EeeBox EB1007が今月発売予定「VESA規格」とは?

2010年5月19日

昨年よりASUSからネットトップEeeBoxなるPCが出ております。

シリーズ最新が5月22日(土)に発売予定。

EeeBox PC EB1007 asus

ASUS、家中どこでも置ける薄さ2.7cmの小型パソコン、3万1800円で
http://bcnranking.jp/news/1005/100518_17136.html

ASUSTeK Computer(ASUS)は、薄さ2.7cm、容積約1Lの小型パソコン「EeeBox PC EB1007」を5月22日に発売する。カラーはホワイトとブラックの2色。

1月に出たEeeBox PC EB1501が価格コムで現在最安43800円。1501から光学ドライブの内蔵が無くなり、CPU以外の性能が下がったような、と言いたい所ですが明らかにベアボーンから違いますな。

EeeBox PC EB1501

なぜ斜めになっているのか、発売当初からWiiのパクリと思っていましたが、日本では斜め置きが流行っていると思ったのでしょうか。いや、家庭用ゲーム機並に安いパソコンという見せ方なのでしょう。そういう事にしませんか。

話を戻し、EeeBoxのEB1007の主要スペック。

鍵カッコは1月から売られている「BB1501」の仕様。

  • OS:Windows XP Home Edition SP3「Win7-HP」
  • CPU:Atom D410(1.66GHz)「Atom 330」
  • メモリ:1GBx1枚(最大2GB、空きスロット1)「2GB、2スロ、空き0
  • HDD:160GB「250GB」
  • 光学ドライブ:無し「DVDスーパーマルチ」
  • チップセット:インテル GMA 3150「nVIDIA ION」
  • 無線LAN:IEEE802.11b/g/n「同左」
  • 付属品:無線キーボード、無線マウス「キーボードは有線」
  • 映像出力:最大2048x1536(本体:VESA規格対応)「同左」
  • サイズ:幅27mm x奥行222mm x高さ178mm「少し小さい」
  • 重量:約1.1kg 「1.2kg」

ASUSの参考価格が31800円という事は、実売は余裕で3万円を切ると思われ、この程度の性能で実用出来る用途なら安い方(今回の1007)で良いのでは無かろうかと。

 

VESA規格とは?

仕様の中で気になるものがVESA規格。これは何だと調べると、詳しく解説してくれているサイトが有りました。

オーロラ:製品Q&A
http://www.kyoei-shoji.co.jp/data/qa.shtml?id=3

VESAとは、「Video Electronics Standards Association」の略で、パソコン用グラフィック関連機器(ディスプレイなど)の規格標準化を目的とした組織です。

の規格だそうな。画像お借りします。

vesa規格のモニタ背面

簡単に言えば取付位置の決まりのようです。詳しくはリンク先のオーロラさんをご参照戴くとして、海外のサイトにEB1007を取り付けた画像が有りました。Google先生によるとインドネシア語らしい。

Nettop Asus Eee Box PC EB1007 Terbaru Hemat Listrik | Berita Teknologi Terbaru, Berita Komputer Terbaru,Berita Teknologi Informasi & Berita IT
http://www.beritateknologi.com/nettop-asus-eee-box-pc-eb1007-terbaru-hemat-listrik/ 

vesa asus eee box pc eb1007

なぜそうまでして隠したいのか私には理解出来ませんが、奥行きの余る分、後方へマウスコンピュータやフロンティアなどで売っている普通のネットトップやスリムケースを置く。または配線を利用してテレビ台やパソコンデスクの下に隠すなどいかがでしょう。

 

EB1007とEB1501の違いと注意する事

EB1007が数ヶ月で実売28千円程度に下がると予想するとEB1501の1/3以下の価格になりますが、CPUは良いとしても元の性能が違うため、見た目はWiiっぽく似てはいるものの全く違うPCと言えましょう。

1007は性能の低い一般的なチップセット(グラフィックはどちらもオンボード)でメモリは標準1GB。しかもASUSは敢えてWindows XPのHomeを載せております。

1501はグラフィックにうるさそうな人間も納得のIONチップで描画と出力の性能に違いが有ります。上に書いていませんが1007はDsub15pin、1501はHDMI端子。

アナログ(Dsub)は最近の安い新しいモニタに付かない事も有る為ご注意あれ。用途次第という事でインターネットやメールなら1007、テレビに接続したり動画も見るなら1501と いう事で、シリーズ名は同じでも比較は出来ないでしょう。上手いですね、ASUS。

 

セカンドPCや子ども用の練習用パソコンに最適

ネットブック(ミニノート)は過去の調査でセカンドPCとして購入する率が高いと有りましたが、ネットトップも同様と考えられます。しかし大仰にモニタを置き、デスクトップ用のキーボードとマウスが付くなら私の例としてではメインPCでも充分通用します。実際はPen4が標準オーバークロック状態の全開ですが。

価格からASUSとしては実売3万円を切る目的と見ます。家庭用ゲーム機が2万円前後で数百万台売れており、イメージもそれに近付ける事で安いパソコンという提案。

深読みし過ぎですが、モニタの後ろへ取り付けて隠しておけば、子ども用としてもパソコンと思わずテレビとしてぶっ壊される心配も無いのかも知れません。それは考え過ぎですね。

長い割に大した事を書いておりませんが、途中でASUSの凄いサービスを見てしまい、EeeBoxとか言っている場合では無くなりました。興味が有れば ASUS WebStorage を使ってみて下さい。

EB1007に限らず最近のASUS製品にはオンラインストレージが付いているようです。ネットトップやノートPCの弱点はHDDが内蔵出来ない事。これはすごい。

以上、自分に合った良いPCが有ればBTOにこだわる必要は無いという話でした。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメント(2)

先日、出張で鳥取市内のビジネスホテルに宿泊した際、各部屋にPCが設置(と言って良いかどうか)されておりました。
三菱のマルチメディアモニターのVESAマウントにAcerのネットトップが貼りついておりました。キーボードとマウスは無線でした。
恥ずかしながら7初体験でしたのでいろいろ触ってみましたが、Atomではやはり厳しいかなという感じでした。
ただ、モニターが21インチぐらいあったので、いつも持ち歩いているネットブックよりはその点優れているようです。
客室のPCではセキュリティーに不安があるので、仕事に使う気にはなれません。
最近はd-sub端子付きの液晶TVをおいているホテルが多いので、ネットブックを持ち歩くならアナログケーブルも一緒に持ち歩けば、(その気があれば)仕事がはかどるとおもいます。
もちろん私は仕事なんぞせずに、ベッドの上で酔いつぶれていますが。
ヒツジ先輩のこの記事を見てふと思い出した次第です。
でわでわ

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。