M570が3度目の故障、ロジクールが返品不要で対応

2012年1月28日

Logicoolのトラックボール、M570が3回目の故障。

1回目と同様に左クリックの不具合。ドラッグが外れたり、ダブルクリックになってしまう現象が12月頃から発生し、1月からは頻繁になり作業効率が低下し我慢の限界。購入から約1年程度で3回故障はどうかと思うものの3年保証の期間内。

せっかくなのでネタとして1記事投下。

Logicoolワイヤレストラックボール「M570」故障の歴史

前回の一覧を使い回し。リンクは当時の記事へ飛ぶ仕様。

購入から約3ヶ月で1回目の故障、それから6ヶ月、更にそこから4ヶ月(初めに気付いた12月とすると3ヶ月)で故障しており、3~6ヶ月でぶっ壊れております。

このような物を良く36ヶ月も保証する事になったものだと感心しておりますが、ロジクール側もまさかここまでとは思っていなかったかも知れない。

M570の寿命(MTBF)を3年以上で1日平均1時間の利用で計算すると1095時間以上。私は1日6時間くらい使っているので183日となり寿命約6ヶ月(以上)。

しかし3ヶ月で2回やらかしている事も有るので、30分利用で計算しているのか、または根拠無く3年保証にする自信が有ったのやも知れず。私の運の悪さは想定外。

この調子で行くと保証期間内にあと5~6回くらい故障する事になり計9回とすると、購入額は約5千円なのでM570が1個あたり550円くらいになりますな。

550円では製造に無理が有り盛大に赤字でしょう。加えて修理交換時の送料は往復ロジクールなのでかなりの損害。

 

反応が早くなった気がするLogicoolのサポート対応

1回目の故障はメール(Logicoolのサポートのフォーム)送信、2回目もメールでは芸が無いので電話してみたものの対応の早さは大して変わらず。

初回のメール連絡で履歴が有った為か話が早かったのは2回目の電話時。名前と電話番号を言えば調べるようで、症状さえ言えば即交換対応。

3回目はメールで対応が早かった。

  • 1月15日(日)19時・・サポートの問い合わせフォームより連絡
  • 1月16日(月)19時・・ロジクールのサポートより詳細問合わせ
  • 1月20日(金)15時・・ロジクールのサポートより新品発送案内
  • 1月21日(土)13時・・ヤマト運輸で交換用M570が納品される

私からの返信は全てロジクールのメール受信から2時間以内なので省略。

時期や在庫によるものかと想像するけれど、以前なら2~3週間くらい待たされておりましたが今回は5営業日で発送手配。

というわけで4台目が到着。右が故障しているM570。

m570-2012-01.jpg

今回のM570は私の感覚でいう当たりの方。しかし紙デザインをやっている知人は多少手応えが有った方が良いという意見も有り、どちらがハズレかは一概に言えない事が判明。当たりハズレでは無く個体差が有ると言い換え。

また、過去の交換では気付かなかったけれど、今回のM570は左クリックが微妙に重くなっている上、クリックする際のカチっという音が大きめ。ロジクールが対策したのか、私が過去の交換で消耗に気付かなかったのかは不明。

 

「返品」が無くなり修理交換後の不具合品は「破棄」へ

対応であからさまに変わった事が返品不要。問い合わせ翌日に返って来たメールを眺めると、今までに無かった交換の流れが追加。

画像でメールの一部を引用。

logicool-mail-2012-01.gif

この流れ案内によると日数が追加されており、私が受けたサポートの経過日数通り。テンプレートなら対応が一律で早くなったのでしょうか。

驚いた事は流れ最後、不具合品を処分し返却しなくて良いという一行。以前は返却用の着払い伝票と梱包袋が同梱されており、本体のみ交換して返却の流れ。

くだらな過ぎて笑いながら撮った写真が役に立つとは思わなかった。下の画像は1回目の故障時で2回目も同じ内容。

logicool-m570-change-repair.jpg

今回は新品のM570と案内の紙が1枚のみ。

logicool-2012-01-info.jpg

返却に関する詳細が削除されており、やたらと簡素な内容。メールでは廃棄しろと書かれていたものの、こちらの紙には書かれておらず。電話の場合は口頭で伝えるのでしょう。

というわけで、私の手元には左クリック故障のM570と新品が各1台残っております。廃棄する予定日は未定。

  

M570が故障、ロジクールが返品不要で対応(まとめ)

全てのユーザに対して返品不要になったのなら、M570に限らずロジクール製品を何台でも入手出来る事が可能。

最初は3回目の故障でM570だけかと思ったけれど、メールのテンプレートや案内用紙が交換3回以上やM570故障専用とは思えず。

サポートではバーコード右上のP/N (パートナンバー) を入力する欄が有り、電話でも聞かれると思うけれど、私の場合は初回交換時は真面目に入力したものの電話では聞かれず。3回目は面倒なので入力せず送信。

仮に私が3ヶ月くらい経過後に嘘で「左クリックがまたおかしい」と言えば新品を送ってくれると予想。

詐欺になる可能性が有るのでやらないけれど、世の中には色々な人が居るので、数千円程度で複数の虚偽報告に法的な対応は非現実的。

ロジクールの対応の良さを一覧にすると。

  • 交換用の新品を先に発送してくれる
  • 送料は全額ロジクール持ち
  • 対応が早くなった
  • 返品時に運送会社へ集荷依頼する手間が無くなった
  • (廃棄する故障品が手元に残ってしまう)

阿呆なのでは無いかと思える神対応。

私のM570の保証はまだ2年残っているものの、保証が切れた後はさすがに有料で交換してもらおうとは思わない製品。

私が酷使し過ぎているのかも知れないけれど、故障すると自分の首を絞める事に気付いたと思うので、2年以内に故障回数の少ない無線トラックボールが出るよう期待しております。

以上、次回のM570故障予測は4~7月頃の予定。


補足:一応脅しておくと、詐欺罪は刑事告訴になるので人生を狂わせないよう。また、ロジクールが交換品のP/Nを控えて発送していたなら転売や譲渡すると受け取った側に迷惑を掛ける上、登録した個人情報より悪質ユーザとされる可能性も考えられるので悪用はやめましょう。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。