データ復旧「IUEC」より修理費用の見積が来たので公開

2010年6月 1日

前回、有限会社IUECの口コミや評判を広めるような記事の続き。

念のためもう一度書きますが、前回とこの記事はIUECから金を貰ったり宣伝を依頼されたわけでは無く、私が勝手に評価するというシリーズの一つで、IUECとは関係無い事を前置きます。

信用ならない業者の特長を5つ挙げ、その中から4件は解消されています。

  1. (復旧費用は上限無しなのか?)<まだ
  2. 提携企業による本物のクリーンルーム有り
  3. 作業内容が詳細に書かれており進捗も分かる
  4. 検索するも悪いどころか良い評判も見当たらない
  5. 具体的に技術的な知識を公開し、無料ツールも開発

私は個人として信頼出来るとしましたが、やはり問題は修理や復旧の費用。

他の業者では、軽度な理論障害は3万円より、重度は7万円より、分解が必要になると10万円より、企業用のデータベースやRAIDはご相談下さいとなっており、全く見当が付かない状態。

最低限3万円ならもしかすると300万円になるかも知れず、そこまで上がる事は考えられませんが、何と言ってもデータ復旧費用の相場が私ら消費者には分からないため、実際に依頼して見るしか有りません。

前置きが長くなりましたが、有限会社IUECに駄目元で見積を依頼。

何が駄目元かと言えば、こういう時にいくらかかりますか?という、仮想で故障した状態を適当に提示し見積を出してくれという非常識とも思える内容。やったのは私ですが、答えが返って来るとは思わず。

メールの内容を公開して良いか問い合わせた所、全て公開して構わないという返信まで戴きました。IUECは何を考えているのか判りませんが、有難く状況を共有させて貰います。

 

IUECのメール返信よりデータ復旧費用4種類(上限金額付)

メールは全文公開可とされ、問い合わせた私が驚きましたが、そのまんま貼り付けると見づらいため、本文の意味を変えず形成して書いて行きます。

私からIUECへの問い合わせ。

データ復旧に際し、目安となる費用を差し支え無ければ下記の4パターンより御回答頂けたらと思います。可能ならば「○円より」という青天井な表現ではなく「この場合は約○円」が明確で良いと思います。

費用の下限のみ判っても意味が無いための提案。

バーチャル見積用のHDDは、私が普段使っているDドライブのSeagate250GB。

ST3250410AS

  • Firmware version : 3.AAA
  • Buffer size      : 16384 KB
  • Standard         : ATA/ATAPI-7 - SATA I
  • Partition     : 1
  • Capacity      : 238472 MB
  • Usage         : 80.79%
  • Type          : NTFS

SATA接続の1パーティション、使用率は約8割。

このデータが消えた、またはハードディスクが故障した場合を想定し見積をして下さいという依頼。もちろん、私は客では無くブログの記事にしたいから答えてくれと前もって伝えております。

具体的に4種類。

1.パーティション解放によりデータが見えない状態

市販ソフトでツリー構造まで簡単に復旧できる状態。

領域を開放してしまったり、フォーマットした直後になるかと思います。市販で1万円前後、安いアプリケーションなら8千円程度で復旧出来るかも知れない。以下、IUECからの回答。

こちらは論理障害の中度に該当いたします。
250GBの場合、42,000円~52,500円(税込)です。

部分的では無いため中度とされているのでしょうか。

データ復旧業者に任せると軽くこの程度はかかると考えた方が良さそうです。市販ソフトで復旧を出来るのだから依頼する必要は無いと私は考えます。

以前、バックアップに関するアンケートを取った際、業者へ依頼する数は非常に低く、やはり高額な費用が大きな原因と言えそうです。

この価格でデータ復旧を依頼するユーザは少ないかと思いますが、家庭使用でも消えてはならないデータや法人の顧客データなど、4~5万で確実に復旧したいなら有りでしょう。脅かすわけではありませんが失敗すると本気で消え、更に高額な復旧費用が必要になる為。

しかし、IUEC担当の返信はここで止まっておりません。

また、救出対象がデジカメ画像の場合はフリーよりございます。
http://www.iuec.co.jp/fromhddtossd/photo.html

こちらは対象ディスクと保存先を指定するだけで、復旧されたデータが自動的(連番ですが)に書き出されます。容量制限等はありませんので、フラッシュの他、HDD/SSDにもご利用いただけます。

※ ファイルシステムとは無関係に修復できるため、論理障害重度やマック、その他のシステムでもご利用いただけます。
※ 現在、WindowsPEにて動作を確認中となっております。これで動作できれば、CDより起動して修復を試みることが可能となります。

軽度のデータ消失なら、自社制作のフリーソフトを使うという提案。デジカメ画像に限られるようですが、無料で試せるので画像データならやってみる価値は有るかと。

2.不良セクタ増殖によりディスク全体の5%、データの1%が破損

破損データの復旧可否と、その他データの復旧費用。これに対しIUECの回答。

こちらは物理障害の軽度~中度に該当いたします。拡散せず一部で止まっている場合は軽度、拡散している場合は中度となります。※ ディスク全体の5%でも、それで止まっていれば軽度です。

価格に関しましては、63,000円~84,000円(税込)です。

初めの理論障害の復旧費用が高いと感じた為か、物理障害で6~8万円は納得出来そうな気もしますが、やはり高額な事に変わり有りません。ここから先は、市販ソフトでの復旧は難しいというか出来ないと思うため、どうしても必要なデータで8万円まで出す覚悟が有るなら本気で見積を依頼しましょう。

