ゲームPCの選び方はCPUとビデオカード

2009年5月10日

コメント頂いたUさんへの返信がてら、ゲーム用パソコンの選び方。
買う時に何を基準にするべきかを考えると、私が思う形はこうです。

ゲームタイトル=CPUとグラボの性能=予算

通常パソコンを買うとなれば「あれもしたいこれもしたい」と何でもしたくなるため

予算=デザイン、大きさ、好きなメーカー=全体の性能

こうなります。

しかし、目的が「ゲーム」と決まっているならば話は早い。
何のゲームをしたいのかで目的が決まります。

Uさんの目的は「レースシム(レースシミュレーションゲーム)をしたい」と書かれているため、そのタイトルやジャンルから推奨スペックを見て行きます。(最低必要スペックは辛うじて動く、動かないわけではないことが多いため見ない)

GT-LEGENDS

GT-LEGENDS @ FiA Historic Racing : Downloads
http://gt-legends.fia-historic-racing.com/en/gt-legends/downloads/

公式ではよく判らないため、4Gamersの記事が良いです。

【4Gamer.net】シミュレーション -「GT Legends」- 体験版
http://www.4gamer.net/patch/demo/gtlegends/gtlegends.shtml

対応OS:Windows 2000/XP(64bit版Windows含む) CPU:Pentium III/1.3GHz以上(Pentium 4/2GHz以上) メモリ:512MB以上(1GB以上) グラフィックスカード:メモリ64MB以上(256MB以上) DirectX 9.0c以降


カッコ内が推奨スペックです。
私のPCでもクリアしていますが、このゲームはやや古めでしょうか。実際にデモをダウンロードしてプレイしてみましたが、かなり難しかったです。ではなく、快適に動作しました。(Pen4-550、1GB、GF6600-128MB)

もう一つ例として書かれていたものも調べます。

GTR2

GTR2 日本語マニュアル 英語版 公式サイト
http://gtr2.zoo.co.jp/index.html

OS:Windows潤・2000/XP CPU:Intel潤・Pentium潤・ 1.8GHz 以上 メモリ:512MB 以上 CD-ROM:CD-ROM ドライブ 16倍速 以上 ハードディスク:2.5GB 以上の空き容量のあるハートディスク DirectX:DirectX潤・9.0c 以降 ビデオカード:DirectX潤・9.0c と互換性のあるビデオメモリ64MB搭載の3Dグラフィックスカード サウンドカード:DirectX潤・9.0 と互換性のあるサウンドカード


こちらも動作しました。デモや体験版は必須ですね。 気になることはビデオカードが漠然としており、GeForce~やRADEONの種類が書かれていません。また、「以上」という書き方をされているため推奨が判らない。


ここまでならば、私が持っているような時代遅れのPentium4などの程度、中古で適当なXPパソコンで結構だと思いますが、時間は流れて進んでいるため、まだ凄いレースシムが発売されて遊びたくなるかも知れません。

例えば、通信対戦が不発に終わったSEGAラリー。
パソコンでやる意味が特にありませんが、これはかなりのスペックを要します。

公式サイトが意味の解らないFLASHばかりで、スペックなどが見当らなかったため、やはりここでも4Gamersより。昨年2月、1年以上前の記事です。

4Gamer.net ― ドスパラから「SEGA RALLY REVO」推奨スペックPC発売(SEGA RALLY REVO)
http://www.4gamer.net/games/029/G002975/20080206046/

これによると、ドスパラでの推奨としているスペックは下記の通り。

# CPU:Core 2 Quad Q6600/2.4GHz(L2キャッシュ容量6MB) # マザーボード:Intel P35 Express搭載,ATXフォームファクタ # メインメモリ:PC2-6400 DDR2 SDRAM 1GB×2 # GPU:GeForce 8800 GT(グラフィックスメモリ512MB)


