ATOK(阿波徳島)がバーコードリーダーの手下へ

2009年4月13日

ATOKはジャストシステムの漢字変換がメインのソフトですが、キーエンスが43.96%の持ち株となって資本提携したようです。キーエンスと言えばバーコードリーダーしか思い付かないのでタイトルをそうしました。

資本・業務提携及び第三者割当による新株式発行に関するお知らせ(PDF)
http://www.justsystems.com/jp/just/finance/j0904031.pdf

私は10年以上前から、ATOKは阿波徳島の略だと覚えていたのですが
本当は「Advanced Technology Of Kana-kanji Transfer」のようです。
(ATOKTではないのか?)


ATOKのトップページ

ATOK.com - 日本語入力システム「ATOK(エイトック)」
http://www.atok.com/

右下に「30日無料体験」とあるので、知らなければ使ってみてください。

Vistaになっても相変わらずバカ丸出しのMS-IME(Input Method Editor)は
噂では中国で作られているらしく、と思ったら噂ではないようです。

慶應義塾大学教授のブログ記事。

MS IMEさらに...お馬鹿になっていく - Windows Live
http://furukawablog.spaces.live.com/Blog/cns!156823E649BD3714!9079.entry

某MS社員に、「MS IME最近どうなっているのよ?」と先週聞いた答えが...「IME開発の主体が、中国にシフトしまっていて我々も手を出せない......個人的にはATOKに切り替えようと思っている」と言う現役開発系社員の発言に絶句!!! 


そうした方が良いと思います。

MS-IMEに慣れてしまえば何とも感じないと思いますが、一度ATOKを使い
学習機能を体感してしまうとMSに戻れなくなります。

タイピング(キーボードで入力すること)に慣れていない初心者ならば尚更
これを書いている時もモードを変えることでこのように候補を出すこともできます。

ATOK17推測候補機能
(ジャマなので切りましたが)


話を戻しますが、ATOK頼みのジャストシステムに未来は無かったでしょう。
私が使っているATOK17は2004年に発売されたものです。

ATOK17発売ページのSS

余計な機能が次々入って容量が大きくないっていそうですが、インストールする際にカスタムモードで私が入れる機能は「ATOK」だけです。他の機能は要らず、新製品へアップグレードする理由もありません。

単にMS-IMEがバカすぎてATOKは売れたのだと思っています。

漢字をバーコードのように読み取れるようになると凄いですが
それはタダのOCRだろうというセルフツッコミで終わります。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。