MSオフィス2007の激安版「キングソフトオフィス2010」

2009年4月19日

BTOのカスタマイズ画面やオプションに付いている、Microsoft Office 2007
びっくりするほど高額です。意味が解らない。

とは言ってもパッケージでは4万前後するものの、BTOで抱き合わせるとなぜか2万円以下になったりします。これはOS(XPやVista)のようにOEMというワケではなく、単純にMSの代理店から大人買い(フォーキャスト)して安く仕入れるためです。

これを書いている現在では、すでにオフィス2003は姿を消しました。確か昨年春頃にEOL(終息)しています。今年の1月にWindows XPのOEMの代理店出荷が終わったような感じです。

今、これを書いている自宅のPCはMSのOffice2003ですが、仕事で使っている会社のPCはMS Office2007です。2003を使っていたのですが、外部データをクエリで引くことがあるため、6万5千行制限が100万行になることは大きいのです。

しかし未だに2007のリボンとかいうメニューは使いづらい。毎日のようにExcel2007を使っていますが、未だに半分以上の機能がどこにあるのか解りません。比較してみましょう。

Excel2007(会社)
090400_excel2007.jpg

Excel2003(自宅)
090400_excel2003.jpg

良く判りませんね。

2007は「ホーム」の横並びにあるように、全てタブになっています。
押してもメニューが出て来ず、全部ボタンになっているため見づらい。
しかも2003のメニューと違うため、何がどこにあるのか判りません。

慣れなのだと思い込んで早1年半。やはり使いづらい。
家が2003だからという理由もありますが、実は2007には2003のメニューが表示されるようアドインを入れています。

というわけで紹介しようと思ったのですが見当たりません。
(アドインのタブをクリックすると、別のバーで2003のメニューが出る)

別モノですが、アドインツールというものを発見しました。

090400_adintool.jpg

Office 2007のリボン上に以前のスタイルのメニューバーとツールバーを表示します。
http://www.addintools.com/japanese/menu_office/default.htm

これは海外のソフトウェアで、やや無理矢理日本語で販売ページを作っているように見えます。というかそうだと思います。そしてこれは買わなくてもフリーのアドインがあります。

Office 2007 オールドスタイル メニュー アドイン
http://members.at.infoseek.co.jp/dr_admk/o2007oldui/

リボンに変わってしまった UI を、以前のバージョンのメニューとツールバーの配置に戻します。


素晴らしい見た目です。フリーソフトという点も良い。
これを入れてしまえば2007のクソリボンは見なくて良くなるでしょう。
但し、他のPCで2007を操作する際に困ると思いますので、そういう機会があると思うならば、耐えてう○こリボンで我慢大会をした方が良いと思います。

そう考えると、私が仕事場で入れているアドインは融通が利いて良いです。
どこにあるのか今判りませんので、機会があれば紹介したいと思いますが、修理もBTOも関係無いのでしないかも知れません。


ようやく本題ですが、バッタモンオフィス2010が発売されました。
間違えました、キングソフトオフィスでした。失礼。

今回、MSがリボンにした理由は、2003がキングソフトに思いっきりパクられた腹いせにUI(ユーザーインターフェイス)特許を取ったというユーザビリティもクソもない自己満足、いや財産保護です。

このせいでOOo(OpenOffice.org)は追随できなくなり、キングソフトも、と思いきやUIは2003の状態でKingSoftOffice2010を出しました。と思います。おそらく。

キングソフト オフィス 2010 無料体験版 | マイクロソフト オフィス 2007 との互換性が高いオフィスソフト
http://www.office-soft.jp/

kingsoftoffice2010

さすが、やることが中国です。
マイクロソフトというテキストを連発していますが、MSが黙っていること見ると問題ないのでしょう。恐るべし豪快さです。

書いてある通り、無料ダウンロードで30日試用可能。
その後は4,980円払えば製品として使えます。

4万もするMS版より良いと思うかも知れませんが、マクロがアレだったり、互換性がもちろん完全ではなかったり、拡張子が面倒だったり、やはりそれなりです。

用途としては、家庭内の使用であったり、社内全体がキングソフトまみれならば特に問題は無いと思います。あとマクロもアレです。

無料・総合セキュリティソフト/総合オフィスソフト@サポート | マクロ機能がまだ不完全だと聞いています。どのような問題があるのですか?
http://www.kingsoft.jp/support/office_plus/kso_1422.html

言ってしまえば劣化版のようなイメージですが、関数しか使わない場合や、Excelなのにワープロソフトのように使ってしまっているならばキングソフトオフィス2010で良いのではないかと思います。

しかし、ユーザーを無視するかのようなオフィス2007のリボンメニュー、強引にXPを終わらせてVistaにするような気配をしつつもWindows7を発射準備したり、Microsoftのやり放題には若干イラっと来るのは私だけでしょうか。

かつてNEC仕様が標準だった頃、対抗するDOS/V機(今、あなたが使っているPC)に負けたように、自由を求めたOSが来て欲しいところ。

何となくGoogleがやってくれそうな気がします。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

マウスコンピューター

高性能: ★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★★

初心者: ★★★★★

令和時代の鉄板スタンダードなPC初心者向けメーカー。標準構成のバランス感覚が突出しており、私でさえケチを付けることが滅多にできない。性能の下から上まで幅広く実用的。

パソコン工房

高性能: ★★★★ 保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★

初心者: ★★★★

性能とパーツの相場がある程度わかる人なら標準構成が多いのでコスパ重視で選びやすい。同じに見える同じ価格でも仕様の違いがどうなのか判る人には最適。

ドスパラ

高性能: ★★★★ 保証: ☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★★

昔はドスパラ=BTOだったけれど最近は普通のパソコンに力を入れておらず、2018-2019年の偽インテルチップ中華SSDの件が未解決なので信用問題的に何とも言えない。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安定: ☆☆

初心者: ☆☆☆☆

10年以上前まではDELL=初心者向けの安いパソコン、それはもう通用しておりません。クーポン適用後が適正価格だと見抜けるパソコン詳しい人向け、または大人買いで割安になる法人向け。

日本HP

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★☆☆

コスパと性能以外にも見た目も重視したいならHPのノートも選択肢としてアリ。自社製造状態なのでBTO=ダサい印象は払拭されるかと。デスクトップは法人用、ゲーミングは海外向け。

FRONTIER

高性能: ★★☆☆☆ 保証: ☆☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ☆☆☆

初心者: ★★★☆☆

フロンティア神代の解散後、現所長のパワハラがひどいとタレコミが複数あり、私から内情を運営会社へ伝えると逆ギレされて私を訴えるぞと謎すぎる返しがあり困惑中。

サイコム

高性能: ★★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★★

初心者: ☆☆☆☆☆

PC自作しない中~上級者向け、昔ながらの2chおっさん御用達な鉄板メーカー。動かない構成でも購入できるので初心者にはおすすめ不能。量産系BTOのようにコスパ悪くならないのでサイコムだけは自由なカスタマイズを激しくおすすめ。

※並びはBTOメーカーの知名度の順(暫定)で、大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
格安SIMなb-mobileを勝手に評価
格安SIMなLinksMateを勝手に評価

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。