M570tチャタリングを素人が分解修理(接点復活剤編)

2020年8月15日

MX ERGOに続きM570tが20分で修復してしまえた。

ERGOは悪戦苦闘の末に「もうだめかもわからんね」としてハンダ付けによるスイッチ交換はあきらめ、接点復活剤(KUREコンタクトスプレー)とかいう気休めが実はビビディ・バビディ・ブ。

シンデレラは(実写版も)いいぞ。

論文ではないけれどヒツジ先輩の仮説より

ロジクールのマウスやトラックボール(以下、トラボ)の左クリックのチャタリングは持病という視点から、ロジ愛好者がスイッチ交換するしかないと考えがちな問題を指摘したい。

実はスイッチの不具合(以下、チャタという)というよりも、使用環境、すなわち私たちの使い方に問題があるのではないかという仮説で論じる。

まずは、おそらく昨日上げた予定のMX ERGOのスイッチ交換について。最終的にはM570tを明らかに超える難度にビビりスイッチ交換はあきらめた。

いや、無理。
缶ビール2リットル飲んでこの作業やれという条件も無理ゲーすぎて草。

MX ERGOのチャタリングを分解修理(接点復活剤編)

ヒツジ先輩だからね、仕方ないね。

参考画像。これがMX ERGOのスイッチのハンダ3点周辺。

mx-ergo-cs-14-2.jpg

下のデカい3箇所からハンダを吸おうとすると(私の腕では間違いなく)赤丸の2つも吸ってしまい、特に左の小さいやつが何なのかわからないので無理。

対してM570tは改造に優しい設計。基板の下部3つのハンダを吸う。

オマケのはんだ吸取り線

source:Logicoolマウスのスイッチを自力で交換し修理する方法

比較的楽勝のはずながら普通に壊してしまったのである。

色々端折ると私が言いたいことはこれ。

今まで言われて来たオムロンのスイッチは弱いとか、スイッチの型番により耐久性が違う説の以前に単にスイッチ内が汚れて接触不良が起きるなのではなかろうかと。

接点復活剤をぶっかけると治ったでござるの巻で終わってしまい、ならば久々に1年も放置プレイしていたM570tを使用し、「ドキッ!丸ごとチャタリングだらけの左クリック大会」も同じ方法で治るのではなかろうかと意味不明なら失礼。

 

本当にM570tが溶剤だけで復活するか試験

我が家で最も長寿なM570tがこちら。

m570t-cs-01.jpg

どう長寿かは、珍しく1年半以上故障せず「こいつ本当に単三電池1本で180日動くのか」と驚かされた。表面の当初灰色なはずのロジクールロゴが消えかかっているところでも酷使の長さが証明可能。

分解は裏返し、ここにネジ(ヘクスローブのサイズT6)がある。

m570t-cs-02.jpg

電池の裏側がわかりにくい。このフィルムを破らねばネジは見えない。

m570t-cs-03.jpg

というか上海問屋の電池入れっぱなしだったことにビビった。このアルカリ電池、パッケージ開ける前から液漏れする前科があるので要注意。

そのネジを5本全部外す。

m570t-cs-04.jpg

するとフタを開けば普通にくぱぁ可能。

m570t-cs-05.jpg

汚い。1年放置するとこうなるのかな悪い例。

m570t-cs-06.jpg

その他、この辺りも汚い。タバコやるので茶色に変色、多分1年以上風呂入っていない犬くらい臭いはず。

m570t-cs-07.jpg

夏なのでエアダスター絶好調、外で豪快にホコリ吹き飛ばした。

m570t-cs-08.jpg

同時にホイールの樹脂がベトベトする件も解決したく。

 

樹脂のベトベトはセスキで数回洗えばOK

検索してもアフィリエイト目的のクソ長い似たような文章のゴミ記事が散見。言っていることはどれも同じで、エタノール、重曹、ハイター、ハンドクリーム、果てはベビーパウダーや消しゴムとかヤケクソな水増し1ページが超長い。

重曹でいいならセスキでも良いのでは?

セスキの激落ちくん

source:最後なのでRealforce 106を分解クリーニングした話

と思い、フタ側を台所へ持っていきセスキをスプレーし手洗いを3回繰り返すとベトベトは全く無くなった。

風呂場で適当に振って水を切った状態。

m570t-cs-09.jpg

このくらい大丈夫だろう、手汗と思えば行けるだろう、自然乾燥するはず、という憶測で特に乾燥なぞせず組立一歩手前。

その前にスイッチへあのスプレーを。

m570t-cs-10.jpg

それぞれのスイッチに半滴垂れたらOKとして、強めに数回と素早く数回押しまくり、キムワイプ(ティッシュでOK)で拭き取りクリーニング完了。

M570tを元に戻す時はボールの受け皿をハメるコツが必要。

m570t-cs-11.jpg

運良くカチッとハマったので両側をくっつけて作業完了。

ネジは3つしかとめない。

m570t-cs-12.jpg

おそらくまた分解するだろうし、こいつがロジクールへドナドナされることはもうないだろうから。

結果:チャタリング治ってしまった

スイッチは交換しておりません。

中身のホコリをついでで掃除し、ホイールべとべとも解消できて、コンタクトスプレーでチャタリングは(今のところ)完治しております。MX ERGOと全く同じく快適に使える。

 

Logi(omron)スイッチの弱点はタバコ?

