Windows 7から10へGUI上から直接アップグレード方法

2016年7月15日

Windows 10アップグレード実演その3。

その1ではオンライン経由で普通に失敗、その2は私の勘違いにより失敗以前の問題。やめるわけには行かなくなった為、気を取り直し改めてアップグレード作業をやってみた。

今回は成功しております。

Windows 7から10へGUI上から直接アップグレード

その前に昨日のアップグレード話がクソ記事になってしまい失礼。

原因は私の勘違い、「アップグレードもブートさせるものだ」と思い込んでいた為で、なぜそう思ったかは過去にWindows 7から8へアップグレードした際、DVDを焼いてブートしインストールしたのでWindows上からアップグレード開始した事が無く。

7/8.1から10アップグレードの正しい手順

Windowsアップデート経由による田アイコンなどからのアップグレードでは無い、ISOでもUSBでも無いアップグレードはこれ。

このPCへインストール

前回の記事より。

今すぐを選ぶとインストール用ファイルを保存出来ない気がするので、下段の他のPC用にインストールメディアを作るを選択して次へボタン。

このPCを今すぐ~にするとネット経由のインストールが始まる、ならば失敗するパターンなので避けたい、と思いブートしてアップグレードしようと思ったわけですな。

「今すぐ」という言葉が、今すぐか今夜かのアレを彷彿としてしまった。

Windows 7のGUI上からの操作でアップグレード開始

このPCを今すぐ~で進めるとフルスクリーン表示になりアップグレード開始。

フルスクリーンになる

失敗するか止まるかのいずれかだろうと思いきや、約40分でこの画面に。

10アップ成功

ここから更に数分ほど設定を確認したりで進めると無事にWindows 10が起動。データは全て引き継がれており、アプリケーションも移行されておりました。

USBとDVDから同じように実行するなら、DVDを入れたりUSBを挿すとオートラン(自動実行)でセットアップが起動。オートラン切っているなら直接中身を見て setup(.exe)を実行すると同じ事。

10upsetup

ダブルクリックし起動するまで10~20秒くらい要したのでしばらく待ちましょう。

 

Windows 10上と7へ戻した後の致命的な不具合

気を取り直し、Windows 10での画面表示がこちら。元の解像度はフルHD。

トリプルディスプレイ無効

タスクバーの色が変わり、その左右へ余計なアイコンが沢山追加された程度で7とほぼ同じ。しかし私の環境はモニタ3枚、トリプルディスプレイなので別のディスプレイは検出されませんでしたと言われても困る。

とりあえず再起動、次にWindowsアップデート、ASRockのマザーボードのページからWindows 10 64bit用の関係ありそうなドライバを更新したけれど駄目。

どのように映っているかは、中央モニタ真っ暗、左と右に上の画像がミラーとなっている状態。モニタ1枚としか認識していないのでデュアルにさえならない。

とりあえずソフトウェアが動作するか確認しようとGIMP(画像編集ソフト)を開いて驚いた。私はいつも以下のように配置しております。

  • 左モニタ:GIMP、フォトショップ、画像のサムネイル表示
  • 中モニタ:ブラウザ
  • 右モニタ:メールとLINEと温度計など

何と画面の外、エア左モニタで起動しているらしくGIMP見えない。ポインタがモニタの外へ行けるわけが無いのでGIMPのウィンドウを移動出来ず焼酎吹いた。

まさかと思いメールを起動するとやはり見えない。おそらく画面の右の外でエア表示されていると思われどうにもならず。

Windows 7でこの状態になると強制的にメインモニタへ集められるもの。しかし、モニタ3枚認識しておりモニタ側が表示できない場合、以前同じ状態になった記憶。確かRadeonのモニタ設定をミスった時、あれと似た不具合なのか。

おそらくパソコンからの映像出力を物理的に1本とし、残り2つのモニタを接続しなければ1画面へ集まると思うけれど、面倒なのでやめた。

Windows 7へロールバックしてみる

手順はこちらを参考に。

Windows 10へアップグレードした7や8.1を元に戻す方法
https://btopc.jp/repair/10-upgrade-rollback.html

