windows 10アップデート停止で不具合回避する方法

2018年5月 4日

10の更新を強制的に止める方法。

本当はこれをネタにしたくなかったけれど、意味を理解した上で更新を停止するなら、正確には停止というより先延ばしにするというならアリなのかと思い直したのでPC初心者向けに解説を。

やや詳しめに図解で参ります。

フリーソフトを使用、ダウンロードはこちらから。

「Windows10 設定変更ツール」Update後の自動再起動を防止 - 窓の杜
https://forest.watch.impress.co.jp/library/software/winupdateset/

forest-dl-win10-set

緑色のボタンを押してぼーっとしていればダウンロードが自動で始まるはず。遷移先のページでリンク押して違うソフトを入れないように。

update15.zipというファイルが保存されるので開いてWinUpdateSettings.exeをダブルクリックで実行。

15の部分はバージョン(v1.5)が上がると変更される可能性があり、.zip.exeの部分は拡張子というやつを表示していないなら非表示ながら気にしなくてOK。

見えていないかも知れないzipの付いたファイルは圧縮されているため、以下のような表示が出たならすべて展開しましょう。

ud15-02-zip

パソコンの設定により管理者権限が~とか出たなら、このソフトを信用するならはいを選択して先へ進む。個人的にはこの作者殿は昔から信頼しております。

すべて展開すると、zipのまんまではなくフォルダに展開されるので、再び同じファイル名をダブルクリックで実行。するとインストールはせず、単独でプログラムが起動してこのような画面になるはず。

ud15-03-update

左下の赤枠、無効にするボタンを押すと中央に小窓が表示され注意書きが出るのですべてよく読む。納得したならはいを押せばWindowsアップデートが止まる。

本当に止まるのはパソコンを再起動した後。

ud15-04-startup

左下の赤枠内に有効にするボタンが押せる状態になっていれば変更できております。中央小窓のOKボタンを押してこのソフトを閉じ、Windows 10を再起動すればOK。

再起動後に更新が止まっているか確認する方法

  1. 画面左下のWindowsアイコン()をクリック
  2. 設定アイコン(歯車)をクリック
  3. 設定の窓が開いたなら最下段にある更新とセキュリティ
  4. Windows Updateで問題(0x80070422)が発生していたなら正常
0x80070422

Windows側としては更新が止まる=問題が起こっていると認識するためこのような状態になる。

時期を見計らい更新を有効にするボタンで元に戻して再起動後、Windows Updateできるはずなのでこちらも確認しましょう。

Windows Update成功

更新を停止し続けてはいけないのか?

いらない機能を盛りだくさんぶち込んでくれるのが気に入らないのはわかる、けれど重要な修正やセキュリティ更新まで止まるため、簡単にいえばサポートが切れた状態のWindowsを使い続けることになるので危険と解釈しましょう。

プログラムファイルがどこに行ったのか不明

そういう人はこれやらない方が良いとか言い始めたいけれど、ブラウザの設定を変更していないなら、エクスプローラを開きダウンロードフォルダを開く。

win-10-dl-dir

その中にupdate15(数字はバージョンにより変わる)フォルダがあるので開いて行けば実行ファイルまでたどり着ける。もしファイルの場所がわからないなら、最初のダウンロードからやり直せばOK。

他のツールではダメなのか?

ダメではないけれど、海外のとあるツールはアドウェア仕込まれていたので国産にこだわった。もちろん海外=ダメという意味でもないが、この国産ソフトはインターネット黎明期かそれ以前からご活躍な西村誠一ブランドなので比較的安心。

nishimura-seiichi-brand

source:Windows10 設定変更ツール WinUpdateSettings

昔はフルネーム出す人は希少だったので印象が強い。この人ならもし不具合が出ても、設定変更きかなくなってもすぐに対処してくれるだろうという安心感が勝手にございます。

但し、フリーソフトなのでそのような責任は当然作者にはなく、ご利用は自己責任なのは勘違いなきよう。

なぜ更新停止ツールを紹介したくなかったのか

停止したい人は自力でこのようなソフトを探すものであり、どのソフトが良いかもやはり自分で選定するものなので、説明が必要とか、どれが良いか他人任せな人はWindows Updateを手動で止める行為はやめた方が良いと思うため。

しかしWindowsアップデート、その中でも10の大型なやつはお前が一番の脅威だとつっこみたくなる不具合を起こすことがあるので仕方なく1記事書いておこうと思った次第。

以上、GUIで見やすく操作しやすくレジストリを変更するツールなので、今後不具合が出ないとは限らないことを承知の上で利用させてもらいましょう。

タダで使わせてもらう代わりに不具合情報はフィードバックを。おそらく西村氏、Windows 10 Pro使いでありHomeお持ちではなさそう。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメント(2)

>10の更新を強制的に止める
私もWin10ユーザですが、更新を止めようと思ったことは無いです。問題が起こったら全て自己解決しますし、解決が無理ならバックアップから書き戻せますし。今のところ解決不可能な問題にぶち当たったこと無し。

>Windows10 設定変更ツール
これが「2017年の窓の杜大賞」で大賞を受賞するとか世も末。というかWindowsが末。救いがあるとすれば、大賞が139票、銀賞が109票、銅賞が108票と、各賞に大きな差がなかった点でしょうか。

窓の杜 - 【2017年 窓の杜大賞】今年はWindows 10の不満を解消してくれるソフトが大賞に
https://forest.watch.impress.co.jp/docs/prize/2017/1099003.html

バージョン「1.0」の公開が2016年11月25日。同年の12月に「1.1」へ、更に「1.2」へ更新。2017年4月に「1.3」へ、同年5月に「1.4」へ更新。そして2018年1月に最新バージョンの「1.5」へ更新。また大型アップデートがあると更新されるかもしれませんが、常用する方は製作者さんがWindows Updateの自由奔放さに疲れて更新を諦めないよう応援が必要やも。

>更新を停止し続けてはいけないのか?
注意点としては、Windows10環境でWindowsDefender(デフォルトで入っているセキュリティソフト)を使用している場合、コレの定義ファイル及びプログラム自体の更新もWindows Update経由のため、Windows Updateを停止するとセキュリティ機能が激落ちする点ですね。Windows Updateを停止するなら、別途セキュリティソフトの使用が必要です。

>プログラムファイルがどこに行ったのか不明
本格的に分からないけれど探したいなら「update zip」とでも検索すると、and検索で探してくれるため便利ではあります。いつの間にか拡張子を指定せずとも圧縮ファイルやら動画ファイルやらを拡張子検索できるようになっていたのですけれど、これって昔からの仕様でしたっけ。

https://i.imgur.com/vEalK5L.jpg

>但し、フリーソフトなのでそのような責任は当然作者にはなく、ご利用は自己責任なのは勘違いなきよう。

突然更新停止される事もあるでしょうからずっと使い続ける事ができるとは限りませんからね。フリーソフトに限る話ではありませんが、商用よりも可能性は高いというイメージはありますね。
可能性が高いのか低いのかなんとも言えませんが、マイクソソフトが対抗手段を講じて使用できないようにWindowsそのものに細工しないとも限りません。

やっぱりWindwos10を購入するとしたら少し高いですがProの方にしようと思います。WindowsUpdateの自動更新を避けられないとしてもバグフィックスの為の人柱にはなりたくないので。

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。