現物を送り見積が返って来て、そこで続行を依頼すれば追加料金は無いと説明が有ったと思います。

3.クラッシュしておりヘッドがメトロノームのようにノック

分解が必要と思われる状態。確実にクリーンルームの出番です。

クリーンルームにて分解する作業を必要とする場合は、物理障害の重度Cに該当いたします。価格に関しましては168,000円~189,000円(税込)となっております。(基本は168,000円)

ただ、一部機種・症状によってはプラッタの損傷度が低いため、安い場合がございます。

例:東芝製ハードディスク全般(63,000円~126,000円)、ヘッド吸着(105,000円~147,000円)等

カツンカツン言ったり、キーカシャという異音がして起動出来ない状態。

さすがに高額で19万円近く必要になる事も有り。基本が168千円と書かれているため、クリーンルームで分解して貰うには最低でも約17万円と考えるべきでしょう。そこまで出せないデータなら、バックアップしていなかった事を反省し諦める事です。

4.(ハードディスクの)電源が入らない

基板の交換が必要と思われる状態。と書き添えましたが、そう簡単な症状では無いようで、多くの補足が有りました。お手数かけました。

全く動作できない場合は、基板の交換の他、内部回路の修復、ファームウェア修復がございます。基板自体を取り替える場合は、難易度により価格が分かれております。特に最近の機種(3.5インチにて500GB以上)では、交換作業に加え、ファームウェア等の処置が必要となる場面が多いです。(42,000円~84,000円(税込))

内部回路の修復に関しましては、安全装置が切断されるなどの例が多くを占めております。安全装置が切断された原因を探り、そのほとんどは自分自身の劣化で他は正常な例が多く、このような場合は切断された箇所を修復することで復旧いたします。

この処置は比較的簡単なレベルに属しますので、論理障害中度の扱いで対応いたしております。(42,000円~52,500円(税込))

ファームウェア修復に関しましては、物理的な動作は可能だが、肝心のデータが一切読めない場合に有効です。ファームが損傷いたしますと、プラッタから得た情報をデータに変換できず、エラーが出るためです。

ファームウェア単独破損の他、実際にはヘッドクラッシュやモータ焼けなどの原因に重なって起きております。(複合の場合、最も重い障害に関するお見積が適用されます)

勉強になりました。基板のみでは無く内部回路やファームの修復など複数の原因、またはいずれかによりハードディスクの電源は入らなくなる。

修理現場では、電源の入らないHDDは新品に交換>外したHDDはメーカー修理へ、という流れであり、私が原因を知るわけも無く知ったかぶりをしておりました。失礼。

 

IUECのデータ復旧は高額かも知れないけれどお勧めする理由

やたらと高い高いと書きましたが、他のデータ復旧業者とは比較出来ない事が多く、その原因は何度もしつこいですが料金の上限が判らず、とりあえず送ってくれという状態。

私に言わせれば信用出来るかどうかも判らない業者に自分のデータが入ったHDDを送れるかという考えが先に来ます。送るから先におおよその金額を教えてくれ、とは依頼する側の言い分で有り何もおかしいとは思えません。

しかし、業者の多くは見てから決めるという料金形態で、中には電話の話し方や態度や状況を判断し上下させる事も有るようです。リンクしたい所ですが、この記事を汚したく無いためサイト内や外で検索して下さい。

IUECが信頼出来るというまとめとして。

  • 公式サイトの技術的な情報が半端無い
  • 私の漠然とした質問でも上限金額を提示出来る知識と経験
  • 料金を含む情報を公開して良いという自信

出来れば世話になりたくない業者では有りますが、どうしても復元出来なければ困るというデータをぶっ壊してしまった際は、IUECは信用の面で他社を大きく引き離していると感じます。

もちろん、データ復旧を依頼した事の無い私が書いているだけで、実際には他の業者でも快く安く取引出来る事は有りましょう。当然ながら、適当な商売ばかりしている業者なら既に潰れているはずです。

有名所だから安心という考え方も否定はしませんが、珍しく私がお勧めするデータ復旧業者「有限会社IUEC」で見積だけでも取って見て損はしないでしょう。

情報公開を快諾戴いたIUECご担当者様に感謝致します。有り難うございました。

信用出来るお勧めのデータ復旧業者として左カラムよりリンク申し上げます。

リンク用ソース

コメント(2)

どんな仕事でも、そうですが
明朗で正直。何より誠実な対応というのは気持ちいいものですね。
全文公開してもかまわない。というのは、いかにもやましいところはないですよ
と好感をもてますね。


ひつじ先輩がこの業者の姿勢がサイト見ればわかる。と書いてありましたが
確かに。いちいちに感謝の姿勢がありますね


自分は空調業界で働いていますが、おもしろいことに配管施工を一目みれば
その施工業者の姿勢や技術力。仕事に対する想い。どんな仕事をしたのか?すべてわかります。


どんな業界でも同じではないでしょうか?
いい加減な仕事するとこは全てロクでもないです。
お金がもうかっているとかはまた別の話ですが…

ひつじ先輩、静音についての特集とかをしてもらえないでしょうか?
どこまで効果があるものなのか、どこからはオカルト領域なのかわかりません…
ひつじ信者としてはひつじ先輩の見解を知りたいです!

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

期間限定の特集など


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

広告

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。