ネットブックのAtom450が省電力でやたらと安い

2009年12月28日

ネットブックでもミニノートでも結構ですが、CPUはAtom270または280多し。

価格もBTOメーカーでは3万円台、在庫処分で3万を切ったりもしますが、2010年の1月にAtom450がリリース予定となっており価格に驚きました。

DELLとMSIのプレスリリースより。

 

Atom450搭載ミニノートは229~330ドル

先にDELLより。

Dell、Atom N450搭載の新ネットブック - SlashGear Japan
http://www.slashgear.jp/2009/12/post-8903/

DELLのAtom450搭載ネットブック、229ドルより

毎度の事ながらカラーバリエーション有りのDELL様。

229ドルの方がDELL、それなりのスペックです。

米デルは2010年1月4日に、Atom 搭載のネットブック「Inspiriron Mini 10」を発売します。

リンク先の Slash Gear Japan では混ぜて書かれていますが、価格から察するに構成はこのようになるかと。

  • CPU:Atom N450
  • RAM:1GB
  • HDD:160GB
  • OS:Ubuntu(Linux)
  • 無線LAN:IEEE802.11b/g
  • 液晶:10.1型ワイド
  • バッテリー:3セル(4時間?)
  • その他:HDTVチューナー、GPS搭載、Bluetooth

OS は、Windows7のStarterやXPのHomeも選べるようですが、プラス約1万円販売がOEMの相場。何よりこの情報はドルと有る通り海外での価格で、日本に来る頃にはUbuntuは選択出来ず日本価格になり39800円辺りでしょうか。

メモリやHDDがいかにもな構成ですが、今時802.11b/gはいかがなものかと。Bluetooth(ブルートゥース)やGPSが搭載されていても、802.11nの方が重要ではなかろうか。

バッテリーはオプションの6セルなら9.5時間と言っているため4時間程度としました。時代遅れのJEITA測定では有りませんが、何基準かも分かりません。

次行きましょう、MSIです。

MSI Wind U135 新Atom N450採用ネットブック
http://japanese.engadget.com/2009/12/22/msi-wind-u135-atom-n450/

MSIのAtom450搭載ミニノート

  • CPU:Atom N450
  • RAM:1GB
  • HDD:250GB
  • OS:Windows7 Starter
  • 無線LAN:不明
  • 液晶:10.1型ワイド(1024x600)
  • バッテリー:6セル(5200mAh)
  • その他:不明

DELLより高性能と思われるパーツを太くしましたが、ネットブックにハードディスク容量が必要かと言えば使い方次第ですが普通要らないでしょう。SSDでも良いものの、価格が一向に下がらず仕方無し。

OSは初めからWindows7のStarterとなっており、DELLもWin7やXP-home仕様なら同程度の価格になるかと思います。MSIの価格は330ドル、やはりこれも日本に来ると39800辺りが妥当か。

リンク先記事の本文中にあるPine Trail(パイントレイル)は、インテル様がご発表になられる開発コードの名前ですが、詳しく書く気は無いので詳細は笠原先生の記事をどうぞ。

【笠原一輝のユビキタス情報局】 急速にPine Trailへの移行を促す、IntelのAtom戦略
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/ubiq/20091222_338837.html

お土産に引用しようと思ったものの、テキストよりこれが判り易い。

atom-270-450.jpg

Atom270(+チップセット945)より省電力。

CPUの電圧は3W違いますが、設計の段階でノースブリッジが無くなっておリ合計4.8Wの省電力となっております。LGA1156のようですな。

 

価格は据え置き状態で、性能はもちろん上

ASUSのEeePCより。

次世代Atom採用のEee PC 1005PE ベンチマーク&実機ギャラリー
http://japanese.engadget.com/2009/12/21/atom-eee-pc-1005pe/

ASUSのEeepcのベンチマークやバッテリー駆動時間のテスト

上の段はベンチマーク、下はバッテリー駆動時間。

ベンチでは当然ながらAtom280より上となっており、だいたいの性能は1.1~1.5倍というところでしょうか。私は知っているものは3DMARKのみですが、higherと書かれていれば高い方でlowerなら低い方が良いという意味。

バッテリーの駆動はセル数で比較すると中央は無視するとして、上下の6cell対決では約1.6倍長持ちと見えます。JEITAや自称では無く、バックライト(液晶の明るさ)65%で動画再生をしたという実測なため信用出来る。

 

ネットブックはまだ買うな

既に購入済なら無関係ですが、今からならまだでしょう。

Atom450が出るというのにN270や280を在庫しているメーカーが有るのかと言えばもちろん有ります。これを書いている今は2009年12月、450は来月の話。

同じ価格ならどう考えてもAtom450。

だから発売まで待てという意味では無く、XPのHomeも載る新型CPU(Atom-N450)と、280などの旧型ネットブックを比較されると、早めに特価や激安の在庫処分をせねば確実に腐ってしまう。

ここでAtom280(270)が良い選択。来年春前がタイミング。

性能は低くとも所詮はネットブック。高性能である必要は無くそのような用途に落ち着く。気になる所はバッテリー駆動時間ですが、バッテリーは数ヶ月で劣化が目に見えてを始まるため、本格的にバッテリー専用にするなら6セルを予備で1~2本持つ覚悟が要るかと。

しかし今書いたことに反論すると、たかが1万そこらの価格差で性能の低い方を選ぶのか。私ならAtom450にします。450が4万だとして価格競争で3.5万になったとしても、さすがにAtom280搭載が2万円を切る事はそう無いでしょう。Acerのアウトレットは切っていましたが。

パソコン全体の価格が下がり、ネットブックというおもちゃのような激安PCが出て感覚が麻痺しそうですが、ネットブックを買うなら2台目などの買い足し。そのような購買層、大人が数年使う予定の物に1万そこらを惜しむとは思えず。

Atom280のネットブックを今数千台など持っているメーカーが有れば相当やばいかと。Atom450搭載機の扱いが増えて広まるほど、在庫している企業はきついでしょう。来年はアウトレットの年かも知れません。

ツクモの負債110憶円ぶっ飛び事件を思い出します。

リンク用ソース

コメント(2)

自分はデスクトップ派なのですが、ノートも必要に・・
そこで、そろそろi7の載ったノートも出てきて始めてると思うので
ミドル~ハイエンドのノートの買い時も記事にしてほしいです。

1月8日のCore-i5を待っていた為、今書いており近日公開します。

簡単に言えば、ノートのi7はバカ高いため相当な用途で無ければ間違いなく見送り。Core2Quadかi5、Core2Duoかi3、という辺りかと。
(出先の為、管理画面に入らず外から返信しております)

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

期間限定の特集など


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

広告

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。