Windows XP ダウングレードはおすすめしません

2009年4月21日

マウスコンピュータがインタビューで、まだXP搭載PCを売ると明言しており、6月までのXP在庫はあるようです。元の記事はニッケー様なのでリンクや引用はしません。Googleの検索へ繋いだので一旦検索よりどうぞ。

XP搭載PCも売り続けます! 他に無い小回りの良さで勝負 - Google 検索
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=XP搭載PCも売り続けます! 他に無い小回りの良さで勝負

要点は、ダウングレードではなく普通のXP(DSP)を6月頃までは販売することと、それ以降はWindows7を見るかも知れない、という辺りです。

ダウングレードは人気が無いようなことが書かれていますが(斜め読みしました)、これは本当です。ダウングレードの人気が無い、というかダメと言い切ってしまう理由として言えること。

  • VistaのUltimateかBusinessからのみダウングレードできるため高価
  • 普通に再インストールの作業になるため大変手間がかかる
  • BIOSやドライバなども自分で再セットアップする必要がある

高くて面倒なのです。
言い方を換えれば「XP需要への高額Vista抱合わせ」です。

ダウングレードという名前は、Windowsの前Ver.というだけでなく、MSがユーザに対して「XPが下」という印象を持たせるための名称だと私は個人的に思っています。

元がBusinessやUltimateなので高いです。
メーカーにより違いますが、HomePremiumより1~3万程度の差があります。これにXPのインストール用メディア(CD)が付くため一見得に見えますが、6月まではマウスがXP単体(DSP)を持っているので、XPが欲しいならば今買う方がダウングレードを買わされるより良いでしょう。

ドスパラは更に豪快。単体で販売中です。相当大人買いしましたね。
DSPのお約束、安価になるようFDDが付いていますが不要なら使わなければOK。

090400_dosparaxp.jpg


話は戻ってダウングレード、更に価値が無くなりました。

VistaとXPを使えるという利点の「Vistaも」がWindows7のお陰様で不要となります。何をどう計画(予想)しているのか解りませんが、今年7月31日に終了する予定であったダウングレードを更に1年延長し、来年7月頃までとしています。

これはMSから公式には発表されていませんが、メーカーが先走って公開しているようです(私の手元にはソースはありません)

ちなみに、最初のリンク先にあるニッケー様の記事内の表は誤りです。
(今年7月でダウングレード終了になっている:2009/4/20現在)

上で「更に延長」と書いた理由は、今年の1月31日から7月へ半年延長し、それが更に来年7月まで1年延長になったためです。


ダウングレードのよろしくない理由で高く付く以外に、インストールが面倒です。エプソンダイレクトなどは工場出荷(販売時)にXPへダウングレードしてくれますが、通常はユーザが自分の手で行います。

手順は、Vistaが入っているPCをフォーマットし、XPのメディアからブートして普通にインストールを開始。自作経験のある方ならばここで気付きますが、USBなどがマザーに接続されている場合(主にカードリーダー)物理的に外すか、BIOSから無効にしておかなければXPがCドライブに入りません。※FやHなどドライブ名が飛ぶ

インストール後もXP用のドライバを入れ直し、何かあった時のサポートは販売メーカーのみでMSでは対応してくれません。※一部VL(ボリュームライセンス)は有償で可能とか

通常の(ダウングレードではない)XPのサポートも延長され、このようにパッケージと変わらない手間をかけるならば最初からDSP版が良く、Windows7待ちの今、中途半端にVistaへ「アップグレード」する理由は見当たりません。

DSP(XP)の在庫が切れると「ダウングレード」または昨日書いたように「PremiumReady(のような)」売り方をして来るはずなので、よく考えて自分で決めましょう。

個人的には、ダウングレードは最もお勧めできません。

もっと個人的には、Vista Businessは名の通りビジネス向けなので、HomePremiumにある機能も入っていないことがありますのでお勧めしません。Ultimateはフルセットですが笑えないくらい高価です。

リンク用ソース

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

期間限定の特集など


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

広告

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。