パソコン内部を掃除する方法と準備する物や注意する事

2013年5月30日

パソコンのクリーニング、デスクトップ編。

パソコン内部の掃除は定期的にやりましょうという話は良く有り、私も賛成しておりますが、今回はサブPCを意図的に掃除をせず1年以上放置し、クリーニングを実践。汚い画像が満載なのでご注意有れ。

PC初心者向けで参ります。

サブPCとは、私の自宅に有りながらも所有者は友人の会社。

仕事手伝い用として借りており、クリーニング記事をやりたいから放置して良いかと了解を得ております。協力、有難う御座いました。

使用頻度は週3~4日、1日2~3時間程度なので、月40時間くらい。ちなみにメインPCは月200時間以上使っており、偶数月の最終土日いずれかにクリーニングしております。

なお、今回はPC初心者用としている為、CPUクーラーを外すなどの分解はせず、エアコンプレッサーも未使用。それ以前に持っていないけれど。

目次。クリックすると飛んでしまう為、全部見るならスルーにて。

  1. PCクリーニングの前に準備する物など
  2. 1年以上掃除せず放置したパソコン画像
  3. 掃除機とエアダスターでクリーニング後
  4. 掃除後にPCが起動しない時の確認方法
  5. PCクリーニングは5月がオススメ(まとめ)

 

PCクリーニングの前に準備する物など

道具を揃える前に、掃除の効果を実感したいならCPUの温度ファンの回転数を見ておきましょう。ややマニアックなのでやらなくても結構。

下の画像はBIOSの設定画面というもので、パソコンの電源を入れた直後から「Delete」キーを1秒間に2回くらいのリズムで連打すると行けるはず。行けないなら調べるか諦めましょう。

BIOS設定のPower

キーボードの「→」キーでPowerのタブへ移動し、「↓」キーでHardware Monitorへ移動し「Enter」キーを押すと画面が遷移。

上の説明はこのマザーボードの話なので、ハードウェアモニターはPowerという名前では無いかも知れず、H/W Monitorとか書き方も違うかも知れない。

判らないならやめておきましょう。この設定画面は中~上級者向きの為。

BIOS設定よりハードウェアモニター

室温22度で湿度は関係無いと思うけれど40度くらい。電源を入れて10分後のアイドル(何もしていない)状態。

  • CPUの温度・・55度
  • マザーボードの温度・・37度
  • CPUファン・・1,757回転/分
  • ケースファン・・1,188回転/分

騒音の原因は、主にCPU温度の上昇とCPUクーラーのファンの回転数による影響が大きく、この数値が後で変わるので、実際のクリーニング前にはメモしておくか写真を撮っておきましょう。

ついでに電圧も確認を。重要な所は12Vと5Vで、12や5ボルトを大きく切っていないか。11.8Vとか4.9Vなどは良く有るけれど、あまりにも下回っているなら、電源ユニットが劣化しているか、近い内に故障するかも知れない。しないかも知れないけれど。

BIOSの設定画面から抜ける際、操作が良く分からないなら電源ボタンを押して切りましょう。ここはWindowsでは無い為、電源ボタン長押しなどで終わって大丈夫。「Esc(エスケープ)」キーからも終了出来るけれど、下手にセーブしない方が安全。

掃除の際、私が準備する物はこれら。

エアダスター、ドライバー、割り箸など

割り箸から上は必須、下は必要なら。上から

  • エアダスター・・最低3本は有った方が良い
  • プラスドライバー・・ケースの側板(サイドパネル)を開ける時に必要
  • 割り箸・・ファンの固定用 ※後述
  • マイナスドライバー・・CPUクーラーを外し掃除するなら
  • 軍手・・ケガや汚れ防止用
  • 掃除機・・家庭用の普通のやつ ※写真なし

エアダスターは1分くらい使うと温度が下がり風圧が低下するもの。温度が上がるまで温めるつもりなら1本でも良いけれど、私は効率厨なので常時3本は在庫しております。

ケースのフタを開ける方法は、PC向かって左の側板が開く設計が多い為、奥のネジを2本外すとスライドなどして開くはず。

これはケースにより違い、特にスリムケースの場合はフロントパネルと一緒に前へ外れるなど特殊な物も有る為、説明書をご覧あれ。

また、頻繁に掃除する気が有るなら、サイドパネルのネジをこのような手回しの物に替えておくとプラスドライバーさえ不要。

ハンドルネジ(ローレットスクリュー)

source:Amazon.co.jp: アイネックス ハンドルネジ インチタイプ PB-031BK

検索キーワードは、ハンドルネジまたはローレットスクリュー

PCケースのサイドパネルのネジはだいたい同じ物なので、適当に購入しても合うはず。保証はしないけれど。

 

