ハーキュリーズとVSPECの変なWindowsXP

2008年12月22日

アラ探しをしたわけではないのですが、トップページにこれは
さすがに見逃すわけには行きません。

先にVSPECさん。
※ハーキュリーズとVSPECはGoodBoxが運営しています

VSPECのWindowsXP


もしかして、と思って行ってみるとやっぱりなハーキュリーズさん。

ハーキュリーズトップ
ハーキュリーズのWindowsXP


まとめると、

 ・(VSPECの)Windows XP OEM は2009年1月に生産終了
 ・(ハーキュリーズの)Windows XP は2009年1月で販売中止

昨日「この広告は汚いな」と思ってDual Core搭載PC(Celeron)を取り上げた
ばかりですが、今回は大げさとかいうレベルではなくウソです。

カッコしたように「VSPECの」とか「ハーキュリーズの」と書けばまだ良いですが
これではWindows XPが1月以降、買えないように見えます。

Windows XP OEM は1月で生産終了しない
XPのOEMはBTOパソコンメーカーで扱う場合、二種類あります。

ひとつめは2008年6月に「出荷禁止」になった全PCに適用されるOEM版。
OEM契約はマイクロソフトとするものなので、MSがダメと言えばそれまで。
こっちは約半年前に終わってます。

もう1つは、ULCPC(ウルトラローコストPC)のみに適用されるOEM版。
MSは「こんな低性能仕様ならOEMのXP載せて良いし、安くするよ」というもの。
今流行ってるミニノートやコンパクトPCに載ってるのがこれです。

では、何が1月に終わるのか?


Windows XP DSP が1月で「EOL」
OEMについては上の二種類で、1月に終わるのは「DSP」です。

・OEM版(Original Equipment Manufacturing)

OEMはCDやDVDのメディアが無い状態でライセンスのみMSから大量に買うことで、MSが認定したBTOメーカーだけがインストールした状態で売れるものです。在庫ではなく、出荷した数だけ支払い、ライセンスはコアラベルというプロダクトキーのシールになります。そこにメーカー名とOEMって書いてあるはず。

・DSP版( Delivery Service Partner )

こっちはメーカーではなくMSが認定したパーツに付いてくるWindowsです。簡単に言えば抱き合わせ販売で、例えば1000円のカードリーダーにDSPのWindowsが付いている状態になります。何が良いかと言えば、普通にパッケージを買うより安いのです。今回の1月終了はこっちになります。



まずEOLというのは、EndOfLifeの略で生産収束・販売終了の意味です。
今回のDSP版Windowsは、MSから認定の仲介業者が入りBTOメーカーへと売られるのですが、この認定仲介業者からBTOメーカーへの販売が終了するという意味です。

なので、2月からも普通にXP(DSP)は販売されます。
在庫が尽きるまでという条件付きですが、おそらくマウスコンピュータやソーテックなどは相当な数をフォーキャスト(こんな感じで売るから欲しい)を出して大量に持っているでしょう。

1月に生産終了するWindowsXPのOEMは無いですし、販売中止になるDSPは
BTOメーカーへの販売であって、私らエンドユーザーには全然関係ありません。

VSPECのOS選択はどうなってるんだろう?と思ったら、わけわからない状態でした。

VSPECのカスタマイズ画面よりOS選択

1月生産終了、Windows XP OEM かつDSP、「メモリ3Gを超える不可」

何が何だかわかっていないパートタイマーのおばちゃんが書いたような選択肢・・・

もしかして私のようなブロガーにネタにされるよう、意図的にやってるんでしょうか。
マイクロソフトにタレ込んでも相手しないでしょうね。

やれやれだぜ・・・


関連記事:

VSPEC激安BTOパソコン、デュアルコアCPU搭載29,800円
https://btopc.jp/select/bto-pc-109.html

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

マウスコンピューター

高性能: ★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★★

初心者: ★★★★★

令和時代の鉄板スタンダードなPC初心者向けメーカー。標準構成のバランス感覚が突出しており、私でさえケチを付けることが滅多にできない。性能の下から上まで幅広く実用的。

パソコン工房

高性能: ★★★★ 保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★

初心者: ★★★★

性能とパーツの相場がある程度わかる人なら標準構成が多いのでコスパ重視で選びやすい。同じに見える同じ価格でも仕様の違いがどうなのか判る人には最適。

ドスパラ

高性能: ★★★★ 保証: ☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★★

昔はドスパラ=BTOだったけれど最近は普通のパソコンに力を入れておらず、2018-2019年の偽インテルチップ中華SSDの件が未解決なので信用問題的に何とも言えない。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安定: ☆☆

初心者: ☆☆☆☆

10年以上前まではDELL=初心者向けの安いパソコン、それはもう通用しておりません。クーポン適用後が適正価格だと見抜けるパソコン詳しい人向け、または大人買いで割安になる法人向け。

日本HP

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★☆☆

コスパと性能以外にも見た目も重視したいならHPのノートも選択肢としてアリ。自社製造状態なのでBTO=ダサい印象は払拭されるかと。デスクトップは法人用、ゲーミングは海外向け。

TSUKUMO

高性能: ★★★★★ 保証: ☆☆

コスパ: ★★★★ 安定: ☆☆

初心者: ☆☆☆☆

昔のマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。機種が少なく特徴的な少数精鋭状態なので選べる人を選ぶが、それにしても選びにくい。

FRONTIER

高性能: ★★☆☆☆ 保証: ☆☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ☆☆☆

初心者: ★★★☆☆

フロンティア神代の解散後、現所長のパワハラがひどいとタレコミが複数あり、私から内情を運営会社へ伝えると逆ギレされて私を訴えるぞと謎すぎる返しがあり困惑中。

サイコム

高性能: ★★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★★

初心者: ☆☆☆☆☆

PC自作しない中~上級者向け、昔ながらの2chおっさん御用達な鉄板メーカー。動かない構成でも購入できるので初心者にはおすすめ不能。量産系BTOのようにコスパ悪くならないのでサイコムだけは自由なカスタマイズを激しくおすすめ。

※並びはBTOメーカーの知名度の順(暫定)で、大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
格安SIMなb-mobileを勝手に評価
格安SIMなLinksMateを勝手に評価

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。