【初心者用SSD】Buffaloのセットが良い件

2009年3月16日

メルコからSSDの新製品が出るようです。
機能が新しいワケではありませんが、セット内容が親切で、比較的PCに
詳しくない人でも使えそうなので紹介します。

メルコのSSD

2.5インチ MLC搭載 SATA II/USB2.0用 内蔵SSD | SHD-NSUMシリーズ
http://buffalo.jp/products/catalog/storage/shd-nsum/

Buffaloの直販サイトからも買えるようですが、よほどのメルコファンでなければ
大して安くありませんので、普通に価格コムなどで探しましょう。

良いと言ったのは、AcronisのLE版が付いてくること。
このSSDだけではありませんが、Buffaloはこの辺りが充実していて良いです。


Acronis Migrate Easy


何種類かありますが、AcronisMigrateEasyは簡単でおすすめです。
TrueImageとDiskDirectorは、多少詳しい人でなければやや危険なので
普通(の人)なら、このマイグレートだけで良いと思います。

例えば32GBのSSDを買うなら、Cドライブから画像などのデータを一旦退避して
Cドライブの容量を30以下にしてコピーすればOK。丸ごとコピーは楽です。


Acronis Disk Director LE


MigrateでHDDがSSDになったら、元のHDDは要らなくなりますが
万一のことを考えて、HDDのCドライブはそのまま残しておきます。

このソフトでパーティションを変更できるので、元のCドライブを狭くして
もうひとつ空きドライブを作ることで、そこをSSDのバックアップ領域として使えば
良いかと。Cドライブは、万一SSDがぶっ飛んだ場合のレスキュー起動用で。

操作は簡単ですが、パーティションって何?という人にはおすすめしません。

ちなみにLEとは、Limited Editionの略で、訳すと限定版という意味ですが
この場合は機能が限定されているという意味になります。
普通に使う分にはLEだろうと機能が足りないなどの問題はありません。


Acronis True Image


こいつは厄介なので手を出さない方が無難。
ディスク丸ごとやドライブ、フォルダごとに選んでイメージを作りますが
結構な確率で復元に失敗します。

正確に言えば、復元に失敗ではなく圧縮に失敗するのですが、復元して
みなければ正常部圧縮できたか判らないため、本格的に面倒です。

どうしても容量を少なくしてバックアップを作りたいならおすすめですが
痛い目に遭った人を知っているので、できればやめておきましょう。


Acronis Drive Cleanser


要りません。
HDDをバックアップストレージとしてそのまま取っておくべき。


BTOのSSDは選択肢が少ないので、予算や用途に合わせて自分で
変えてしまうために書いてみました。

また、どうしてもTrueImageと同じことをしたいなら、こちらがお勧め。
Windowsで操作できるので、初心者にも安心。

無料かつWindows上でデータ丸ごとバックアップ | BTOパソコン.com
https://btopc.jp/repair/bto-pc-166.html

リンク用ソース

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

期間限定の特集など


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

広告

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。