SLCのNANDメモリ搭載ハイブリッドHDD「Momentus XT」

2010年5月26日

Seagateがハイブリッドハードディスクを発売するようです。

GIGAZINEやEngadgetより速く情報をゲットしたとやり遂げた感が有りますが、私がそのようなオタク情報をニュースサイトより早くキャッチするわけが無く自作変態御用達の上田新聞さんより。

PINUPS - 上田新聞 blog版: SEAGATEが4GB SLCを搭載したハイブリッドHDD Momentus XTを発表
http://nueda.main.jp/blog/archives/005003.html 

SEAGATEがノートパソコン用の世界最速HDDとなるMomentus XT Solid State Hybrid Driveを発表しました。

発表と有り更に海外での話。しかし価格が出ており発売は遠く無いのでしょう。

上田新聞さんにも貼ってありますが動画で比較が有ります。

一応説明を入れると

  • 左上:SSD(フラッシュメモリに記録する、回転しないHDDの代用)
  • 右上:Momentus XT(今回ネタにしているハイブリッドHDD)
  • 左下:1万回転のHDD(普通は7200回転、ノートや大容量は5400)
  • 右下:7200回転のHDD

1分半ほど英語で説明されますが飛ばし、1分33秒付近からWindows7が起動され延々と比較が続きます。時間が無い人の為に起動から35秒付近を撮って参りました。

SLCのNANDメモリ搭載ハイブリッドHDD「Momentus XT」

Windows7を持っていなければ何の事やら判りませんが、左上のSSDに続き約1~2秒後に右上のハイブリッドHDD、左下の1万回転HDD、右下と続きます。これを見るのみではSSD凄いで終了です。

しかし見所は価格。

seagate momentus xt price

via:Seagate's Momentus XT Reviewed, Finally a Good Hybrid HDD - AnandTech :: Your Source for Hardware Analysis and News

普通のHDDが50~85ドルの所、113~156ドル。高い(マテ

250GBでは7千円、500GBで比較すると9千円程の差が有りますがSLCのソリッドステートなメモリが付いています。安いSSDに使われているMLCより寿命が確か10倍とか。そして何より高速。

Seagateの公式によると、普通のハードディスクより80%の速度向上が見込めると有り大いに期待出来ます。ハードディスクが1~2TB必要になる人間は何か一般的では無い事をしていると勝手に想像すると、これが普及すると普通に高速なHDDが出回るという事に。

特長は

  • SSD程の速度は無いが1万回転のHDD(500GBで4万円くらい)より高速
  • SSDより安い、または大容量なので起動用に1本買えば事足りそう
  • Seagateの保証なら5年が普通に付いて来る

以上のように、これは来たと飛び付いたものの、英語のページをググりながら読んで行くと、賛否両論というか悪いイメージの方が強い印象が有りました。

  • Seagate何やってんだ
  • 過去に何度も、2007年にはSAMSUNGが失敗しとるだろう
  • SSDが安くなるのだからハイブリッドとか要らない

安く高速、しかもSLCのSSDもどき4GBが小判鮫状態。しかし今までは中途半端過ぎて流行らなかったハイブリッド。

USB3.0やeSATAなど外付を考慮したバックアップにも最適でしょうと書き締めようかと思ったものの、良く考えなくとも普通に見てこれはハードディスク。回転もすりゃクラッシュもします。

高速なストレージ(SSDなど)は起動ディスクやキャッシュ用にしてこそ本領を発揮するもので、バックアップ用や滅多にアクセスしないデータ倉庫などの用途としては勿体ない。

中途半端と言わざるを得ませんが、1万回転のHDD性能が激安と考えるなら、ファイルへのアクセスが多いと思われるFSP(オンラインのガンシューティングゲーム)など、限られた激しい用途なら有りかも知れません。

専門用語まみれの英語を心で感じながらふと思い出しましたが、これで良いのでは無かろうかと。お試し2時間x日数無制限。4千円でReadyBoostもどきが使えます。

XPでReadyBoost機能が使える「eBoostr」を使ってみた - BTOパソコン.com

アンインストールが面倒なので毎回2時間試用していますが、効果が切れても何も変わらない。しかし私のPCはメモリ1GBしか載っておらず、メモリ2GB以上なら有る程度の高速化は期待出来そうです。

リンク用ソース

コメント(2)

ヒツジ先輩、今日は。
私は以前、HDDは1万円の物を買うようにしていました。
今でも同じと思うのですが、そのあたりの物がGBあたりの値段が最安になるためです。ただし、現在はそんなに容量はいらないので500GBあたり(4千円程度)を買います。
さて、Momentus XTの250GBは、どうも1万円超ぐらいなので、本当に発売されれば、しばらくすると私のストライクゾーンに入ってきそうです。
ラプターやSASよりは遙かに安いので起動用にと狙っています。
「Seagateの保証なら5年が普通に付いて来る」というのは微妙ですね。
壊れても代えてくれると言うだけで、データは戻ってこないのでバックアップは必須なのは変わらないし、起動ドライブとしてみた場合、せいぜい2年ぐらいでさらに高速タイプな物(例えばSSDの値段が下がった場合とか)に入れ替える可能性が高いです。
自作変態としてはせいぜい3年保ってくれれば十分と考えますので、その分いくらかでも安くしてくれと。
いつもながら下らないコメントで申し訳ないです。

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

期間限定の特集など


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

広告

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。