PC電源オン後10秒間逆回転するPWM対応12cmファン

2016年6月 6日

Enermaxより神ファンが登場。

パソコンの電源を入れた直後はファンが何と逆回転し始め、約10秒経過すると正転するという今までに無いと思われる12cmファン。イロモノ扱いされそうだけれども個人的にはオーパーツ。

何がどう凄いのか適当に解説。

Enermax「D.F.Pressure(UCDFP12P)」発売

元ネタはこちら。

電源投入時に逆回転するケースファンが発売 - AKIBA PC Hotline!
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/news/news/759632.html

dfp-enermax

一見何の変哲も無い12cmファンですな。

販売する側が日本語で説明してくれなければ何がどう凄いのかパッケージからは全然解りませんな。

逆回転ネタは昔々、グラボでMSIがやらかしておりました。

MSIの「N580GTX Lightning XE」は、電源を入れてから30秒間、ファンを逆回転させることで、クーラーに溜まったホコリを吹き飛ばすという面白い新機能を搭載したグラフィックスカード。

source:ホコリを吹き飛ばす新機能VGAカード | マイナビニュース

しかし高級グラボ要らない私のような人には縁が無い。

そこでこのようなファンを夢見ていた件。

数秒から数十秒ほど逆回転してくれると神。理由はもちろん、ファンそのものやヒートシンク、内部へのホコリ付着を防止し逆流してケースの外へゴミを吐き出す

source:パソコンの機能で有ると良いと思う物を5つ妄想 - BTOパソコン.jp

本当は電源OFFの後に数十秒が理想だけれども、電源ON時でも逆回転しないよりはマシ。

ここからPC自作しない人でも解るよう説明して参ります。

PWM制御に対応する12cmファン

最大の特徴が逆回転なら次に来る特長はPWM制御。上で貼り付けたリンクタイトルではケースファンとしているけれど、PWM制御出来るならばCPUクーラー用としても利用可能。

PWMとはPulse Width Modulationの略、何が起こるか簡単に言うとCPUの温度によりファンの回転数を自動的に制御する機能。それに対応しているのでケースファンにするのは勿体無い。

本当に逆回転している動画各種

ツクモの店舗内で24秒。

おおげさなエナーマックス公式の動画。

エナーマックス公式もう1つ。

地味過ぎてコメントを思い付かない。

実売は発売直後で2千円前後

価格コムを見て来ると掲載待ちにて価格情報無し。

ツクモは税込2,138円。3千円で送料無料なので2個買えばOK。

UCDFP12P

ドスパラの1,980円は税別なのでツクモと同じ価格。5千円で送料無料なので3個買えばOKだけれども在庫無し。

UCDFP12P 

ファンごとき1個2千円はどうなのか?と思ったならば普通。PWM対応LED付ファンは2千円前後が相場、PWM無しなら1千円台、何も無しなら1千円前後。

もう少し調べるとAmazonも同価格で送料無料。逆回転付で2千円は安いと思う上、羽が取れるタイプなので掃除がかなり楽。

Enermaxファンは品質と性能が高い

ファンマニアなわけでは無いけれど、以前色々と試したので私の印象を書いておくと、ケースファンをメーカーで選ぶならばエナーマックスかコルセアかクラマスお勧め。

LEDの明るさ重視ならコルセア、静音重視ならクーラーマスター、多機能ならばエナーマックス。 いずれも仕様表記に偽りのない風量のデカさがございます。 

電源を切らないPCでは意味が無い

説明するまでも無いかと。電源オンに反応するのだから24時間営業の電源切らないパソコンでは意味無し。

ヒツジ先輩はDFPを導入するのか?

