office2007の良さというより他社を蹴落とし大作戦です。さすが独占はお得意ですが、このページを見ている人間がどの程度いるのか謎です。

microsoft-office-2007

「マニアな夏がやってきた!」だそうですが、これはどうかと。

オフィスソフトの起動時間比較

K社はキングソフト、S社はソースネクスト、E社はエバモアーソフトウエア、T社が判りません。なぜJ社としてジャストシステムが無いのかも解りません。

起動時間の比較はいずれもMSが最速。
最も勢いのあるキングソフトと比較するとその差はエクセルで0.7秒、ワードは同じ、パワーポイントは0.7秒です。体感約1秒の差は大きいかも知れませんが、だから何だ?という程度。これからどう展開して行くのか楽しみです。

オフィスのメモリ使用量比較

次にメモリ使用量ですが、MS対キングソフトでは、エクセルで約1MB、ワードは約20MB、パワーポイントでは約2MB。最近のPCはメモリ512MB以上は当然、Vista機ならば1024MBは搭載されているでしょう。その内1~2MBや20MBの差がどうしたのかと。

やたらと「わずか」を連発していますが、その差こそ僅かなものでしょう。この比較を見てなるほどと納得する人がいるのか気になりますが、やはり今後の展開に期待です。

どの程度の良さを魅せて頂けるのかは想像も付きませんが、普通に買えばMS Office2007は他社製品の5~10倍の価格差があります。

5~10倍の良さを見せつけて欲しいのですが、そこまでは無いでしょう。

私の場合、インターフェイス(リボン)のお陰で作業効率は最低です。ノリでカスタマイズに入れてしまうことも良いですが、本当にそれが要るのか考えて選びましょう。


ちなみに2007はファイルが少しでも破損するとアンインストールできなくなります。

ファイルを手動で削除しても、どこかでテンポラリファイルを勝手に保存しているのか、お節介なことに修復インストールしてレジストリをアホほど汚しまくってくれます。

万一、ファイル破損などで消せなくなった場合はMS様のツールを使用し手動で削除。その後にOffice2007をインストールし、直後にアンインストール。約30分かかります。

Windows Installer CleanUp ユーティリティについて
http://support.microsoft.com/kb/290301/ja

レジストリは汚いまんまなので、どうしても消したいならば海外のフリーソフトがあるので自己責任で使用してみましょう。一応、私のPCでも試しましたが正常に消すことができました。しつこいですが自己責任でどうぞ。

Free File Hosting & Video Downloads, Free File Sharing, Online Friends Network - Ziddu
http://www.ziddu.com/download/3067339/Office2K7DelReg.zip.html

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

マウスコンピューター

高性能: ★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★★

初心者: ★★★★★

令和時代の鉄板スタンダードなPC初心者向けメーカー。標準構成のバランス感覚が突出しており、私でさえケチを付けることが滅多にできない。性能の下から上まで幅広く実用的。

パソコン工房

高性能: ★★★★ 保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★

初心者: ★★★★

性能とパーツの相場がある程度わかる人なら標準構成が多いのでコスパ重視で選びやすい。同じに見える同じ価格でも仕様の違いがどうなのか判る人には最適。

ドスパラ

高性能: ★★★★ 保証: ☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★★

昔はドスパラ=BTOだったけれど最近は普通のパソコンに力を入れておらず、2018-2019年の偽インテルチップ中華SSDの件が未解決なので信用問題的に何とも言えない。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安定: ☆☆

初心者: ☆☆☆☆

10年以上前まではDELL=初心者向けの安いパソコン、それはもう通用しておりません。クーポン適用後が適正価格だと見抜けるパソコン詳しい人向け、または大人買いで割安になる法人向け。

日本HP

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★☆☆

コスパと性能以外にも見た目も重視したいならHPのノートも選択肢としてアリ。自社製造状態なのでBTO=ダサい印象は払拭されるかと。デスクトップは法人用、ゲーミングは海外向け。

TSUKUMO

高性能: ★★★★★ 保証: ☆☆

コスパ: ★★★★ 安定: ☆☆

初心者: ☆☆☆☆

昔のマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。機種が少なく特徴的な少数精鋭状態なので選べる人を選ぶが、それにしても選びにくい。

FRONTIER

高性能: ★★☆☆☆ 保証: ☆☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ☆☆☆

初心者: ★★★☆☆

フロンティア神代の解散後、現所長のパワハラがひどいとタレコミが複数あり、私から内情を運営会社へ伝えると逆ギレされて私を訴えるぞと謎すぎる返しがあり困惑中。

サイコム

高性能: ★★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★★

初心者: ☆☆☆☆☆

PC自作しない中~上級者向け、昔ながらの2chおっさん御用達な鉄板メーカー。動かない構成でも購入できるので初心者にはおすすめ不能。量産系BTOのようにコスパ悪くならないのでサイコムだけは自由なカスタマイズを激しくおすすめ。

※並びはBTOメーカーの知名度の順(暫定)で、大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
格安SIMなb-mobileを勝手に評価
格安SIMなLinksMateを勝手に評価

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。