やってみた。

10rollback7

すると驚きの速さ、何と4分でWindows 7として再起動した件。

アップグレードも比較的速く約40分、ダウングレードは約4分。低性能なスティックPCはアップ60分でダウン10分くらいなのでPC性能が関係しているのだろうか。

特に不具合は見られず、IMEはGoogle日本語入力なので問題無し。しかしESET(セキュリティソフト)がこう来た。

eset

最新になっていないらしいので更新しようとするも手応え無し。再インストールすると直るパターンとは思う。

アップグレードとダウングレードはこのように一筋縄では行かないと考えた方が良いという例として。

 

Windows 10へのアップグレード方法の違い(まとめ)

3種類ございます。

  1. ネット経由・・・Windowsアップデートによるアップグレード
  2. 直接実行・・・セットアップファイルによるアップグレード
  3. USB/ISO・・・セットアップとブート用ファイル一式

1は世界中で迷惑をかけているマイクロソフトのアップグレードしろしろ攻撃で、ここからアップするとP2Pでアップグレード用のファイルを集めて更新する感じ。

2と3は同じもので、前回と今回で試した方法。セットアップファイル一式をマイクロソフトのサイトからダウンロードして実行しアップグレードする方法。

3に何の意味が有るかは、昨日私が勘違いしてブートさせていた手順で進めると再インストールが可能。

プロダクトキー入力後、この画面で下段のカスタムを選択。

アップグレードを選択

するとこうなる。

フォーマット

フォーマットして10をクリーンインストール出来るわけですな。

ところでなぜこの画面になったのか?私が間抜けたところ。

以降ループ

おそらくWindows 8のアップグレード用プログラムを流用しており、7から8はこのタイミングでアップグレード出来たけれど、10は7/8.1のプロダクトキーを引き継ぐ仕様なのでネット接続が必要。

というわけで、ネット接続できていない状態でアップグレードされてもMSもユーザも困るのでGUIから実行しなければならない、よって上の窓を表示してごまかしたのでしょう。知らないけれど。

またはプロダクトキーをHomeエディションでアップグレードを実行すると上の画面にはならず、Proを選択して進める別の意味でのアップグレード用なのかも知れない。

以上。Windowsアップデート、田アイコンの方で失敗するならセットアップファイル使いましょう。失敗に備えてデータのバックアップ、またはストレージのクローン化をおすすめ。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメント(3)

>失敗するか止まるかのいずれかだろうと思いきや、約40分でこの画面に
私がWin7からWin10へ、WindowsUpdate経由でアップグレードした際も、だいたい同じくらいの所要時間だったはず。

>別のディスプレイは検出されませんでした
ヒツジ先輩キーボードはWinキーがありませんから、例えば「Ctrl + Esc + P」を押下して、ディスプレイの表示設定がどうなっているか確認してみた方が良かったやも。

ちなみに「Ctrl + Esc」はWinキーのショートカット、代替キー。

Dell:Windows 10でマルチモニタをセットアップする方法
http://www.dell.com/support/article/us/en/04/SLN297870/ja?c=us&l=en&s=bsd&cs=04#

>ポインタがモニタの外へ行けるわけが無い
その場合、方法としては

1.移動させたいウインドウをアクティブ状態にし、Alt → スペース → M →カーソルキーでウインドウを移動(最大化していた場合は、MではなくRを押下して最大化を解除してからM)
2.Winキー+カーソルキーの← or →で、アクティブなウインドウを左右のディスプレイへ移動(Ctrl + Escでは代替不可)

辺りで探る方法もありますね。

>Ctrl + Esc + 何か の場合は無反応な御様子
そちらもショートカットキーでしたか。勝手に「Windowsキー → P」で開くメニューかと勘違いしていました。失礼。

Windowsキーを使ったショートカットを開きたいなら、無変換やスクロールロックなど、使用頻度の高くないキーをソフトで割り当てるしか無さそうですね。

>モニタの外にあるエアモニタへポインタが移動出来るのかは試せず
MS公式のヘルプにまで同様の対処方法が載っていますから、ウインドウが画面外へ飛んでしまう方はそこそこ居るらしいです。

Microsoft:ウィンドウが画面の外に出てしまった場合の対処方法
https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/880147

タスクバーを右クリックから「重ねて表示」も有効だとか。

ASCII.jp:ウィンドウが画面外に出て操作できない……そんな時の解決法!
http://ascii.jp/elem/000/000/977/977927/

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。