中華端末は技適マーク無いスマホあり違法どうする?

2018年3月19日

技適について真面目に考察。

先日友人の子用として私が選び購入した中華スマホ(DOOGEE X20)に対し、「技適マーク無いのでは?」とのメールが着弾。Amazonが発送=違法ではないのだろうという思い込みはおかしいと気付いた。

技適と違法の罰則は何か、どう考えどうするか。

中華端末は技適マーク無いスマホあり違法どうする?

問題の端末(以下、X20)はこちら。

doogee-x20-05-rear

source:AndroidスマホDOOGEE X20とIIJmioでテザリング - BTOパソコン.jp

まずは端末の内部にはそれらしきマークは無し。

技適マークとはこれ、郵便ロゴのようなやつ。

技適マーク

X20の端末はすでに友人X子の手元へ行き、「設定画面から端末情報を開き技適マークあるか確認してくれない?」は無理があるので総務省のページで検索したところ、どうやらDOOGEE製品は2018年3月現在、全てアウトな模様。

通っていればこのように検索ヒットする例。検索ワードは型式または名称欄へ「X20」と入れており86件が検出。

総務省  | 技術基準適合証明等を受けた機器の検索
http://www.tele.soumu.go.jp/giteki/SearchServlet?pageID=js01

giteki-x20-search

氏名または名称を「DOOGEE」にすると1つも出なかったため、X20にすればX20とかX20Lが出るだろうと思いきや無し。DOOGEE製品の他の型番でも出なかったのでおそらく全滅。

X20を撮影した元画像を見ても本体のケースや箱や付属品、どこにも技適マークは無く、おそらく端末の設定から見ても無駄だろうと予想。

以下はiPod touchの例。

giteki-ipodtouch-5th

003-120254で検索するとApple Incがずらずらと表示される。5.0GHzはIEEE802.11のa系に対応しており屋内のみで使用OKの意味。

技適有無に関する電波法は2016年5月に緩和?

2年くらい前ですな。

総務省|電気通信事業法施行規則等の一部改正に係る省令案等に対する再意見募集の結果
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01kiban03_02000432.html

世間の話を見ると2020年の東京オリンピックに向け、外国人が海外のスマホ持って来るだろうから技適無い可能性が高い。ならば3ヶ月間限定で技適無くてもOKにするという、規制としてどうなのか不明な例外的な緩和。

何が不明かは、3ヶ月ならば技適なし=違法OKと言っているのだからおかしい、3ヶ月間限定で人殺してもOKのようなものを法律とは言えない感じ。理由があり違法なのだろうから例外可能な時点でおかしい。

技適無しの何がマズいか?罰則は実際どうなのか

改めて技適とは何の意味があるのか?を調べると、分かりやすい個人ブログページを発見。対話形式が文字嫌いな私でも読みやすい。

技適マークのない機器で無線を使っていたので自首してきた。 | Tojikomorin
http://tojikomorin.sakura.ne.jp/blog/2016/08/09/%E6%8A%80%E9%81%A9/

要約したくないけれど時間無い人用に。

  • 0SIM契約し中華スマホ購入したが技適なし
  • 違法と気付いたので関東総合通信局へ自首TEL
  • 違法なので第三者から訴えられたなら裁判になる
  • 海外製の技適なしスマホは悪質ではないのでスルー
  • 悪質とはトラックでよく使われる警察など干渉する無線
  • スマホの電波が人命に関わるような事は無いでしょう
  • 技適なしは迷惑になる可能性があるので基本ダメ
  • 悪質ではない人を取り締まったりはしていない

親告罪(訴えられなければ何も起こらない)のような感じですな。

要するに、技適なしは法律上違反だけれども、刑事事件のように扱われるものではなく民事なので警察は関係ないし迷惑をかけていなければ何も起こらない。但し技適なし=保証なし状態なので、気付かず迷惑をかけている可能性がある。

置き換えると、他人に暴力をふるいケガをさせ訴えられたなら裁判沙汰になるが、友人へのボケに突っ込みを入れ頭を軽く叩いても迷惑行為ではないし、傷害罪として訴えるわけないだろうから法律上知った事ではないと同じなのだろうと解釈。 

