80PLUS電源とは?

2009年1月29日

80PLUS(プラス)電源とは、80PLUSプログラムの規格で、パソコンの電源装置が20%~100%出力時に変換効率が80%以上の基準を満たした製品に付きます。

この"80PLUS"には4段階あります。
価格も4段階になると思って良いでしょう。


80PLUS (スタンダード)<ブロンズ<シルバー<ゴールド


80PLUS(スタンダード)
80PLUS STANDARD

出力 20% ・・・ 80%以上の実効率
出力 50% ・・・ 80%以上
出力100% ・・・ 80%以上
80PLUS BRONZE(ブロンズ)
80PLUS BRONZE

出力 20% ・・・ 82%以上
出力 50% ・・・ 85%以上
出力100% ・・・ 82%以上
80PLUS SILVER(シルバー)
80PLUS SILVER

出力 20% ・・・ 85%以上
出力 50% ・・・ 88%以上
出力100% ・・・ 85%以上
80PLUS GOLD(ゴールド)
80PLUS GOLD

出力 20% ・・・ 87%以上
出力 50% ・・・ 90%以上
出力100% ・・・ 87%以上

80PLUS電源の良さ、メリットは?

発熱が低く高効率なので、排熱が少なくなる
環境問題に興味が有るか無いかは別として、発熱を抑えつつ高効率ということはパソコンの理想です。
熱による劣化が少ないため、寿命が長くなる
過去に何度か電源内部の排熱問題でコンデンサが爆発したり、劣化が進んで故障するという記事を書きました。これに強くなったということです。故障しにくいということは財布にも優しい。
実効率が高いため電気代を安く抑えることができる
今までの電源装置、例えば(ピーク)500Wと書いてあっても実効率60%ならば300W程度になりますが、80PLUSならば400W以上になり安定するため、ブレが少ないのです

なぜこんなにマジメに書いているのか

これは家電に近付く革命的なことです。
80%という基準を作り、それに沿うよう作られる。

大げさかも知れませんが、次世代CPUやマザーボードの規格が変わったり進化した
と言っても、結局は「電源装置」次第。電源ダメなら全部壊れやすい。

これに以前から気付いている、というか当たり前と思っているのが自作マニアだったり
本当のカスタムメイドパソコン屋です。電源の品質が悪く不安定だと、無駄に負荷が
かかり、その負荷は繋がっているパソコンの装置全体に渡ります。

やや高めですが、価格も従来品とほぼ変わらないので、今後は「80PLUSは当然」に
なるでしょう。まだ種類は少ないですが、PC買い換えはBTOに限らず気にしましょう。

GOLDが普及して、将来90PLUSとか出ると更に良いですね。
PC修理が減ることは良いことです。


価格コムへの検索結果へリンク貼っておきます。

価格.com -80PLUSの検索結果 | 電源ユニット パソコン
http://kakaku.com/search_results/80PLUS/?category=0001%2C0035

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメント(1)

>500Wと書いてあっても実効率60%ならば300W程度になりますが、80PLUSならば400W

用語の理解が間違ってるような。
500W電源で実効率60%とは出力が500Wで消費電力が500W/0.6=833W。
80PLUSなら500W/0.8=625W。

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。