『DELLはなぜ安いのか?』理由を解説

2009年2月 2日

仕組みは「DELL(デル)方式のBTO解説」を見て頂くとして、
今回は「なぜ安い?」の理由を歴史から見ます。

以前、とあるレポートを読んで説明を書きましたが、それからDELLに興味があり
色々調べました。マジメな解説を混ぜて適当に書いてみます。


学生時代から大物の予兆が「マイケル・デル」氏

マイケルはパパに怒られていたそうです。

 パ 「何で勉強せずにパソコンばかりいじってるんだ!」
 マ 「だってパパ、ぼくはIBMと張り合いたいんだ!」

アホかと。
しかし、実際に張り合って勝ったから笑えません。

なぜこんなことを言っていたのかは、当時のIBMが20年前のNECのようなもので
世界標準=IBMパソコンでした。※海外では

NEC(PC98など)と違うところは、オープンソースという考え方。
内容を公開していたのですが、それでもどこもIBMを超えることはできませんでした。
そのくらいIBMは凄かったのです(昔は)

IBMの独占市場だったので、(昔の)NEC状態で、価格は好きに付けられます。

余談ですが、20年前のNECのPC(9801シリーズ)は安くても50万円
最新機種になると80万~90万で普通にベスト電器とかに置いてありました。


IBMより安く売れば良い->ダイレクト販売


今もそうですが、DELLは小売りや量販店を通さずに直接ユーザへ売ります。
(ツクモなどにも置いてありますが、買取な上に利益が無いに等しい)

当時はこのダイレクト販売という概念が無く、そんなもん無理だし失敗するに
決まってる、と言われていました。

しかし、実行してみると安いので売れます。
IBMが7,000ドルで売ればDELLは4,000ドル
IBMが400ドルならDELLは350ドル

売れると知名度が上がり、法人(企業)からも声がかかる。
大口取引ができれば大量生産できるので、製造コストも下がる。

今考えればBTOは当たり前ですが、誰も考えなくて実行しなかったことを
成功させたのです。


実行と速さと戦略


デルの考え方は、常に実行(実践)すること、それも速く、更に戦略を持つ。
実行と速さは、考えたらすぐ動くのではなく、戦略があっての実行と速さ。

例えば、昨年11月末頃からCore i7機がドスパラなどで一気に売り出され
ましたが、DELLにはありませんでした。

私は「多分DELLはマザーボード作っているころだと思います」とか
書いていましたが、そうではなく市場や競合の反応を見ていたのです。

出荷する数が桁違いなので「あ、売れなかった。みんなゴメン」は通じません。
大量生産して良いのか、どこまで売れるのか、誰が買っているのか
それを見極めて最終調整をして一気に販売を開始します。

慎重というより正確、早いよりも速い。


デルは標準という考え方


DELLはIBMに勝った時から常に世界標準、標準化を見ています。
難しく言うとコモディティ化とか言いますが、標準で良いと思います。

標準化するためには、それ(DELL)が普通で当たり前と世間に思われる
必要があり、かつ広めなければダメです。

まずは、安いから売れて売れるから安いのですが、なぜ安いか?
なぜ安くなるのか?を繋げるとこうなります。

一番多く売れる価格帯→安く売れば大量に売れる

これが回転するのです。

DELLが普通になると、DELLから買えば良いということになり、これが
標準になってしまう。

デルは最新の技術は取り入れますが、自分で最新のものを作りません。
iPhoneとか作らないってことです。

常に熟成市場に参加して、計画的に次へ進んでいます。


これは、個人用パソコンを主に考えたものですが、DELLの本当のすごさは
企業向けの大量生産にあります。が、ここ読んでる人は個人ユーザだと
思うので省略します。

他にも「在庫を2時間しかしない」とか色々ありますので、最初に書いたリンク
から飛んでみてください。

なぜ安いかを書きましたが、デルいわく「価格は1/3、サポートが2/3」

次回は、DELLのサポートについて書きます。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。