しない(キリッ

「しないのかよ」と思ったならば言い訳がございます。

ファンを交換しまくり総額2万円くらいファン10個以上購入やLED代に注ぎ込んだ挙句、現在使用中のファンは3つという散財を過去やらかしており、だいたい私のPCのクーラーは9cm用ヒートシンク、しかも年中無休のファンレスなので不要。

というわけで、リアル周囲でCPUクーラー交換したりケースファンおかわりする人が居るならこれ勧めてみようと思う。

 

高性能CPUのクーラー用にするなら要監視(まとめ)

デスクトップPCの維持で地味に面倒なクリーニングの問題がDFPの爆誕により多少解決。多少とは完全なるクリーニングフリーでは無く、ケース内の掃除は必要な為。

しかしケース内クリーニング2大面倒部位と言えるグラボとCPUクーラーの掃除が今回のファンを採用する事によりCPU側は解決、するかも知れない。グラボ非搭載ならばケース内を掃除機で適当に吸えば良くなるやも知れず。

気になる事は3点、まずは高性能CPU搭載の場合。

CPUクーラーでこのファンを採用するとPC電源オンから約10秒間は逆回転となり、ヒートシンクへ吹き付けるとは逆の方向、吸気になってしまう点。

私はアホなので数時間ほどサイドフローの9cmファンを吸気にする実験をやらかした事が有り、明らかに冷却効率は落ちる模様をお楽しんだ事がございます。

これが噂の(バキューミング)アンダーフロー。

under-exhaust-flow

source:自作パソコンのケースファンを付け替えエアフローを変更 - BTOパソコン.jp

吸気になるならまだしも、ファンの羽は正転した時に風を効率よく流せるよう湾曲しているので逆回転+ファン裏返し状態ではヒートシンク内でまともなエアフローは起こらないはず。

この逆回転10秒間から一旦停止し、正転の加速が始まり回転数が上昇するまで耐えられるヒートシンクが必要。

2つ目の不安は故障するとどうなるのか。

普通のファンは電気が流れファンが回るという単純な構造だけれども、最初の10秒だけ逆回転するという仕組が怖い。

逆回転機能が動作しなくなるならまだしも、延々と逆回転されても困るのでCPUクーラー用ならこういうやつでモニタすると良さそう。画像は実際に私のPCで常時表示させているフリーソフト。

realtemp

低負荷時は回転数が低く高負荷時に上がるなら判るだろうけれども、オーバークロックしていたり高クロックで固定しファンぶん回っているなら監視をお勧め。逆回転し続け90℃を維持するとか微妙な事をされてしまうと、いくらマザーのコンデンサが固体としてもヤバそう。

3つ目の心配ごとは、サンドイッチ状態のサイドフローはどうなるのか?

phanteks ph tc12dx installed 01

source:Phanteks PH-TC12DX Review - Installed – Memory Clearance

よりエアフローを良くする為に12cmファン2つの場合。

正転時は右から左、逆回転すると弱めに左から右。ホコリのキャッチボール、ヒートシンクへホコリを詰める作業にならないだろうか。

以上、適当に3つ挙げてみたけれどややイチャモンですな。

PC起動時に自力でホコリを振り払い正転を開始する12cmファン、流行っても良いと思うけれど結局はイロモノ扱いされそう。

特別高価な物でも無いので無駄にLED化しまくるより遥かに頭良いと思われ、ファン交換時はご一考有れ。

良く考えると簡易水冷のラジエーターに搭載すれば3点のイチャモンは即時に問題解決すると思った。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメント(1)

私はどちらかと言うと

「ファンの表面に微弱な静電気を発生させ、ケース内のホコリを根こそぎ集める大型の集塵ファン」

でも底面に付けておけば、それを掃除するだけでケース内のホコリ掃除がだいたいOKになるため、需要は高そうだと思いますがね。

>本当に逆回転している動画各種
実際にホコリを吹き飛ばしている様子が見えると、もっとアピールになりますね。

>ファンごとき1個2千円はどうなのか?
こんなイロモノファンなら2,000円は妥当。ケース内を全てコレに替えるため、3個や5個セット、、92mm&120mmなどサイズ違いセットまで出すと面白そう。

>ケースファンをメーカーで選ぶならば
私は何となくAINEX派ですね。地味な見た目が好みなもので。

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。