一言でいえば、技適なし無線の使用は自己責任。

私も昔、知識薄く知らずに技適なし無線LANカードを購入し、テストながら電波飛ばしてしまった事がございます。コメントで指摘されて気付いた、白いラベルがDELLのノートから部品取りしたと思われるインテルのWi-Fiカード。

マザーボードに無線LANを搭載

無線LAN子機をデスクトップPCへPCIe接続にて内蔵 - BTOパソコン.jp

本当にPCIe接続なのだろうか・・・と思ったのは気付かなかった事にして、これの何がマズいかは、無線LANカードに技適はなく、おそらくこれが内蔵されていたと思われるDELLのノートPCに対しての技適はあったのだろうと推測。

画像のZ97 Extreme6はマザーボードの型番、このパソコンは部品単位で私が購入し組み立てたデスクトップPCなので当然技適など申請しておらず、個人でもできるけれど設計図と申請費10万円くらい必要らしいので現実的ではなし。

ところがこの資料によると、スマホの場合は技適関係無くないか?レベルに緩和されております。赤枠の中。

giteki-pdf

http://www2.telesa.or.jp/committee/mvno_new/pdf/150603_MVNO_1_soumu.pdf

1番は定義が理解しづらいのでスルーし、2はCEやFCCアリなら良ければX20端末には付いており、総務大臣が許可したドコモやauやソフトバク回線のMVNOならば当てはまっております。

但し海外からの持ち込み=中華スマホの販売とは解釈しづらいので、日本在住でAmazonなどから中華スマホ購入した場合は当てはまっていないと思う。

結論としたい個人的な考え方

一部の違法なトラック無線の話で思い出した、Wi-Fiでも違法なルータがあり、海外の200Wとか出力あるやつは距離数kmでも通信できるらしい件。

総務省が規制したい電波はそういった無双に迷惑な電波であり、スマホとか小さい電波、大量に使われ問題出ていない端末やWi-Fiカード個々に対して規制したいわけではなく、万一200Wルータ級のアホが現れた時のために電波法や技適があるのでは無かろうか。

私の周囲を例にすると、X20は技適マークなしなので使用者が罪に問われるなら友人X子の高校生が違法端末を利用している事にはなる、違法は事実。しかしX20が迷惑を掛けていない限り誰も訴えないわけで、迷惑をかけていないなら技適なしでも問題は起こらない。

但し、まだ判明していないだけなどで万一X20が迷惑をかけていたなら裁判沙汰はありえる。技適ありなら総務省がOKしたのだから責任は総務省にあるところ、無印は電波飛ばした使用者にある。

DELL部品取りと思われるインテルのWi-Fiカードも同様、迷惑かけていないだろうと勝手に思い込みマザーに挿して使うは違法。但し訴えられたなら内容により負ける。ところが部品取りWi-Fiカードは元々DELLが日本で販売していたパソコンに内蔵されていたとするなら迷惑電波はまず飛ばないとも言えましょう。

要するに迷惑をかけていないなら第三者が違法違法というのはうるさいだけであり、訴訟レベルの何かが起こるかは自己責任なので技適なしでも使いたいならご自由にを結論としたい。

技適マークある端末は通信局のお墨付きなので電波の知識無くとも誰でも日本国内で安心して使える。技適マーク無い端末は判らないので自己責任で使うなら好きにしろ的な。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメント(6)

トラックの例のアレはTV音声に距離感をともなって乗っかってくる流れ星みたいなヤツだと思うけれど

どうやって特定して訴えるんや?

