[おまけ] インテルSSD335シリーズ240GB見るだけレビュー

2012年11月26日

ツクモの通販で購入したSSDが納品。

SSDの正式名称は、Intel 335 Series SSDSC2CT240A4K5(リセラーBOX)という物で標準で3年保証が付いております。購入したものの私の平常運転、接続する気が今はまだ無いという事で放置プレイへ。

休み明けのおまけなので短めに参ります。

インテルSSDのリセラーBOXとリテールBOXの違い

今回購入したインテルSSDは、ツクモの販売ページではリセラーBOXと記載。この言葉が初耳なので調べると、リテールBOXとの違いは付属品との事。

リセラーBOXの現物の写真はこちら。

335-series-SSDSC2CT240A4K5-reseler-box.jpg

リテールBOXはインテル公式ページより拝借。

intel-ssd-retailbox.jpg

source:インテル ハイパフォーマンス Solid State Drive — 限定保証について

リテールBOXには、SSD用のシリコンケースのような物とUSB接続用のケーブルが付いており、外付前提ならこちらの方が良いかも知れない。USB端子は中が青いので3.0対応と推測。

私の場合はデスクトップPCへの内蔵、2.5インチベイも有るけれど取付場所が気に入らないのでマウンタだけ欲しかったものの、外付け用を除くケーブルやネジなど一式が付いておりました。事前に調べていたのでマウンタは購入しておりません。 

ベンチマークは価格コムでいくつか上がっているので参考に。おそらく私がやれど似たような結果になるかと。

cdm-interl-335-240gb-kakaku-com.jpg

source:価格.com - インテル 335 Series SSDSC2CT240A4K5 レビュー

4KBのランダム読込が低めな以外は凄まじい速度。

その遅めとした4Kランダムリードさえ、現在私が使用しているHDDと比較すると、数値での比較なら余裕の桁違い。

 

データ移行(ストレージのクローン)は無料ソフト有り

リセラーBOX現物写真の左、紙のマニュアルのような物はマニュアルでは無く、データ移行に関する英語での案内。

何の事か良く分からず、とりあえず指定のURLへ行ってみると専用のデータ移行ソフトが無料で用意されておりました。さすがインテル様の御SSD。

Data Migration Software
http://www.intel.com/jp/consumer/Shop/diy/features/ssd/migration/index.htm

intel-diy-Data-Migration-Software.jpg

ツールそのものはAcronis(アクロニス)。移行先のSSDはインテル製品専用となっており、ダウンロードし実行するとデータの移行が簡単に出来るご様子。

intel-dms-4-03.gif

ボタンに「Clone(クローン)Now」と書かれているので、旧ストレージから丸ごとSSDへ移行出来るのでしょう。要するに見た目が違えど中身が同じになる仕組。

コピー元ストレージの総容量が大きく、激安デュプリケータなどでクローン不可な場合でも、これなら旧ストレージのデータ総容量>インテルSSDの総容量なので使用量次第。

どのくらい時間を要するものか試してみる予定なので、結果が出次第日曜のまとめ雑記に書くかも知れない。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。