砂コン(SandForce)搭載SSDインテル335で速度低下?

2013年4月 3日

インテル335シリーズのSSDを使用し約3ヶ月半。

以前、SandForce(サンドフォース)コントローラー(以下、砂コン)は書込量が規定より多い場合、保護の為に速度を落とすというネタを頂戴しておりますが、本当に低下した気がするので報告。

検証は結構てきとうなのでご容赦有れ。

SSDを搭載するも初期より体感で速度が低下

インテル335シリーズSSD(240GB)は手持ちのPC2台で各1本搭載しており、いずれも起動ドライブ。

体感で遅くなったと気付いたタイミングは以下。

  • メインPC・・Firefoxの起動に3~4秒要する(2月頃から)
  • 事務用PC・・Windows XPの起動ロゴが見える(3月頃)

メインPCは元はHDDで、12月にSSDへ交換。HDDの頃はFirefoxの起動に20~30秒掛かっていたものがSSDへ交換し1秒掛からず驚いていたけれど、2月頃から3秒くらいに。重くなる原因になりそうなアドオンなど特に増やしてはおりません。

事務用PCは生まれた時からSSD、同じく12月に335シリーズへ変更。元のSSDはX25-M(80GB、OEM版)で、XPの起動中Windowsロゴとゲージが見えないほど高速。それが1~2秒(ゲージ1周)見えるようになりおかしいと気付いた次第。

 

インテルコントローラ搭載のX25-Mと速度比較

新品当時と速度を比較したいものの、このような事になるとは思わず、いずれもベンチマークをしておりません。これは痛い。

唯一有るのは、事務用PCで取ったX25-M当時のCDM(ベンチマークソフト)の数値で、2011年1月の過去記事の画像より。

x-25m-cdm-2011-01.jpg

SSDとしてこれでは遅い気がするけれど、体感では激速。それまでHDDを利用していた為、特にランダムの速さが体感出来ていたのでしょう。

335シリーズは遅いか、改めてCDM。

core-i3-cdm-2013.jpg

なぜ335(下)の方が速くなっているかは、性能が上がった以外にIDEからACHIモードへ変更した為も有るでしょうな。

core-i3-ahci-2013.jpg

アライメントは調整したはずと思い一応確認。出来ております。

core-i3-intel-optimize-2013.jpg

要するに当時のX25-Mとは比較出来ない、という事で次へ。

メインPCでインテルツールボックスの最適化を実行

気を取り直しメインPCで計測を2種類。

core-i7-befor-after-2013.jpg

左の方が数値が良く、右のafter(後)は低下しております。

なぜ落ちたかは判らないけれど、インテルのSSDツールボックスで最適化(Trim)すると速度が落ちております。意味が判らない。

最適化により砂コン仕様の速度低下のトリガーが引かれてしまったのか。ちなみにファームは最新、接続方法などは全く変えておりません。

同じ335シリーズを事務用PCへ接続し速度を比較

今度は2台の同じ335シリーズを、AHCIモードにしている事務用PCへ接続しベンチマーク。CドライブとDドライブ(プライマリ、セカンダリ)という違い以外は何もございません。

ahci-ssdx2-cdm.jpg

左が事務用PCの335シリーズ、右はメインPCから取り外し事務用PCへ取り付けた335シリーズ。しつこいけれど同じ型番で同時期に同じ店で購入したSSD。

大きく違う数値は書込全部。左が高い項目も有れば、右が高い所も有り。

それぞれ5回ループしており最も良い数値となっており、それぞれもう1回だけ回してみたものの数値は大きく変わらず結果は画像の通りと見てよろしいかと。

 

砂コン搭載SSDインテル335で速度低下?(まとめ)

結論から行きたいけれど、今回の検証というか実験では結論は出ず、おそらく多分砂コンが原因かも知れない可能性が無くもない、という程度で特定は出来ないでしょう。

しかし書込により速度が落ちるのはNANDフラッシュを守る為の仕様として知られております。悪く言えばしょぼさを隠し寿命を誤魔化す機能。

詳細は以前の記事、または価格コム投稿の検証が凄い。

102088_m.jpg

source:価格.com - 『SSD第19幕:intel335(330後継)の実力を知る』 レビュー

購入時の一発目に2台のPCで計測していたなら比較は容易。次回から手を抜かず計測しておこうと思った次第。

335シリーズはTLC疑惑も有る為、ネタとして美味しいので次回SSD購入時は335シリーズ240GBをもう1本行くつもりでおります。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。