3TBのHDDやDELLのタブレット発売など最近のニュース5種類

2010年5月23日

3TBのHDDは年内、DELLのタブレットは海外の話。

タイトルが釣り気味な為やや気になり先に出しましたが、5選では収まらず苦し紛れで5種類と致しました。BTOや修理に無関係なニュースが1日100前後は入って来るものの、出さなくては勿体無いための日曜恒例記事でございます。

今回は面白というより役に立つかも知れない系。かなり面倒な内容になっているので、飽きたら次の見出しへすっ飛んで下さい。

 

Seageteが年内に3TBのハードディスクを年内に出荷予定

私のPCに入っているHDDは120GBや250GBが数本ですが一体どこまで大きくなるのでしょうか。シーゲートが出すならWesternDigital辺りも3TBやりそうな気がします。

シーゲイト、容量3TBの3.5インチHDDを年内にリリース - Computerworld.jp
http://www.computerworld.jp/topics/storage/181709.html

米国Seagateは5月17日、同社のエンタープライズ向け3.5インチ・ハードディスクドライブ(HDD)「Constellation ES」の3TBモデルを年内に出荷することを認めた。

米国、しかもエンタープライズ(企業)向けと有り、私ら日本の一般消費者用はいつかは分かりませんが、逆に考えると年内は2TB頭打ちなため安心と言えます。

リンク先の記事で6GbpsのSASインタフェースという言葉が出ますが調べたところ、Serial Attached SCSIの略で、これまた企業向けでサーバーなどに採用される技術らしいです。

HDDの良さは大容量と安価な事ですが、SSDが未だ高価で容量も小さく普通の人には価値が見出せない。容量は良いとしても価格は何とかならないものでしょうか。

【Objective Analysis調査】エンタープライズSSDの市場規模、今後5年で50倍に - Computerworld.jp
http://www.computerworld.jp/topics/storage/180609.html

良くある何倍という表記。例として売上4倍、アクセス数10倍、販売数270%など。逆にして4倍や10倍が1なら現在は25%や1/10という意味なので50倍は驚ける数値では有りません。今が少ないというだけでしょう。

こちらもエンタープライズ市場でという前置きが有り

2015年までにエンタープライズSSDの市場規模が、2009年の17倍近くの40億ドルに迫り、出荷台数も400万台以上に増加するだろうと予測

400万台以上が果たして多いかは疑問ですが、突然ぶっ壊れるHDDと比較し安全と言えるため、企業のサーバーから普及して行くのでしょう。 何でも良いから120GBが2万円切って欲しいものです。

 

DELLのスレートが6月に発売予定(但しヨーロッパに限る)

今月(2010年5月)28日にAppleのiPadが日本ではソフトバンクから発売。DELLの情報リークなロードマップよりタブレットは来年辺りと有りましたが、何と来月発売するようです。

デルのAndroidタブレットStreak、欧州で来月発売
http://japanese.engadget.com/2010/05/14/android-streak/

デルからの直販もあるのか、欧州・米国以外の展開予定については不明

何ともうーんな感じでは有ります。DELLは市場が拡大した所へ製品を安価に大量投入するという方針だと本で読みましたが、タブレットは来ているのでしょうか。

iPadはAppleの提案があってこそ。Androidは自由度が高い代わりにユーザが用途や使い方を探すため、壁を越えない内にタブレット対決はDELLらしくないと思えます。

らしくないと言えばマイクロソフトのタブレット。

Microsoft、タブレット型コンピュータ『Courier』の開発を中止 - japan.internet.com
http://japan.internet.com/busnews/20100501/12.html

Windowsの独占が食われ、ハードウェアには手が出ず、検索市場はGoogleに勝てない。八方塞がりまでそう遠くは無かろうかと。

「Courier チームが研究しているのはユーザー体験の設計で、市場投入を前提にした製品ではない。従って、(Courier を) 試作品と呼ぶのは行き過ぎだろう」

キリッ。

タブレットは海外でスレートと言うらしいので見出を変えました。ちなみにBTOパソコンはホワイトボックス、WindowsパソコンはPCと呼ぶようです。翻訳記事しか見ない私には何の関係も有りません。

 

最小のモバイル端末はUSBメモリスティックかも知れない

モバイルと言えば小さく軽い、バッテリーが長持ちなど特徴有りますが、デスクトップなど大型PCでもこれが有ればマトリックス式モバイルと言えそうです。

自宅や会社のPCを遠隔操作、USBデバイス型リモコン「挿したらMyPC」が発売 | ビジネスPC | マイコミジャーナル
http://journal.mycom.co.jp/news/2010/05/17/053/

この手も価格が下がって行きますね。激安とは言えませんが結構安い。

価格は、1ライセンスあたり年間9,800円など複数用意される。対応OSは、Windows 2000 / XP / Vista / 7、およびServer 2000 / 2003。

日本エヴィクサーは良いとして、株式会社プロリンクの製品紹介が中々見所有ります。役に立つとかでは無く面白系のネタとして。失礼ながら大丈夫か?と思える事業内容。

モバイル、遠隔操作と言えばこれが凄い。

本格フルキー搭載、自宅PCが遠隔操作できるiモード機「N-08B」 - ケータイ Watch
http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20100518_367510.html

nec foma N-08B

幅18cmとでかい電話ですが、QWERT配列のフルキーボードは新しい。

一応FOMAという事で携帯電話扱いなら、2年縛りのローンが出来るのでしょう。通信費がいくらか気になります。最近はパソコンと携帯電話の境目が良く判らなくなっております。

