Windows8の優待アップグレードを購入したが変

2012年12月20日

期間限定の8への1200円アップグレード。

先日、パソコン工房で購入したWindows7仕様のノートPCで8のアップグレード権を購入。8 Proをダウンロードし認証キーを入手する所まで済ませたので報告がてら1記事投下。購入までの流れを無駄に画像大量で書いて参ります。

タイトル接尾は「クソ」では無く「ヘン」なので読み違えぬよう。

だらだらと書くので興味が無ければまとめをどうぞ。

 

公式サイトで8 Proへの1200円アップグレード購入登録

登録はこちら。古いバージョンのブラウザでは見えないので御注意有れ。

Windows 8 優待購入プログラム- ホームページ
http://www.windowsupgradeoffer.com/ 

windows8-upgrade-01-start.jpg

言語を選択し個人情報などを入力し次へ。

windows8-upgrade-02-add.jpg

プロダクトキーはパソコン工房で購入したノートのものを入力。

windows8-upgrade-03-key.jpg

すると完了。ちなみに個人情報は捏造しております。

windows8-upgrade-04-cmp.jpg

数分後にhtmlメールが到着しプロモーションコードを入手。下の画像でイラっとしたのは私だけでしょうか。

windows8-upgrade-05-html-mail.jpg

購入はアップグレードアシスタンスからやれとの事。

windows8-upgrade-06-assist.jpg

7のプロダクトキーさえ入力すれば購入出来るのだろうと思っており、ここまでメインPCでやっていたので、仕方無くノートPCを準備し起動してアシスタンスをダウンロードし実行。

 

購入手続きはアップグレードアシスタンスから

何やら2項目要確認になっておりますが、まだアップグレードする予定は無いのでスルーして次へ。

windows8-upg-02-chk.gif

持って行くデータは無いので「引き継がない」を選択。

windows8-upg-03-set.gif

注文ボタンが登場。メールでの案内によるとプロモーションコードを入力する画面が有るので、そこで適用すると1200円になるとの事。とりあえず注文。

windows8-upg-04-open.gif

確認ではまだ3300円になっております。

windows8-upg-05-buy.gif

またもや個人情報の入力。念のためマイクロソフトの公式サイトで送信したものと同じ内容で入力し次へ。

windows8-upg-07-add.gif

支払方法はクレジットカードまたはPayPal決済のみ。下の画面でプロモーションコードの入力ボックスが出るので入れて適用すると2100円引きに。

windows8-upg-10-1200yen.gif

プロダクトキーが表示されて購入完了。

windows8-upg-12-thx.gif

次へ行くとWindows8(Pro)のダウンロード開始。無線のnで接続していたので完了まで20分くらい要しております。

windows8-upg-15-3per.gif

ダウンロードが終わると、どのようにインストールするかの選択へ。ノートPC内へ余計なファイルを置きたくないのでメディアを選択。

windows8-upg-17-install.gif

ISOファイル以外にUSBメモリにも対応。ISOを選択。

windows8-upg-18-iso-usb.gif

DVD-Rメディアを光学ドライブへセットしフォルダを開き、Windows7に標準で付いている書込機能で焼いてインストールの準備は完了。

windows8-upg-19-dvd.gif

プロダクトキーはメールで来ていたので無視して「完了」ボタンを押し終了。インストールはまだしないので以上。

 

優待対象のパソコン購入が必要なのか疑問(まとめ)

さて、ここまででいくつかの疑問がございます。

  1. 購入証明(領収証などの提示など)をしていない
  2. 優待対象のパソコンなのか判定をしていないと思う
  3. アシスタンスからの購入はアップグレード対象PCのみ?

1.私はてっきり領収証や納品書を郵送またはスキャナで撮りマイクロソフトへ送るものと思っておりましたが、そのような手順は無し。

2.また、そのパソコンをいつ購入したのかPC内にはそのような情報は無く、どう見ても自己申告のみ。

3.これはやれば良かったと反省しておりますが、もしかすると全く関係の無い、例として今これを買いているメインPC(Windows XP)からも購入手続きは出来るのでは無かろうかと。

何が言いたいか改めると、Windows7 PC(のプロダクトキー)が有り、購入日を誤魔化せば、優待価格(1200円)でダウンロード版アップグレードを購入出来そうという事。

要するに7仕様のPCや7のDSP版持っているなら1200円でWindows8 Proのアップグレードが手に入ってしまいそうな予感。更に今ならMedia Centerも無料

また、こういう情報もございます。

Windows8アップグレード版でクリーンインストールは可能!? (週アスPlus)
http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/114/114964/

結果は可能。やっている人が居るだろうと検索すると、クリーンインストール出来ている人が多数。8のプレビュー版からアップグレード出来るとか以前の問題。

要するに、実質1200円でWindows8 Proが購入出来てライセンス認証も通ってしまうという。ライセンス違反とは思うけれど、マイクロソフトが認証してくれるからには問題無いと言われても仕方無し。

クリーンインストールのやり方は、アップグレード版を普通に入れて8を起動し、8上から再度セットアップを実行し8をインストールすると出来るとの事。

(XP以降?のWindowsなら)プレビュー版だろうが8のアップグレード版だろうが何でも有りのような認識のされ方。

購入日の嘘情報送信やアップグレード版のクリーンインストールがバレなければ良いとか、認証が通るから良いといういうものでは無いと思うけれど、これがまかり通ってしまう状態では正規のWindows8 ProのDSP版へ15千円出した人が気の毒。

8を普及させタブレットPC市場の占有率を高めたい、というマイクロソフトの叩き売りに見えるけれど、真実は不明。

以上。私は正規の手順かつ使い方しかせず、インチキのようなやり方は推奨していないので勘違い無きよう。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。