マウスコンピューター公式に当サイト専用ページ爆誕

2019年4月 1日

2019年4月1日は和式新年度の開始。

同時にエイプリルフールでもあり、面白くないウソでスベり芸してSNSを凍てつかせるサイトもある中、当サイトは過去10年間エイプリルフールには非対応として来たけれど、今年は10周年なので気が変わった。

4月バカはウソ以外にイタズラもアリらしいのでそちらで。

元ネタはこちら。

BTOパソコン・PC通販ショップのマウスコンピューター【公式】
https://www.mouse-jp.co.jp/collaboration/btopc_jp/

名前はまだない

「こいつ・・・動くぞ」とかそういう問題ではございません。

良く見るとわかる。と言うと、昔ながらのアンダーグラウンドへようこそしてしまったアニキ達ならCtrl+Aしてみたり、ソースコードを開いてみたりするのだろうけれども、良く見るところはそこではございません。

ここ。

チーズの方ではなく

いや、チーズの方ではなくここ。

URLがなぜかウチ

ダメ元ながら言ってみるものですな。

エイプリルフールのネタ用に公式サイトの中でこういうのやってみない?的に問い合わせてみたところ、すぐにできたよと返信があり、本当にできており頼んでみた私が一番スーパー驚いた。

この話をメール送信したのは3/26午前2時すぎ、できたよメールの返信着弾は3/28の17時。何と3日での完成である。何という神速、圧倒的兵を尊ぶ。

当初は返信してくれたマウスコンピューターの担当者がG-Tuneの中の人のようだったので、G-Tuneでも良いだろうと思っていたけれど、背景は白の方が良いとか、~co.jpの方がハッタリ効くのでより良いとかワガママ言ってみたが完成まで実質2日。

私が当サイトの不具合などで、「できるだけ早く対応する」とか返事して10日くらい忘れているより遥かに早い。「お待たせしました」じゃないだろうと、いいかげんにしろと。

スマホにも対応、一応これもレスポンシブデザインか。

モバイル表示にも対応

フレームぶち抜きの真っ白な背景、ペラページにしてくれておりティザーサイト風な良い味出していると思う。

多分ムリだろうと思い込み面倒が勝ってしまい何もしなければ何も変わらない。死ぬわけではないから、としたダメ元でやってみると意外とすんなり行けてしまったりするのは以前から私の中のマイブームあるある。

以上、本日は月曜なので手短に参った次第。

20190401.png

結果を見ても意味ない気がするけれど、投票するとイヤでもに見えるし、投票したくなければ View Results をどうぞ。※2019.04.02 締めて画像へ差し替え

なお、このカウントダウンは4月1日が終了しても消えない。何の話かわからないのはこの件全体の前半部分を書かなかったので当然でございます。

書くとカウントダウンの意味なくなる(当たり前)

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメント(3)

>エイプリルフール

「エイプリルフールやりません」日産が異例の表明 その理由は - ITmedia NEWS
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1904/01/news067.html
最近はエイプリルフールをやらない企業も出てきていますねw

https://twitter.com/KFC_jp/status/1112368990209245188
https://twitter.com/kurashiru0119/status/1112369074238042115
https://twitter.com/chiba3ch/status/1112391050516025344
私はケンタッキーや透明ハンバーグの虚無さと千葉テレビの自虐ネタが気に入りましたねw

PC Watchや窓の杜はエイプリルフールをやらなくなったようで残念です…w

エイプリルフールって私が小学生の頃は全く流行っていませんでしたね。ハロウィンも同じく。騒ぎ出したの10年くらい前、流行りだしたのは5年くらい前でしょうか。

私的には「新元号が発表される日だから」とか下らないことを考えて自粛したなら、そのメディアは個人法人を問わずもう二度とエイプリルフールネタには乗らんほうが良いと思います。

周囲の「自粛すべき」なムードのとき、いかにして顰蹙を買わずに笑いを取れるか、が腕の見せどころ。世間に怯えてそれが出来ないなら、メディアの資格なし。クリエイターなど名乗るのはおこがましい限り。

>マウスコンピューター公式に当サイト専用ページ爆誕
確かに専用ですけれど、訪れる方も専用というか、検索でこのページが引っ掛かる気配なし。どこかからリンクでも張っているのでしょうか。マウスの公式サイト内からリンクを辿るのも無理そう。

せっかくですからマウス公式ページの「メディア掲載実績例」にBTOパソコン.jpのゲーミングノート実機レビューの記事でも載せるギャグでもかました方が面白かったやも。更に月例の「推奨PC」記事まで載せたら本気度がうかがえますわ。

マウスコンピューター|メディア掲載実績 2019年
https://www2.mouse-jp.co.jp/company/media/?year=2019

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
格安SIMなb-mobileを勝手に評価
格安SIMなLinksMateを勝手に評価

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。