 

ノート用モバイルCore i5とi3品薄の話と新型発射の噂

個人的にはノートでi7とか何をするのか意味が分かりませんが、i5やi3なら値段も手頃で今後の主流になりましょうと。やや古め、4月26日の話ですが品薄らしい。

ノートPC向け「Core i3/i5」プロセッサの供給不足が深刻化 : 企業クライアント戦略 - Computerworld.jp
http://www.computerworld.jp/topics/pcc/180109.html

「第2四半期には需要に追いつける」と、インテルのオッテリーニCEO

インテルの第二四半期とは4~6月なので既に追い着いているという事でしょうか。BTOに限らず適当に見て回る限りでは、在庫切れや品薄の気配は有りません。

インテルが製造を出し惜しみしている、または在庫をビビっているのかと勘繰りましたが、CPUはインテル様の独占市場なので関係無いでしょうな。ノートが不要な私にはもっと関係有りませんが。

インテル、軽量・薄型ノートPC対応の新型プロセッサを間もなくリリースへ : 企業クライアント戦略 - Computerworld.jp
http://www.computerworld.jp/topics/pcc/180909.html

一言で言うと、AMDを抑えとく為にネットブックに近いCPUを出すよと。Core iシリーズで出すなら、そりゃ今のCore i5/i3と置き換える事になるでしょう。CULVとかどうするのでしょうか。インテル、はまってる。

 

テレビよりインターネット、パソコンでも地デジできるよ宣言

月一度はネタにする地デジ問題や地デジ対策について。

「PCにもエコポイントを」ロビー活動も水面下で実施:「地デジ化、PCでもできますよ」──PC業界団体がアピール (1/2) - ITmedia +D PC USER
http://plusd.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1004/28/news015.html

地デジテレビでエコポイントの意味が未だに解りませんが、更に地デジ+ パソコン=エコポイントの式はどう考えてもおかしいだろうと。地デジ普及させたいけれど景気悪いからエコポイントという名の税金値引きをやりましょうという事で、話戻しますがなぜパソコンに地デジ付けてエコなのか理解不能。

安く買えるなら有りですが、地デジチューナ代が乗っているのだから意味無し。

短縮するとエコポイントで地デジチューナをばら撒いているだけになります。それならアナログTVを使い続けられるデジアナ変換機こそエコポイント対象でしょう。テレビ捨てない分、環境に優しい。名称をエゴポイントにした方がよろしいかと。

テレビとパソコンの比較は出来ませんが、テレビがオンラインになり、パソコンでテレビ録画出来るなら、モバイルやタブレット然り、どこまでパソコンなのか曖昧になって来ますね。

テレビへの支持が増加するも、引き続き「情報」も「楽しみ」もネットに求める傾向 - japan.internet.com デイリーリサーチ
http://japan.internet.com/research/20100513/1.html

テレビでは数十局程度が時間帯別に情報やバラエティを垂れ流し。自分で選ぶ事が出来るインターネットの方が鮮度、速さ、求める物が集中して面白いのは当然の流れ。


やたら面倒な内容なので5種類としましたが、まとめ記事は面白系が良いと反省。こういう記事の方がやりやすい。

夢のマルチ画面を実現!最大7画面を使えるPCアイテム - ITライフハック
http://itlifehack.jp/archives/3165728.html

keian KUSB-DVIHD

何に使うんだと突っ込みたくなりますが、デイトレーダーは普通に欲しいかも知れない。問題はモニタ代と置き場所ですな。アダプタが実売7千円なのでノート6台買うよりは遙かに安く上がりましょう。

 

リンク用ソース

コメント(4)

HDDは仮にコンシューマ向け3TBがお手頃価格て出たとしても、OSが32bitならファイルシステム上、1ドライブ2TBまでしか見えないと思われるので、アンティーク端末な私にとっては3TBが出て2TBの価格が下がるくらいしか恩恵がなく、それだったらヒツジ先輩と同様にSSDを早よ下げろと言いたいw

タブレットだのノートだのはこれまた買わない私にはどうでもいいのですが、底値だったRAMが一気に値を上げ、SSDも思ったより値崩れしないのは全部iPodのせいだと思っているので、Apple自重しろ。
要らないのですごくどうでもいいが、とりあえずiPodは公取委にやられてしまえw
そしてIntelはしょっちゅうソケット変えんのやめr
775なのにPrescott一択の915がトラウマで、壊れても素直に1156とか買えない私に謝罪しる。

エコポイントは全力で踊らされて地デジ化完了した私ですが、どちらかというと地デジ化そのものよりも、BCASこそ最大の敵だと思っているので、とりあえずBカス社はシ○。

NASに内蔵させれば、PCが32bitだって2TB制限なんか関係ないでしょう?

> くぼ さん

32bitのOSでは2TBが限界、に対してネットワーク接続とは論点がずれている事に気付かないでしょうか。屁理屈は自分のブログでやるかチラシの裏でどうぞ。

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

期間限定の特集など


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

広告

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。