さすがに今ならば余裕。 当時のQuad(Q6600)は大変高価でしたが今では在庫処分され見かけません。あっても希少なので激高かったりするでしょう。

グラボ(ビデオカード)が8800GTなので、そこそこ高性能です。
参考まで>GeForceの型番の見方

更に別のレースゲームを発見しました。
これは現役のオンライン対戦ゲームのようです。

Level-R - オンラインレースゲーム!
http://www.level-r.jp/entrance/index.aspx

090500_levelr.jpg

推奨スペックは下記の通り。

・Pentium4-2.5GHz以上
・メモリ1GB以上
・GeForce7600以上 or RADEON800以上 ※DirectX9.0以上
・HDD3GB以上の空き
・WindowsXP または Vista ※但し64bitは動作保証しない
・FTTH50Mbps以上

最初から太字にして来ましたが、見るべきはCPUとビデオカードです。

電源は上記2つで容量が決まるとも言え、メモリは2GB以上が今や普通。
HDD数GBが空いていないわけがないでしょう。

これらから見るに、フロンティアとサイコムどっちでもいいじゃんとなります。
それでは意味が無いため、非公開コメントより要点のみ書き出します。


  • 所有機は6年前のデスクトップ
  • 検討しているのはこのフロンティアのモデルかサイコムのBTO
  • OSはXP Pro
  • 今後使用していく
  • 細かな仕様が分からない(マザー・電源など)

■フロンティア(前回書いたため一部省略)
CPU:インテル潤・Core潤・2 Extreme プロセッサー QX9650 (3.00GHz / 12MB)
メモリ:2GB(1GB×2) DDR2-SDRAM
ビデオコントローラ:NVIDIA潤・GeForce潤・9600GT 512MB
標準仕様に3年保障をプラス ※Uさんのご希望

■サイコム(基本的に保証は1年)
CPU:Core2Duo E8500 ファン クーラーマスターL3
マザー:ASUS P5QE メモリ 2G×2
HDD:Seagate 500GB 7200pm 16MB
ビデオ:ASUS GTS250 512MB又はELSA GTS260 896MB
ケース・Antec Nine Hunderd Two又は クーラーマスター CM690
電源:Antec シグネイチャーSG850(850W)


サイコムのカスタマイズ、良いのではないでしょうか。
個人的にはクーラーマスター仕様が好きな構成です。

FRONTIER側のCPUはシャレにならない高性能です。高クロックはゲームに最適。贅沢を言ってはいけませんが、ビデオカードが上がってGF9800ならば、見た目文句無しでしょう。

サイコムはCPUがやや弱いものの、先に書いたレースゲームならばSEGAラリらないならば余裕です。価格差を考えると、予算次第ではサイコム機で充分かも知れません。ここはUさんの懐具合次第です。

CPUの比較はフロンティアのページが解りやすい。
様々なベンチで約2倍のようです。

クアッドコア時代のパイオニア インテル潤・Core潤・ Quadプロセッサーを大解剖~ BTOパソコン、BTO PCの先駆者 FRONTIER ~
http://www.frontier-k.co.jp/contents/core2quad/secret.html


他の比較で気になることは保証。
フロンティアが以前の5年=5%ならば、有無を言わさずフロンティアをお勧めするところですが、3年保証(現在は9,450円)が微妙です。しかし、CPU、グラボ、電源が逝くことを考える保険としては安いでしょうか。5年(26千)は高すぎる。ここは運です。


マザーはどちらもASUSのようですが、フロンティアは古めのX38、サイコムはP45です。よく判らないならば気にしなくて良いでしょう。その辺りにこだわるのは自作変態にお任せ。

P5Q-E 株式会社ユニティ
http://www.unitycorp.co.jp/asus/motherboard/intel/lga775/p5q-e/

ASUS、X38チップセット搭載マザーボード7製品を発売 | パソコン | マイコミジャーナル
http://journal.mycom.co.jp/news/2007/10/10/031/index.html


