RTX 2080 TiのSLIでTitan Xp超えベンチマークが話題

2018年9月25日

日本国内では9月27日発売予定のRTX 2080 Ti。

海外では既に販売されているのか、3DMarkのTimespyベンチマークに掲載されており、NVlink(SLI、2枚挿し)ではTitan Xのスコアの2.8倍という結果が2chまとめで驚かれております。

最後にミニアンケートするので暇ならぜひ。

元ネタはこちら。

【NVlink】RTX 2080Ti SLI のベンチマーク : PCパーツまとめ
http://blog.livedoor.jp/bluejay01-review/archives/54180594.html

3dmark-ts-2080ti-x2

source:Result

CPUが違うので何とも言えないけれど、確かにスコアは2.8倍くらいであり、2枚でこれなら1枚でも軽く7,000は越えるであろう実力。

と思ったので1枚にしたスコアがこちら。

3dmark-ts-2080ti

source:Search

ベースクロック1350MHz、ブーストでも1,600MHz台なのでオーバークロックしているのか、これでは市販品と比較ができない。

というわけで、相対的に見ることにするとTitan 1080 Ti x4枚挿しが今のところ最強となっております。

3dmark-ts-2080ti-1080ti

source:Result

ならばRTX 2080 Tiを4枚挿せば優勝かと言えばそうでもなさそう。

RTX 20シリーズでは従来のSLIブリッジにかわり、NVLinkを利用して2WayまでのSLI環境が構築できるようになった。

source:ASCII.jp:見えてきたGeForce RTX 20シリーズの全貌 (6/6)

2枚までらしい。しかもSLIとNVlinkは名前が違うだけ状態な模様。

NVLinkのSLIは従来通りの欠点も抱えている。サポートされないゲームでは一切効果を発揮しないし、GPUと描画性能がスケールしないゲームもある。また、ゲーム側もNVLinkの帯域を意識するような設計でないと、従来のSLIとほぼ変わらない結果になるようだ。

更にゲーム側も対応していなければ意味ないとか、レイトレーシングにしても20シリーズは時代を先取りしすぎている感。しかしNVIDIAとしてもNVlink仕様をゲーム用グラボで出さねばゲーム側も対応してくれないなら人柱感が凄い。

また、GTX 1080 Tiの3-Way SLIで検索するとスコア15,000切れるくらいであり、価格の点で考えるとこちらのほうがやや安い。但し、ASCIIの記事の通り、NVlinkと同様でSLI対応していないゲームでは無意味。

新技術を先取りして対応するゲームが出るのを待つか、20シリーズは待ちと考え10シリーズで更に次世代を待つか。

という予想でアンケートをしても良いけれど、それよりも今皆さんどのくらい古いグラボを搭載しているかの方が興味ある。失礼ながらRadeonは良くわからないので、AMDのグラボはGeForceの何相当かで答えてもらえると幸い。

年代不明ならばベンチマークスコア基準でもOK。Radeonの型番で検索し、前後にあるGeForceで。

PassMark Software - Video Card (GPU) Benchmark Charts
https://www.videocardbenchmark.net/

搭載グラボの世代

投票後に経過表示、投票せず経過のみ見るなら View Results をどうぞ。※2018.10.01 締めて画像へ差し替え

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメント(4)

GeForceのドライバが更新された際には大体不具合がいくつか発生してるようですが、SLI環境での不具合も割とよく見ます。
毎回必ずトラブルとは限りませんし、そもそもグラフィックドライバは新Verが公開されても必ず更新しなければならない訳でもありませんが、なんとなく金がかかるし面倒くさいというイメージを持ってます。


>SLIとNVLinkの違い
刺せる枚数とVRAMの利用可能容量が違うようです。
詳しくは↓で。

【GPU】 GeForce RTX 20世代はSLIの革命となるか?
http://blog.livedoor.jp/nichepcgamer/archives/1072576216.html

>しかもSLIとNVlinkは名前が違うだけ状態な模様
NVLinkはRAID0がごとく、2枚のグラボを見かけ上1枚として動作させるから速いんだとか。おかげでCUDAコアもVRAMも2倍になるそうで。技術的な詳しい仕組みは知りませんけれど。

NVIDIA|データの高速車線――NVLinkでアプリケーション・パフォーマンスを改善
https://blogs.nvidia.co.jp/2015/04/23/data-in-the-fast-lane-how-nvlink-unleashes-application-performance/

4Gamer.net|GeForce RTX 20完全理解。レイトレ以外の部分も強化が入ったTuringアーキテクチャにとことん迫る
https://www.4gamer.net/games/421/G042134/20180913178/

>どのくらい古いグラボを搭載しているか
手持ちのグラボは「Radeon HD 7750」「Radeon R7 250」「GeForce GTX 460」「GeForce GTX 750 Ti」ですね。使用しているのは2枚。メイン機とサブ機用に1枚ずつ。いつか使う機会があるかもしれない、と考え古いグラボを捨てられない。

ちなみにどれもゲーム用では無し。

>2枚のグラボを見かけ上1枚として動作させるから速いんだとか。
ここに来てようやく3dfxの呪縛から逃れたと言う事ですか。

RTX 2080 Tiは性能はいい感じっぽいけど、高価すぎるかなぁ。
てか2080でも13万円くらいでしょ。せめてASK税込みで10万円を切って欲しかったかな。
安いGTX 1080 Tiを探して2枚積んだほうが楽しそうな気がする ww

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。