どちらにしろ技適つき機器を改造される実態を夢想していないとかいう総務省あるある

>まずは端末の内部にはそれらしきマークは無し
一般的な端末なら、バッテリを外した内壁にマークがありますね。バッテリ取り外し不可、というか背面カバーを開けられない端末は、どこにマークがあるか知らず。その手の端末はデジタル情報での記載のみですかね。

>個人でもできるけれど設計図と申請費10万円くらい必要らしい
予想より安いですけれど、個人が思いつきで出す値段でも書類でも無いですね。というか設計図は無理っぽい。

>自己責任なので技適なしでも使いたいならご自由に
自分の使っている機器について、マークの有無だけは確認しておいた方が良いでしょうね。

しかし相手が迷惑を被ったらアウトというなら、アパートやマンションで隣室の人間が技適マーク無しのスマホを使っていることが判明→お前のせいで無線が途切れて株取引で大損こいたから賠償しろ、という詐欺を企てることも可能、ということでしょうか。

アマチュア無線の免許取って、自分で基地局開局申請をすると技適について凄い判りやすくなるんですが

技適って正確には「無線装置(PCの場合はWiFiカード)」と「専用アンテナ(WiFiの周波数や出力に対応したもの)」の2個1セットで申請するんです。

無線装置に接続するマイクやデータ機器は無関係。
無線装置を駆動する電源装置も余り関係なし(ただ、電源が安物で電気の質が悪くて電波に影響が出たらダメ)


だからなんでWiFiカード自体に技適が無い場合があるかと言うと、PC製造を思い出すとわかりますよ。

細かいわずかな仕様違いの量産PCを作る場合、WiFiカードは同じものを使う。
本当は無線装置を組み込んだ筐体毎に申請したり認証審査を受ける必要があるんだけど…、

メーカー「PC本体の仕様違い毎に申請したり技適シール作ってたらやってらんない」
総務省「じゃあ、カードに技適シールつけておいて『事前申請した専用アンテナとセットで組み込むなら良いよ』(緩和策)」


つまり、バルクでWiFiカードだけを買った場合、本当はそのWiFiカードとセットで技適申請されている「アンテナ」と一緒に使わないとダメだったりします。
デスクトップやノーパソの取り付け場所とか位置は関係なくて、
ノーパソのあの画面の枠内にある基盤形状のアンテナとセットで使う必要性


たまーに、カードに技適が無くてPC本体に技適がある場合は、
・同じ型番のPCでもアンテナが特殊か
・PCの型番が同じでもWiFiカードだけ違う型番にして、同じ量産PCでもちょっとだけ差別化されているか
・あとは、技適緩和以前の古いPCだったか

私もノーパソの技適の仕組みを不思議に思って、数年前に調べた時はこんな感じでしたよ。

それにしても、期間限定付きとは言えだいぶゆるくなったんですねw
外国人に媚び過ぎなのか、
日本の電波法が時代の流れに追いつけず改良せずにいるがために、ドローンや自動運転車への対応が遅れるのか…(苦笑

昔のトラックの大出力電波(違法CB無線って名前)が何で悪かったかっていうと、
アマチュア無線流行りすぎてトラックの殆どが付けて遊んでた時代があって(遠くの知らない人とチャットできる今のスマホの感覚)

でも、無線って電波の出力が強いほうが遠くに飛ぶっていうのもあるんだけど、
受け手側が弱い電波出してる所よりも優先して電波が入るんですよね。
(スマホにWiFiアナライザーアプリ入れて眺めた時のアレです。家の中の電波の弱いルーターよりも、家の外の電波の強いルーターの電波を先に拾っちゃう)


誰もが色々な人と会話したい欲求が強くなったり、
モバイルバッテリーの数字のデカイほうが凄い!クルマのエンジンの出力の数字がデカイほうが凄い!みたいな感覚で、電波法が厳しくなる直前は高出力化を競うように。

「キロワッター」っていう言葉が出たぐらい無線機の出力がkW単位だったらしいですw
(普通はミリワットないし1~数百ワット。kWはテレビ局レベル)
そんなんだから、国道沿いの家ではトラックが通る度にテレビはバグるし、固定電話には干渉するわで大問題に…。

