超薄のAdamo xpsにマイケルDELLは何を想う

2009年10月16日

意味深なタイトルですが、画像編集に疲れて適当です。

DELLの公式サイトで2代目Adamoのxpsが、チラ見せのまま数週間が過ぎました。メールを登録していますが、未だ音沙汰有りません。

adamo-xps-by-dell.jpg

Adamo xps
http://www.adamobydell.com/xps/

閉じて約1cmということはLCD(液晶)がいくら薄くとも3mmとすれば7mm。 この薄さにCPUやメモリを挟んでいるとは信じ難いノートです。

これがプレスリリースになると更に薄くなります。意味が解らない。

【PC Watch】 Dell、9.99mmの極薄ノート「adamo xps」の新しい写真を公開
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20091014_321499.html

adamo-xps-close-befor.jpg

公式の画像は背面と思われる方向からの撮影でしょうか。この写真では開く側が5mmを切っているように見えます。キーボードはどこへ行った。

adamo-xps-open-befor.jpg

これは左が底面に見えますが、PC-watch以外にEngadgetやIT-mediaも倒れているような角度で掲載されています。DELLがこの角度で送って来たのでしょう。

何か特殊な機能やコンセプトが有りこの向きになっている可能性が有ります。キーボード代わりにタッチパネル方式の液晶で操作するなど。妄想です。

話は変わりますが、私のモニタはやや明るめに設定してあり、これがどういう事なのかはガンマをいじると解ります。モニタは調整しなくとも結構。画像を明るく加工しました。

adamo-xps-close-after.jpg

左側2/3の開閉側が暗すぎて見えなかった部分。

adamo-xps-open-after.jpg

 上部が陰になっており見えていなかった箇所です。明るくすると背景に明度の高い丸とノート本体の下に影が見えます。これを修正するために暗い部分をより暗く補正し、今回の画像になったものと思われます。薄く見せるための故意では無い、と私は見ます。

もっと明るい画像は、やはりチラ見せですがEngadgetより。

デル、前代未聞デザインの9.99mmノートAdamo XPSをチラ見せ
http://japanese.engadget.com/2009/10/07/9-99mm-adamo-xps/

engadget-adamo-chira-mise.jpg

初代アダモが軽く20万円を超えたため、更に上か20万前後と予想したい所ですが、ここまで薄ければCPUはAtomやCore2のSU系。放熱を考えるとCULV辺りが妥当。MacBookAirに対抗しているなら17万円を切れるとして、私の適当な予想は10~15万円です。

 

「落ち続けるDELL」本当にそうなのか?

自分で書いておいて本当にそうなのかも有りませんが、DELLと言えば、安い、納品が遅い、悪い評判が多い、という三拍子揃った世界ナンバー1だった大企業。2~3年前からHPに世界一を奪われましたが、出荷台数で言えば先月には世界3位に落ちたようです。

世界PC市場でAcerがDellを抜く 低価格ノートPC人気で - ITmedia News
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0910/15/news044.html

ニュース系にありがちな数値の羅列では無く、一覧表が載っていますが更に見易くグラフにしました。 出荷台数(世界)の昨年、2008年Q3(7~9月)から。

pc-marcket-share-2008-3q.gif

世界の出荷台数なら約5台に1台がHP、続いてDELLでAcerが3位。東芝が凄いですね。NECは春に海外から撤退したため、日本製という事で売れているのでしょうか。日本では東芝がネットブックのシェアが1位になりました。続いて2009年Q3。

pc-marcket-share-2009-3q.gif

DELLとAcerが入れ替わり。成長率もグラフでどうぞ。

dell-vs-hp.gif

 Acerの伸びはネットブック(ミニノート)です。出荷「台数」なので、300ドルのネットブックも2000ドルのデスクトップも同様に1カウントするなら、出荷金額ではAcerは落ちるはずです。ここの見所はDELLとHPとし、トラフィックを比較。対象は世界です。

google-trends-dell-acer-hp.gif

これはGoogleの機能で、1日当たりのアクセス人数をおおよそで表しており、昨年の10月にはDELLはAcerの3倍あったものの、現在ではHP含めAcerに抜かれそうな勢いです。

いずれも社名.comでの比較ですが、これを知名度と見るなら落ち続けるHPとDELLに対してのAcerは認知度では世界対象の場合、充分に知られているという事になります。

また、HPが落ちているにも関わらずシェアは1位かつ前年比9%の伸び率という事は、その他でまとめられている所では相当苦しいベンダーが有るでしょう。

日本のBTOメーカーで言えば、サードウェーブ(ドスパラ)とユニットコム(パソコン工房など)、サイコムが好調で、他のメーカーはどうなんだ?という考え方です。

 

マイケル・デルのDELL inc.は、どうしちゃったのか?

長々と解説しましたが、私が書きたい事はここです。

DELLの創業者マイケルとその周辺が語っていたDELLとは、標準(コモディティ)化で有ってAdamoのように時代を先取りし過ぎたり競合を作るやり方では無かったはず。

売れている市場に対して製品を大量に投入するからこそ、安く品質を管理した物を世界中に流通させる事が出来、ジャストインタイム(在庫をしない、受注が有ってから作る)からこその莫大なフリーキャッシュフローがDELLだったはず。

  • なぜ今ここでアダモなのか
  • どうして楽天やYahooショッピングに在庫を置くのか
  • はたまた、家電店にも展示在庫を見せびらかしているのか

以前のDELLなら、今はネットブックを大量格安で売りまくっている頃です。Adamoだとかカラーがどうだ、Eモバイルセットで100円など、どう見ても市場に流され取り残されており、唯一のカラーバリエーションはHPの中途半端なパクリ。

ネットブックが予想以上に大ヒットしてしまい、そこで計画が狂ったのかと思ったものの、その後のフォローが有り得ない。流行らないと踏んだからこそ数年前にタッチパネルを見送り、結果として良い判断だったと聞きましたが、今は普通に Studio One シリーズで細々と売っています。

思い出した。AlienWareもデスクトップが出ていますが、ノートは派手にやったもののデスクトップは宣伝がほぼ無い。私にはネットブックという引き金でおかしくなったように見え、マイクソソフトがXPの蹴落としで市場や方向を荒らしたと見ています。

 

DELLのパソコンは勧めないし駄目だとも言いませんが、在庫をせずパソコンを売るDELL方式は究極の経営です。物販でありながらこれが出来るということは、仕入から生産、受注にて販売まで全て計画通りに進める。

やたらと気合いが入っていますが、BTOパソコンというDELLではなく、関西のマイケルデルでも無く、本物のDELLはどうしちゃったのか。来年の今頃には、また別の記事を書いていそうです。

二度とやりたくないDELL本の書評らしきものは過去記事にて。

(書評) DELL 世界最速経営の秘密 | BTOパソコン.com

経営やマーケティングに関わっているなら必読とも言える名著です。

リンク用ソース

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

期間限定の特集など


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

広告

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。