1年以上掃除せず放置したパソコン画像

掃除するPCの現物、PC向かって左より。

掃除前のPC横から

結構ホコリが積もっております。

掃除前のPC底面

 CPUクーラーやケースファンはホコリまみれ。

CPU、ケース、電源ファン部分

電源ユニット背面より。これは想像ほどでは無し。

PC背面より電源ユニット

下のケースファンは、左は背面より、右は前面ファンをケース内側から撮影。

背面PCケースファン

フロントパネルを取り外すとえらい事になっておりました。

フロントパネル

良く有る汚れ方で、このレベルの汚さは私が修理現場で見たPC数千の内、汚い度MAXを10、きれいを0とするなら7くらい。

月40時間以上、1年以上放置しているならこのくらいホコリが積もれどおかしくは無い為、気になるなら次の休日にでも掃除してみましょう。 

掃除機やエアコンプレッサーを使う前にファンを割り箸で固定

クリーニングの際に注意する事は風圧でファンをぶん回さない事。割り箸は固定用として使っており、下の画像をご参照有れ。

割り箸でファンを固定

エアダスターで吹く際は不要。風力が比較的弱い為、ファンを回しつつ吹いた方が作業効率アップ。

やばい物がエアコンプレッサーで、特に電源ファンのように直径が大きく羽の面積が広い物は、近距離で強く吹くと羽が曲がりバキッという音を立ててぶっ壊れる可能性有り。

また、掃除機も結構強い為、電源やCPUファンを吸う際は羽が回らないよう注意しましょう。掃除機の吸気口に羽が直接当たると破損の原因。

ドライバなどでは傷が付く為、エアコンプレッサー使用時は修理現場でも割り箸を使っておりました。

エアダスターと掃除機を使い分けるポイント

全部エアダスターでやろうとすると、ケースが大きく汚れがひどいほど風圧が弱くなる為、使い分けた方がよろしいかと。

  • エアダスター・・CPUクーラー、電源内部、ケース内全体の仕上げ
  • 掃除機・・端子や直接吸える場所全て

基本は掃除機、奥行きが有るCPUのヒートシンク(銀色の金属)や、中が広い電源ユニットの内部はエアダスター。最後はケースを立てて全体のホコリを吹き飛ばす、という使い分け。

ここまで汚れていなければエアダスターのみでも終わる為、掃除機を使うほどなら掃除の頻度を上げましょう。

 

掃除機とエアダスターでクリーニング後

掃除後の全体。

掃除後の全体

左はフロントパネルを外した所、右はケースリヤファン背面より。

掃除後のケース前後

CPUクーラー、ビフォー。

CPUクーラー掃除前

アフター。

CPUクーラー掃除後

電源などもきれいになっております。

掃除後のファン3つの状態

但し、ケースのフロントファン内側の汚れは取りきれず。

ケースファン、フロント

砂埃のような物が付着し、吹いても取れない状態になっており、ここまでになると分解しウェットティッシュや綿棒などで拭くしか無くなる為、こうなる前に掃除を。

ちなみに私はそんな事までせず、故障したなら前面ファンは外し背面ファンは千円くらいの物と取り替える為、使い捨ての消耗品と考えております。

PC内部クリーニングはCPUの温度が低下し静音につながる

掃除後のハードウェアモニター。掃除前と同じくアイドル状態10分後。

ケース内掃除後の温度

室温は掃除前より2度上昇していたけれど、

  • CPU・・前:55度、後:46.5度(-9.5度
  • マザー・・前:37度、後:34度(-3.0度)
  • CPUファン・・前:1,757rpm、後:1,001rpm(-756回転/分
  • ケースファン・・約1,200回転でほぼ変わらず

CPUファンの回転数はASUSのQ-Fanが有効になっており自動なので、CPU温度が低下すると回転数も低下。体感で静かになったと感じるほど。

マザー温度は気持ち程度、ケースファンは安いマザーなので調整は無く、1200前後の固定。

CPUのサーマルグリスを銅や銀の高級品で塗り直し「76度から72度まで4度も下がった!」とか有るけれど、掃除するだけで約10度もの違い。

また76度から4度の低下なら5%程度。55度が46.5度は15%くらい下がっており、室温22度を基準とするなら、後者はかなり冷却効果が上がったと言えましょう。(22度以下になるわけが無い為)

原因はヒートシンクのフィン(銀色の金属)の隙間にホコリが詰まっており、ファンが回れど風が遮られ放熱不良を起こしていた為。

しつこいけれど、こうなる前にクリーニングを。

 

掃除後にPCが起動しない時の確認方法

掃除の後、電源が入らないなどの不具合が稀に出るはず。体感なものの修理現場では100台に1台くらい、特に古めなPCで時々起動しなくなる事がございました。

確認する事を3つに絞ると。

  • 電源が入らない・・プラグがコンセントと電源ユニットに奥まで正常に挿さっているか。電源ユニット本体のスイッチがオフ(◯の方)になっていないか。※(-がオン)
  • 画面が真っ暗で起動しない・・メモリを抜き差し。2本以上有るならそれぞれ1本にしてみる。

メモリの外し方と取付方法は動画を上げているのでYouTubeにて。ちなみに今回のPCののマザーボードは、片側のみロックされる仕組。

メモリの取付と取り外し

右は固定、空きスロットのみやや左へ傾けております。右へ引っ掛けて真上から押し込み、左でロック。外す時は左のロックを解除し右を抜く。

その他、本格的に古いPCで何かと劣化しているなら、掃除の衝撃で故障することも考えられ、ぶっ壊れても私は知らないので自己責任にて。

 

PCクリーニングは5月がオススメ(まとめ)

メーカー修理現場に居た当時、6月から7月にかけて何故かメモリ不良の修理交換が増加しておりました。

原因は湿気、梅雨時が関連していると思われ、静電気が発生し易い冬場より修理依頼は多く、特にメモリ不良が増加。

本当の原因は知らないけれど、これから夏に掛けてホコリが湿気を吸うと汚れが取れにくくなり掃除しづらくなり、果ては故障の原因にもなるやも知れず。

今の時期はパソコンのクリーニング時期として最適。

動作に支障が無ければ見えない所なので単に面倒かも知れないけれど、1年以上放置すると今回のパソコンのように汚れが取れにくくなるかも知れない為、30分程度のPC内大掃除をしてみましょう。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。