勝手に悪評「100円パソコン(イーモバイル)は使えない」説明

2009年5月 9日

口コミや悪い評判や評価が見当らないので、勝手に解説します。
これを読めば、どこまで高価で使えないかが解るかも知れません。

¥100パソコンと言えばDELLかと思いましたが、左の一覧よりイーモバイルセットで100円を条件に全て抜き出しました。

DELL(デル)
DELL100円PC

HP(ヒューレットパッカード)
HP100円PC

EpsonDirect(エプソンダイレクト)
エプソンダイレクト100円PC

SOTEC(ソーテック)※オンキヨー
ソーテック100円PC

DELLが1円でインパクトありますが、99円の差なので気にしない。
同じ100円ならば、送料や保証、そして何よりスペックでしょう。

ソーテックはEモバイルセットなら3年保証が付いてくるそうです。
他にもeeePCなど注目の100円パソコンはあるかも知れませんが、私の解説にそんなものは関係ありません。タイトルの通り勝手に悪評を書きます。


先に書いたように、今回はスペックなどガン無視です。
これを読んだ後でもなお、納得するなら比較してください。

各社揃って「イーモバイル」ですが、いずれも2,900円のライトプランがセットです。家電量販店の店頭で、ついフラフラとついて行きそうなお姉さんが販売する光やADSL回線と同じ抱き合わせ販売。中には6,880円のプランも有りますが、とりあえず置いておきます。

イーモバイル2900円

無線デバイスのスペックは、

・ 下り最大7.2Mbps(7.2Mbps対応エリア以外は3.6Mbps)
・ USBメモリスティックの容量は最大8GB
・ MicroSD(USB2.0接続)
・ Windows XP Vista どちらも対応

特に言うこと無し。
7.2Mbps対応云々以前に、エリアがどうなっているのかは前回の記事をご参考ください。

【DELLの100円ミニノート】イーモバイル同時加入って何?
https://btopc.jp/select/bto-pc-116.html

パソコンはUMPC(ウルトラモバイル、MicroSoftのコードネームは確かorigami)、速度は3~7Mbps程度のベストエフォート(速度保証しない、最大速度の目安)、基本的にWindows XP搭載。

ここまでは良いのです。エリアには大いにケチが付きますが。
問題は総額。

今、ミニノートを買うなら3万円前後が相場でオフィスが付くと4万円台。
しかし、イーモバイル抱き合わせの100円パソコンは衝撃価格

72,435円 69,600円+2,835円(事務手数料)

アホかと。

69,600の内訳は、月額2,900円のライトプラン料金、または契約解除料が同じく2,900円になり、69,600円のローンがスタートします。事務手数料は頭金のようなものです。

月額6,880円は2年縛りで約17万円支払い続けることになるため論外。
ネットブック本体が3万円としても約4万円の通信費を払うことになります。

エリアは狭い、2年はイヤでも払い続けるローン状態。
そして見落としてはいけない箇所は2,900円プランの場合

・ パケット単価=0.042円
・ 無料通信=1,000円分
・ 契約期間2年終了まで他のプランへ変更不可

毎月1000円超えなければ良いのか?
計算してみましょう。

まず、1パケットは128バイト、1KBに換算すると8パケットになります。
1000円で何パケットかを逆算すると23810

計算し難くなったので、1KB(8パケット)を0.336円とします。1MB(1024KB)では344円。この時点で既にヤバイ雰囲気ですが、1000円では2.91MBしか使えない計算になります。

800万画素の画像3枚でぶっ飛びます。
300KBのエクセルファイル10回送信すると終わりです。
フラリと立ち寄ったサイトに3MBのフラッシュが貼ってあったら10秒で逝けます。

どこまでセレブなのかと。

高く付くからとプランを変更しようと思ってもできません。
解約すると残月数分のローンを使わず罰金で払うハメに。

2年の刑期を終えると1000円などの安い基本料に変更できるようですが、果たしてそこまで行ってもイーモバイルを継続しようとするでしょうか。

今回ははっきりと言えます。私は要りません。

というか、これはひどい でしょう。

購入する人が存在すること自体が不思議ですが「法人契約か!?」と思ったものの、購入は2台まで、回線は1台に付き1回線が抱き合わせ。

なぜこれを買うのか、理解できません。

そこまでイーモバイルが必要ですか?

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメント(7)

視点をどこにおくか、ということだろうと思います。
6千円/月くらいの通信コストを払って、ちょっとだけ外でインターネットやメールを見たいというお偉いさんには最適な商品だと思いますよ。

とっても稟議が通りやすい。

マーケティングとは「いいものを売る」のではなく「売れるものを売る」のですから。

なるほど。しかし、ここではBTOパソコンの選び方なので、このクソ通信機器は要らないと思うのです。

2年縛りの激高従量、3万程度の価値に7万のローン。会社のリース契約なら有りですが、個人ではきついのではないでしょうか。金額ではなく、やり方がえげつない。

また、2年以内には通信速度が上がると思うため、その時に月2,900円がどういう価値になるのか見物です。

売る側ならばおもしろそうですね。

イーモバイルの販売方法も褒められた物ではないけど
それを積極的に利用してるのは販売店とメーカーだと言うのを忘れてますよ

イーモバイルセットを買うも買わないも、ユーザ次第です。
初期費用を抑えたい人向けにイー・モバイルは実施しているにすぎません。
ドコモなども同じように割引してますし

あまり、きれいな売り方ではないと思いますが・・・

参考になりました
ジャパネットは一生使いません

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。