電源は1000Wと850Wなので、どちらも充分と思われますが、サイコム(Antec)は80PLUSなので品質は上と見ます。フロンティアのメーカー不明1000Wが80PLUSなわけはないでしょう。

090500_antec650w.jpg
※850が無いため650の画像とリンクにしています
Antec - EA 650
http://www.antec.com/Believe_it/product.php?id=NjY=


以上をまとめます。

・ 5万近い価格差でも財布が納得するならばフロンティアのQX9650
・ 品質と細かいところまで性能にこだわり始めるならばサイコム
・ 今後のレースゲームやシミュレーションで考えるとフロンティア
・ 自作(改造)に挑戦するならばサイコム
・ フロンティアが完売していたら、ドスパラやG-tune(マウスコンピュータ)も検討

今の時期はソケットが775(Core2まで)から1366(Corei7から)へ変わって行くので、CPUを上げる必要が無いと考えればLGA775の終着点としてフロンティア機が落ち着きます。数年してビデオカードを上げるよう改造も考えてはいかがでしょうか。

自作する皆さんが「サイコムが良い」という理由は、本当に自作に近いからです。例えばフロンティアのように大量にケースを自社で作ったりせず、ケースにこだわるメーカーが作ったものをサイコムは採用しているという違いがあります。

後々、自作への派生とするならばという意味でサイコムは良いのですが、サポートや故障時に自分では何ともならないならフロンティアの(価値として3年が限度)延長保証や電話サポートでしょう。

マウスやドスパラも考慮と書きましたが、ゲームがセットのPCを丸ごと選ばず、その構成に近い普通のBTOの参考にするため、一応は見るべきかと思います。

いつものことですが、必ず自分で決めてください。

私の書いたことが全て無駄になっても全然構いません。

ご参考まで。




追記

お手持ちの6年前のPCの仕様を推測で書きますが、パーツの互換性はほとんど無いと考え、自作や改造の予備としようとするならば下記もご参考ください。左が私の推測で、右が今回購入されるかも知れないPCです。

Scket478 -> LGA775 ・・・・CPUの規格(ピンの数)
DDR -> DDR2 ・・・・メモリの規格、ピン数やソケットの違い
PATA -> SATA ・・・HDDのコネクタの形、6年前ならばまずPATA(光学ドライブも)
AGP -> PCI-Express ・・・・ビデオカード、付いていない(オンボード)かも知れず
20 -> 24pin ・・・・電源コネクタのピン数。変換すれば良いが容量注意

ケースも当時の吸排気の性能を考えると買い替え後のPCには使えないと考えます。自作や改造、故障を自分で判断するには部品を交換してみることが手っ取り早いですが、それができない可能性が高いということです。


更に追記

CPUの原価(仕入れ値)を考えて気付いたのですが、万一フロンティアPCでQX9650が原因で故障した場合、修理代を10万以上取られる可能性大です。

現在は在庫処分特価ですが、これは本体の処分なので修理パーツや交換費は全く別物。前回紹介したように価格コム最安でもドスパラが10万、中古の落札相場を見ても5~7万です。

どこもそうですが、修理用パーツは当時の価格が反映され、保守パーツとして希少価値まで乗ることが多いです。それを考えるとCPUが故障した場合。

1. 保険としてやはり長期保証が外せない
2. 性能を落としたLGA775のCPUを自分で購入し交換
3. 博打で保証は無視

保証を延ばさないならば自分や周囲の詳しい人に任せることになると思いますが、故障箇所の診断には予備パーツが必要です。ご注意ください。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメント(5)

こんにちは! Uです. お世話になります.

とても詳細なアドバイスありがとう御座います.感謝です!!

昨日は17時から仕事だった為、こちらを拝見したのは
うっすら明るくなった頃....

その後フロンティアサイトを見ましたら、在庫×

昨日おっしゃっていた発注なのですがキャンセル料は2割との事

まあ縁がないものと諦めサイコム最優先で考えたいと思います

あと、BTOショップいろいろ拝見しましたが
とても値段的に魅力(CPU・ビデオは特に)なものが多いものの
電源などはサイコムと比べ貧弱なものが...

