CPU脆弱性対策でどのくらい性能低下?(2018年1月)

2018年1月29日

SpectreとMeltdownの脆弱性対策について。

脆弱性はほぼ全プロセッサが対象、その中でもインテルCPUはダブルで影響があるとされており、その中でも比較的古いCPUは性能が結構大きめに低下するという話が出た時期から約1ヶ月。

実際に性能が落ちているらしい件から。

元ネタはこちら。

Windows 10更新したらガチでCPUの性能下がったんやが… : IT速報
http://blog.livedoor.jp/itsoku/archives/52837467.html

2ch-1-cpu-cb

見る箇所は2行目のCPU 1390cb、そして下の茶色になっている全部。

下の色付が性能低下する前の履歴でスコアは1544-1560くらい。それがWindows 10をアップデートした後は1390となり何度挑戦しても1400さえ超えないとの事。

環境はWindows 10、CPUは画像の通りCore i7-8700K(Coffee Lake)、4.7GHzへオーバークロック。Windows 8と表示されている部分は情報が古いらしいのでスルーせよとの事。

私はWindows 7、CPUはXeon E3-1226 v3(Haswell)の定格。体感では特に何も変わらないというか、それ以前に2.00GHzまでアンダークロックしても定格の3GHz超えと違いが判らないくらいなのでもし低下しても気付けないのでしょう。

Cinebenchは長いのでGeekbench 4をやってみた。

gb4-1226-2018-01

source:Generic - Geekbench Browser

比較対象をCPU性能合わせた一覧より。

gb4-1226-list-2018-01

source:Intel Xeon E3-1226 v3 - Geekbench Search

日付が最新でも今年1月7日なので対策前のスコアと思われ、私のPCはややスコア低いとも言えるけれど、このCPUはサーバーやワークステーション用なのでCPU以外の部分で差が出ているのかも知れないというわけでわからん。

また、このPCはKB4056894でズッコケたのでスルー。

最近騒ぎになっているCPUの脆弱性対策らしいので急ぐ必要があったのかも知れないけれど、

source:Windowsアップデートで再起動の対処法(2018年1月)

2chまとめでは1以外にもベンチスコア1割低下したなど書かれていたり、インテルいわく8%から最大2~3割の応答性低下があるとの話も。

というわけで皆さんにもお聞きしてみたく最も近いものをお選びあれ。

CPU性能低下について

結果のみ見るなら選択せず投票ボタン。結果のみ見るなら選択せず投票ボタン。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメント(2)

逆に考えるんだ。Windows Updateで性能が低下するなら、より高い性能のCPUを買う口実になるのさ、と。

>Cinebenchは長いのでGeekbench 4をやってみた。
私のスコアはかなり雑魚な模様。シングルで2,000、マルチで4,000ほど。さすが今となっては遺物のCore i3 2100T。

Geekbench Browser
https://browser.geekbench.com/v4/cpu/6769931

ASCII.jp:性能低下が取り沙汰されるインテルCPUの脆弱性とは?|ロードマップでわかる!当世プロセッサー事情
http://ascii.jp/elem/000/001/613/1613155/
これが分かりやすいですねw

MicrosoftがWindowsの臨時アップデートを公開、Intel製チップの脆弱性問題「Spectre」の緩和策を無効に - GIGAZINE
http://gigazine.net/news/20180130-microsoft-disable-spectre-mitigation/
パッチ配布が中止になったようですよw

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。