SSDのバックアップ用にSSDやUSBメモリなどは非推奨

2016年8月22日

誰が非推奨と言っているかは私。

SSDも結構安くなり、250GBクラスが数千円で購入出来る時代なので同じ物を2台購入して贅沢なバックアップ環境にしている人も居そうな気がする。しかしそれはやや危ないと思う自論をこれより展開。

月曜なので手短に。

SSDのバックアップ用にSSDやUSBメモリなどは非推奨

SSDはこういう事。

Trim命令が機能していない従来の環境(ハードディスクやUSBメモリなど)では、OSはファイルを消去してもデータ実体を消去しませんでした。

source:Trim命令の功罪|Logitec データ復旧技術センター

逆に言うと、7以降のWindowsは標準でTrimが有効になっているのでSSDと認識しているドライブはTrimが随時実行されているはず、という事はファイルを消去するとデータ実体も消去している、となるわけですな。

私が何を言っているか解らない人へ簡単に説明すると、HDDなどのTrimが必要ないストレージの場合、ファイルなどを削除しゴミ箱から消してもWindowsなどのOS上からユーザには見えなくなっているだけで残っております。

いつ本当に消えるかは、その場所へ別のデータを上書きして保存する時。それまで延々と残っているところ、TrimはSSDの読み書きの弱点を補うために完全に消してくれるという機能。

GIGAZINEの解説の方が長いけれど分かり易いと思う。

このようなゴミを消去しデータをいつでも書き込みできる状態にしておく処理はガーベジコレクションと呼ばれ、SSDの速度低下を防ぐために不可欠な技術であり、Trimコマンドなどを駆使することでいかに「ゴミを掃除しておくか」が、SSDの性能を決めると言っても過言ではありません。

source:SSDのせいで現代の犯罪捜査が極めて困難になっている - GIGAZINE

SSDが故障する時は一部の機種を除き全データに突然アクセス出来なくなる事が多いようで、速度を重視しなくて良いバックアップ用ならば敢えてHDDを搭載する方が良いと思う。

USBはなぜダメなのか?

USBはTrimコマンド関係無いのでHDDのようにデータは見えないだけで消えずに残っていると思われるやも知れず。

しかし私のUSB棒然り、

USBメモリを認識せずフォーマットもできない

source:USBメモリの故障を色々な方法で修復を試みるが失敗 - BTOパソコン.jp

過去5年くらいの間に2件のUSBメモリ、1件のSDカードでデータ復旧出来ないか相談された事があったけれど、業者ではない私に出来る事は市販ソフトの使用が限界、いずれもアクセス出来ないのでどうしようも無かった。

内1人、USBメモリ棒の所有者から、金かかっても良いのでどうにかしてくれと言われて有限会社IUECへ依頼したものの不可、ロジテックのデータ復旧なら行けるかと思いきや無理との事で返送。

ストレージ2台同時に故障はあり得るか?

まず無いとは思うけれど、あり得るか否かで言えば無いとは言い切れない。

落雷のサージを喰らえばPC一式丸ごと故障も考えられ、使用中に停電などで突然電源を落とされたなら運が悪ければ、という事も無いとは言えず。

SSD2台で上書きコピーとか毎回フルバックアップなどしているなら、一度同期をお試し有れ。

FastCopyで簡単かつ高速に同期でバックアップする方法

私の環境を例にすると、5時間利用した後の同期時間は数十秒、3日くらいバックアップ忘れても1分で同期完了するほど速い。もちろんバックアップ先はHDD、しかも10年くらい前の古い製品。

何でもフラッシュは結構、しかしHDDの良さはデータ復旧の望みが高い点。落雷直撃してもディスク(プラッタ)さえ生きていれば業者が何とかしてくれるはず。

というのは考え過ぎだろうから、少しでも速いSSDへのバックアップは非推奨と言いつつも無しとは言えませんな。

なぜこのような記事を書いたかは、先日知人のノートPCでUSBメモリとSSD、RAMが同時に故障した為。原因は不明ながら、落雷による一時的な停電の後なので、サージ食らった可能性。

乗った飛行機が落ちる並に確率としては低そうながら、2つ共にフラッシュドライブを利用するなら、NASとかクラウドなどへもバックアップをおすすめ。

リンク用ソース

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

期間限定の特集など


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

広告

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。