以前、某給湯器メーカーで基盤の仕事をしておりましたので、
(一時期パソコンも作っておりました)電源についての重要性は
わかっているつもりです.

でも今回一番ハッキリした事はやはりCPUとビデオカードが
最重要な事.

また、恐らく一番長く使用できるケースや電源になるべくお金を
かけ購入したいと思います.

それでは、また相談にのってほしい事が出できたら、
おじゃまさせてもらいます.

ぜひ、その時は宜しくお願いいたします.

ちなみに、今のパソコンはSOTEC・G4170AVRです.
(レースシム体験版を導入しましたがカクカクで全くお話に
なりませんでした)

それでは失礼いたします.

それで正解かと。
フロンティアは万一の修理代が怖い。

SOTECの仕様を見ましたが、追記した内容でほぼ合っているため互換はしないと割り切って新PC購入を検討=自作や改造を考えられるならば次回が良いかと思います。
http://www.sotec.co.jp/direct/g4170avr/spec.html

自作している人間は、増設や改造(パーツ交換)を短期間でするものなので、同じ規格のパーツが余分にあるものです。そうでなければ故障箇所が特定できない。特にCPU、M/B、電源、オンボードでなければグラボも。

ハイスペックの不利な点は修理代ということも考慮した方がよろしいかと。

こんにちわ^^
はじめまして
リネ2を卒業してタワーオブアイオンをしようとおもってるのですが
どんな性能がいるのかわからないんです
ヒツジ先輩さんのおすすめはなにですか??

namiさんはじめまして
横レス失礼いたします。
最近では、AIONの推奨PCというのもメーカーから発売しているみたいですよ。

ドスパラ
http://www.dospara.co.jp/5goods_pc/pc_list.php?h=g&f=g&m=g&tc=166

マウスコンピューター
http://www.g-tune.jp/gaming/AI/?cid=g-l01


某掲示板のWiki AION用構成例
http://bto2ch.wiki.fc2.com/wiki/%E6%A7%8B%E6%88%90%E4%BE%8B?sid=964ba826957fdc46cba61b20edd2a37a

【OS】Microsoft Windows(R) Vista Home Premium 64Bit DVD OEM SP1
【CPU】LGA1366 Core i7 920
【CPUクーラー】 リテール、無限2
【メモリ】Corsair TR3X6G1333C9 DDR3 1066MHz 合計6G 2GB三枚
【マザボ】ASUS P6T(無印)
【グラボ】GTX285
【サウンドカード】オンボ
(【SSD】Intel X25-M Mainstream SATA SSD SSDSA2MH080G1、OCZSSD2-1VTXシリーズ ※特注)
【HDD】WD WD6401AALS、WD WD1001FALS
【光学式ドライブ】NEC AD7240S
【筐体】COOLER MASTER CM690、Antec NineHundred TWO、Antec TwelveHundred
【電源】CORSAIR CMPSU-750TXJP 750W、 Antec TP-750AP、Seasonic SS750EM Seasonic SS850EM 、Antec SG-850 850W

参考までに

あと少しでもPCを安く買いたい場合は、ポイントサイトに登録して、そこを経由して買うと購入金額の0.5%~2.5%程度キャッシュバックされるので得ですよ。

ちょびリッチ(例)
(デル、HP、ソーテック、ソフマップ、ソニー、エプソン、マウス、ドスパラ、九十九、サイコム、フェイス、TwoTop、神代)対応
http://www.chobirich.com/shopping/shop/04/

>Aさん
ナイスフォロー
情報収集力はAさんにはかなわない。

>namiさん
月曜のネタにします。URLはこれになるかと。
http://bto-pc.jp/btopc-com/select/bto-pc-331.html
時間が経って解らなくなったら、過去記事を「アイオン」で検索してください。

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。