「Windows 7」は「Windows XP」(環境)も使えるらしい

2009年4月29日

4/27にニュースを読みましたが、いつものニッケー様だったので元記事から読み取ったことにしようと思います。タイトルの通り、Windows7ではXP環境が使えるというもの。

リンク先は見ての通り英語です。
Windowsチームのブログより。

Coming Soon: Windows XP Mode and Windows Virtual PC - Windows for your Business - The Windows Blog
http://windowsteamblog.com/blogs/business/archive/2009/04/24/coming-soon-windows-xp-mode-and-windows-virtual-pc.aspx

090400_windows7xp.jpg

>意訳

Windows7は、中小企業のためにXP環境も用意します。
Windows7に移行して欲しいから。
ProとかUltimateでやります(多分。ベータだし)


訳した意味が無いほど簡潔ですが、そういうことです。

どういうことかと言うと、Vistaを捨てたわけではなく、XPをどうにかして終わらせたい、のでも無く「XPからVistaへの移行が失敗しました」ということになります。ユーザ数から見てもそうでしょう。

Vistaは2ヶ月後に7へのアップグレード付き出ます。推測ですが。
XPユーザはどうするかと言えば、何もしないでしょう。XPから7になれると、Vistaと辻褄が合わなくなるためアップグレードは有り得ない。

上のリンクはブログなのでコメントもあります。
おもしろそうなものを適当に、やはり意訳。


・ いいんじゃないの?(ハッピーさん:仮)

・ すげぇ!しかし、Vistaユーザにしてみれば「なぜXPから乗り換えたんだ?」という不満が出るはず。これどうするのか考えた方が良いと思うよ(ラッツさん:仮)

・ 仮想ってのが怖いね。私の考え方が古いのかも知れないけれど(マッシュさん:仮)

・ Windows7いらね。LinuxでXP動かせるし(モンキーさん:仮)

・ 私は別にWindows7というインターフェイスが欲しいわけではない。使いやすさと生産性が必要なのだから(ポリンキーさん:仮)

・ これはWindows7でOSを独占しようというハラだろ?(ミッキーさん:仮)


ニックネームは私が適当に付けました。 特に意味はありませんが、丸パクリはマズイだろうということで。

私が最も同感することは「インターフェイスが欲しいワケではない」

XPで何が、Vistaなら何が、7なら何が動く?
ではなく「このXPで使用していたアプリケーションなどが使えるのか」ということ。XPユーザが多すぎ、Vistaの移行が少なく新規もそれなり。

新しいものを売らなければ利益が出ないことは解りますが、戦略として何か的が外れているようでなりません。ユーザが求めているものを無視している、とまでは言いませんが、何か強引な手法を何度も試みようとしているような雰囲気が個人的には感じられます。

バーチャルXPが有りだとしても、XPのメインPCと平行するか、または移行しないと考えるべきではないでしょうか。

MSの戦略(性格)上「徐々にXPを捨てさせてやろう」という、クソ意地の悪いことを考えていそうです。考えすぎだとは思いますが。


かつてのNECがキリンラガーだとしたら、AT互換機はスーパードライ。

一発屋は言い過ぎですが、ビルゲイツが前面に出ないMicrosoftは、ホンモノが来た時に負けてしまうのではないでしょうか。

Googleが気になります。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。