2009年のパソコンの選び方と需要を勝手に予想

2009年3月 9日

もう3月、1年の1/4が終息しそうですが、今年のパソコンはどうなるのか
勝手に予想してみようと思ったきっかけがこの記事。

世界のPC出荷台数、2009年は4.5%減少--IDC予測:マーケティング - CNET Japan
http://japan.cnet.com/marketing/story/0,3800080523,20389443,00.htm

米国企業IDCの「Worldwide Quarterly PC Tracker」という勝手な予想では
世界のPC需要は、2009年は▲4.5%

市場調査会社IDCが米国時間3月5日に発表した「Worldwide Quarterly PC Tracker」の最新予測によれば、世界市場におけるPCの出荷台数は2009年前半に8%減少するという。


出荷台数は2009年後半に改善をみせ、第4四半期にはわずかながらプラス成長に転じ、通年では4.5%の減少になるとIDCは予測している。


▲4.5%は通年とありますが、8%はどこから来た?

それは良いとして、ワールドシェアと国内市場では何が違うかと言えばOS。
Windowsメインなのは世界共通かも知れませんが、日本はMSにべったり。

しかし、例えばアメリカなどではBTOで普通にLinuxがあったり標準だったり。
Linux(ubuntu)のみだったりもします。日本のubuntuはこちら。

Home | Ubuntu Japanese Team
http://www.ubuntulinux.jp/

ここを読んでいるリナックス変態ならば使いこなしているかも知れませんが
普通の人ならWindowsで良いので、余計なことをして再インストールしてくれ
などという修理にもならない依頼はやめましょう。有料になります。


アプリケーションと周辺機器次第なPC買い替え

よく「Windows Vista Ultimate!!!」「XPのProです!!!」のような売り文句など見かけますが、何を勘違いしているのか、OSはオペレーションシステムなのでそんなもんどうでも良いわけで、要は「自分が使っているアプリケーションは動くのか(遅くならないか)」「周辺機器は全て正常に動作するのか」ということが気になるのです。

PC使用年数が長くなるに連れ、周辺機器が増えたり、特に使っていなくても高い金出して買ったアプリケーションが遅くなったりしないかということ。

これらの増加に比例して「買い替えるなら同じOSで良い」「正常に繋がる、動く、遅くならないなら」という需要が多くなります。これがXP>Vista需要の一因になっているはず。

Vistaがダメだ!やっぱXP売れるよな、と決めつけていると、この需要に足元をすくわれるかも知れません。メーカーは要注意。


Windows7のカウントダウン


Windows7が来年リリース予定なので、今はかなり微妙な時期です。

Vistaを使いこなしている、ある意味上級者ならばそのままVistaかも知れませんが、現状XPしか認めない、ある意味低レベルな私のような人間には、Windows7がどうなのか気になります。

発売直後に買うような人間は、間違いなく新規購入、または2台目以降、もしくは単なる新しいモノ好きの3種類です。先に書いたように、買い替えという需要は最初には発生しません。

自分の使っているプリンタ、アプリケーションの対応やサポート、これらが揃った後に情報を集めて「だったらWindows7かな」となるわけで、たかがOSとも言えますがされどOS。

操作性や快適性でアルトがクラウンになるならそちらの方が良いですが、スカイラインがクラウンでは困ります。XPは有る意味後者なので、せっかく使いこなしていたスカイラインがクラウンごときではモノが違う。だったら要らないとなる人が少なからずいます。


Windows7が来年上旬とすると、今年の夏、早ければ6~7月辺りからVista機購入にWindows7のアップグレードが付くはず。(買い控えを潰すため)

Windows7のパッケージやDSPそのものは来年以降の話なので、Vistaが発売されて2年経った今でもXPを使い続けている人は、今更Vistaも無いでしょう。


Lynfieldが夏頃に登場

Intel CPU 「Lynfield」がQ3に控えています。
が、これは一般向けではなく、ハイスペックハァハァ野郎向けなので、大した影響は無いと思われます。ロードマップ持ってきました。

CPUロードマップ(Intel)

Nehalem(Core-i7)の後継になりますが、確かVGA制御がチップセットかCPUかの違い程度で、大した差は無かったと記憶しています。(違っていたら申し訳ない)

「これに合わせてWindows7だぜ!」では支離滅裂。
BTOメーカーのXP在庫も怪しい頃なので、日本でLynfieldを売るには相当の覚悟が必要なはずです。XP無い、Vistaはアップグレード用、Windows7まで半年近く、これは条件が悪すぎる。大丈夫か?インテル。


今年のPC需要は、

・ 買い増し(2台目以降パソコン)の需要はある
・ 買い替え需要は究極に下がる
・ 新規購入も年末に向けて見送りが多くなる

国内は、マイナス4.5%や8%どころか、15%超えると予想。

OEM(量産メーカー契約)の安いPC、となればULCPC(ミニノートや省スペースデスクトップ)をどこまでプロモーションできるか、に掛かっているでしょう。

超不況、激不景気、と勝手に皆さん言っているように、ヘタを打って今年倒れるメーカーがあるかも知れません。私はソーテック(ONKYO)にジョージア1本賭けます。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

マウスコンピューター

高性能: ★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★★

初心者: ★★★★★

令和時代の鉄板スタンダードなPC初心者向けメーカー。標準構成のバランス感覚が突出しており、私でさえケチを付けることが滅多にできない。性能の下から上まで幅広く実用的。

パソコン工房

高性能: ★★★★ 保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★

初心者: ★★★★

性能とパーツの相場がある程度わかる人なら標準構成が多いのでコスパ重視で選びやすい。同じに見える同じ価格でも仕様の違いがどうなのか判る人には最適。

ドスパラ

高性能: ★★★★ 保証: ☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★★

昔はドスパラ=BTOだったけれど最近は普通のパソコンに力を入れておらず、2018-2019年の偽インテルチップ中華SSDの件が未解決なので信用問題的に何とも言えない。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安定: ☆☆

初心者: ☆☆☆☆

10年以上前まではDELL=初心者向けの安いパソコン、それはもう通用しておりません。クーポン適用後が適正価格だと見抜けるパソコン詳しい人向け、または大人買いで割安になる法人向け。

日本HP

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★☆☆

コスパと性能以外にも見た目も重視したいならHPのノートも選択肢としてアリ。自社製造状態なのでBTO=ダサい印象は払拭されるかと。デスクトップは法人用、ゲーミングは海外向け。

FRONTIER

高性能: ★★☆☆☆ 保証: ☆☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ☆☆☆

初心者: ★★★☆☆

フロンティア神代の解散後、現所長のパワハラがひどいとタレコミが複数あり、私から内情を運営会社へ伝えると逆ギレされて私を訴えるぞと謎すぎる返しがあり困惑中。

サイコム

高性能: ★★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★★

初心者: ☆☆☆☆☆

PC自作しない中~上級者向け、昔ながらの2chおっさん御用達な鉄板メーカー。動かない構成でも購入できるので初心者にはおすすめ不能。量産系BTOのようにコスパ悪くならないのでサイコムだけは自由なカスタマイズを激しくおすすめ。

※並びはBTOメーカーの知名度の順(暫定)で、大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
格安SIMなb-mobileを勝手に評価
格安SIMなLinksMateを勝手に評価

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。