そして、みんなが使う周波数を大出力の人がいつも占有している状態。
みんなそれぞれ電波を飛ばして使いたくても、干渉したり要らない電波が入ってうんざり。


前置きが長くなったのと、細かい計測方法は省きますが、
「じゃあ、どうやってそういう違法電波を取り締まるか?」

海外の違法WiFi探しと同じ、簡単な3点測量ですよ。
通報を受けたら、まず大まかに3箇所で受信する。
受信範囲を示す丸い円が3個重なった中央が問題の場所。


アマチュア無線やテレビ局や技適申請した企業(スマホやノーパソを作る側)が支払う「技適申請料」や「電波利用料」
これってただの総務省の利益じゃなくて、そのお金を使って全国で取り締まれる装置や電波を探す車両を用意したり維持したりしてるらしいです(総務省の電波利用料のページをご参照ください)


普段何気なく見ているテレビでも大手キー局は年間数億円の電波利用料を払っていたり
スマホや携帯電話も一応無線装置なので、知らないところで電波利用料を払っていたり

調べると面白いですよ。
スマホは今まだミリワット程度だし、星の数ほどあるし、取り締まれなくは無いけど取り締まってたらキリがない。(警察の速度取締同様、その端末が違法電波を出していた期間や量を時間を掛けて調べて証拠を揃える必要があるので)


でも一応は定期的に取り締まってますよ。
総務省の調査担当の人が街中を計測器と一緒に定期的に見回って、明らかにおかしい出力は注意。それでも改善しない場合は罰金を実際に科してる事例もありました。(地下の飲食店が、2004年頃なら携帯電話の電話増幅中継装置で取締対象に)


税法と同じで、役人が本気のガチで取締したり電波(税ならお金)の出入りまで監視しようとしたら、本当はそれは不可能じゃないです。
(街中にある携帯のアンテナと装置を逆に利用して常時監視だってできる)

でもそれをしないのは、人って必ず脱法を思いついたり悪用したりと結局抜け穴を探すし…
何よりも全て完璧にルールで縛って人々を抑圧すると、ストレスでみんな疲弊するし
そもそも、ある程度「人々が持つ善意や良識を信用信頼」しないと、誰もが常に罪を犯す前提で疑われ続けたら嫌だよね?っていう話になって。


法や常識もそうだけど、「ルール」ってそれは「色々な認識や価値観や(地方ルールみたいな)常識」を平均化したひとつの「指標、目安、参考値」であって

とりあえずルールは最低ライン守るべき「みんなが他人へ思いやる事が出来る良いルール」なんだけど…
それは、時代と共に常に改善していくべきだし、
「最初に作ったルールが完璧で良いものだったか?」って言われると、それはとりあえず色々な不測の事態を考慮した机上論や理想論から生まれたものかもしれないし。


なんでルールや常識があるかを考える。
そしてルールや常識は守る。
でもルールや常識は常にそれが本当に今正しいのかを疑う。
「ルールや常識は破るためにあるもの」っていうのは、常に最善策を模索できる人が使う言葉。


蛇足になってしまいましたが
法もそうだけど自分が正しく理解して、自分がそれに合致した日常を送っていれば
他人にあら捜しされた時や、ルールを誤解釈したり悪用した連中に揚げ足取られても胸を張って違うと言える自信がつくので。

見えないところで頑張っている総務省の人の苦労すら思いやることが出来たら、国家や法という何よりも強い後ろ盾で守ってもらうことも出来ますよ。


ただ、本当に定期的に色々な事を勉強し直さないと、気づいたらルールが変わっているっていうのはよくあることで…w
生涯学生宣言とはよく言ったもの!
駄文長文ごめんなさい。

ってあれ?
私、昔も同じようなコメントしてましたね…(;´Д`)ごめんなさい!
公私共に覚えることが多すぎてダメorz

細かいこと気にしなきゃ他者へ想い遣れないけど、細かいことを気にしてたらキリがないジレンマ…
私の今回のコメントは揚げ足取りや否定が目的なのではなくて、ただ単に自分の調べた話や解釈を他の誰かに残すためのコメントなのでお気にせずに頂けると幸いです。

ヒツジ先輩さんも仕事やネットリアル問わず揚げ足取りによってストレスで身体を壊さぬようご自愛ください。

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。