トラボに限らずマウスでもロジファンは多い。特に廃版となったゲーミングマウスや購入時1万円を超えて修理不可となった機種を手放すには惜しい。

しかしスイッチの交換とか無理ゲーな私のような人は、動画や検索を参考にスイッチへの接点復活剤ホイールなどのベトベトにはセスキで洗浄を試してみるべきかと。プレステのアナログスティックのベトベトもセスキで行けそう。

素人考えでは、ほんの少しでもスイッチ内部へ油のような溶剤が入ってしまうと不具合が起きるのでは?と思ったものの、それが揮発性の何かならばどうにかなったのかな?とも。

汚れが落ちてどこへ行くかは、おそらく内部へ溜まり続けるのだろうけれども、その容量がどのくらいなのか、わからなすぎて次回いつ不具合出るのかも見当つかず。

いつかはスイッチ交換する日が来るのだろうとしても、とりあえず初回お試し限定ならば接点復活剤でチャタリングは治ることが証明できた気がするため、保証期間過ぎたなら(自己責任で)お試しあれ。

来週月曜8/17にこれらに関してアンケートやる予定なのでぜひご協力を。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメント(3)

>下のデカい3箇所からハンダを吸おうとすると
横とか向こうとかに這っている配線も焼き切りそうですね。

>液漏れ
あくまで個人の経験ですが、推奨環境で保管しても100円ショップの電池は3ヶ月~半年(セリアの「ALKALINE PAIRDEER」やダイソーの「DAISO&S」などオリジナルブランド)、ヤマダ電機の電池は半年~1年(オリジナルブランド「HERBRelax」)で液漏れするのですが、皆さんの環境では大丈夫ですかね。

リモコンに100円ショップの電池を使ったら100%の確率で液漏れ(エアコンのリモコンで液漏れ後、500~1,000円で買える互換リモコン8台で実験。液漏れしても7台はそのまま使用可能だった)していたため、皆さんお気をつけを。

>汚い。1年放置するとこうなるのかな悪い例。
私のM570t内に茶色い汚れは皆無です。ほんのわずかにホコリは入っていますが、隙間が小さいせいでキーボードのキートップを外したときとは比べ物にならない程のキレイさ。

>素人考えでは、ほんの少しでもスイッチ内部へ油のような溶剤が入ってしまうと不具合が起きるのでは?と思ったものの、それが揮発性の何かならばどうにかなったのかな?とも。

あれ?その説が正しいと仮定すると、揮発性の高い溶剤比率が高いブレーキクリーナーやシリコンオフで洗い流すという荒業でもイケるのでは?

ケチる理由もないし防錆効果とかいろいろ入ってる接点復活剤で十分ですなw

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

マウスコンピューター

高性能: ★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★★

初心者: ★★★★★

令和時代の鉄板スタンダードなPC初心者向けメーカー。標準構成のバランス感覚が突出しており、私でさえケチを付けることが滅多にできない。性能の下から上まで幅広く実用的。

パソコン工房

高性能: ★★★★ 保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★

初心者: ★★★★

性能とパーツの相場がある程度わかる人なら標準構成が多いのでコスパ重視で選びやすい。同じに見える同じ価格でも仕様の違いがどうなのか判る人には最適。

ドスパラ

高性能: ★★★★ 保証: ☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★★

昔はドスパラ=BTOだったけれど最近は普通のパソコンに力を入れておらず、2018-2019年の偽インテルチップ中華SSDの件が未解決なので信用問題的に何とも言えない。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安定: ☆☆

初心者: ☆☆☆☆

10年以上前まではDELL=初心者向けの安いパソコン、それはもう通用しておりません。クーポン適用後が適正価格だと見抜けるパソコン詳しい人向け、または大人買いで割安になる法人向け。

日本HP

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★☆☆

コスパと性能以外にも見た目も重視したいならHPのノートも選択肢としてアリ。自社製造状態なのでBTO=ダサい印象は払拭されるかと。デスクトップは法人用、ゲーミングは海外向け。

FRONTIER

高性能: ★★☆☆☆ 保証: ☆☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ☆☆☆

初心者: ★★★☆☆

フロンティア神代の解散後、現所長のパワハラがひどいとタレコミが複数あり、私から内情を運営会社へ伝えると逆ギレされて私を訴えるぞと謎すぎる返しがあり困惑中。

サイコム

高性能: ★★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★★

初心者: ☆☆☆☆☆

PC自作しない中~上級者向け、昔ながらの2chおっさん御用達な鉄板メーカー。動かない構成でも購入できるので初心者にはおすすめ不能。量産系BTOのようにコスパ悪くならないのでサイコムだけは自由なカスタマイズを激しくおすすめ。

※並びはBTOメーカーの知名度の順(暫定)で、大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
格安SIMなb-mobileを勝手に評価
格安SIMなLinksMateを勝手に評価

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。