無料のftpsソフト FileZillaの使い方と日本語版ダウンロード

2010年2月25日

フリーソフト「FileZilla」の日本語版ダウンロードと使い方。

無料のFTPソフトと言えば昔からFFFTPが有名ですが、sftp(暗号化)が使えず危ないと言われる為、フリーかつ日本語化されているFileZilla(ファイルジラ)をお勧めします。

タイトルに日本語版と書きましたが、海外の本家サイトからダウンロードし、Windowsが日本語なら勝手に日本語になってくれます。問題は使い勝手ですが、FFFTP表示が近くなるよう設定を画像入りで解説します。

 

FileZilla(日本語版)の無料ダウンロード

FileZillaの公式サイト、トップページからダウンロードに進めます。

FileZilla - The free FTP solution
http://filezilla-project.org/ 

FileZilla(ファイルジラ)の公式サイト、トップページ

左は全プラットフォーム、右はWindowsのみWindowsサーバーとなっております。自称パソコン初心者なら右へ進みセットアップファイルをダウンロードどうぞ。左はMacやLinux版も有り、今回はこちらへ進みます。

FileZillaのWindows32bit版をダウンロードする

赤枠1番(上)はセットアップファイルなので、良く判らないならそちらへ。レジストリ汚染防止に下のzipを選択。どちらも同じプログラムファイルです。

クリックするとこんな画面が表示され自動的にダウンロードが始まります。

ダウンロード中または完了画面

開始しない場合は、ブラウザのJavascriptがオフになっているなど心当たりが有れば設定を直してリロード(再読込)をどうぞ。

zipを解凍した時のフォルダの中身です。

ファイルジラのフォルダの中身

赤い「filezzila.exe」アイコンをダブルクリックすると実行され起動しますが、その前に保存する用の適当なフォルダへ移動しショートカットでも作っておきましょう。

 

FileZillaの設定と使い方

起動直後の画面。

filezzilaを起動した直後の画面

FFFTPとは違いツリー構造まで表示されております。HDDが4台とか光学ドライブが沢山有りますが気にせず。普通はもっとスッキリしているかと。

起動し5秒見つめて閉じて削除 などはせず、上のメニューにある「表示」をクリックし何を表示させるかを設定します。FFFTPを使った事が無ければ色々いじって使い易いよう好きにやりましょう。

FilleZillaをFFFTPのような表示にする設定

「表示」から3ヶ所クリックして以下の項目を消します。

  • ローカル ディレクトリツリー
  • リモートディレクトリツリー
  • 転送キュー

転送キューは大量に受送信する際、何をしているか見えるため有っても良いかと思いますがモニタの解像度が低い、どうしてもFFFTPのようにしたいならオフ。するとこうなります。

FileZillaをFFFTPのように表示した画像

左がローカル、右はサーバです。

ログ表示がFFFTPは下、FileZillaは上になっていますが、これは変更出来ないようなので慣れましょう。とりあえず疑似FFFTPの完成です。

FileZillaの設定(さくらサーバの場合)

このブログはさくらサーバーで借りており、ftps接続が2010年2月から開始されました。他のレンタルサーバーもftps(sftp)接続の有無は命取りと考えているようで徐々に導入されるか既に有ると思います。

FFFTPの設定と比較しつつ説明します。

FileZillaのメニュー「ファイル」から「サイトマネージャ」を実行。

FileZillaの設定(さくらサーバー)

上がFFFTP、下はFileZillaの設定画面。

FileZilla左の窓に「BTOパソコンjp」が有りますが、「自分のサイト」をクリックした状態で下に有るボタン「新しいサイト」をクリックし新規作成。FFFTPで言う「ホストの設定名」にあたります。

ホストはそのままホスト。portはftpなので21番が標準ですが、一応FFFTPの拡張タブで確認を。FileZillaではサーバの種類で暗号化された接続を選択。さくらは上の通りで結構。

ログオンの種類は最初「匿名」になっているため通常に変更するとユーザとパスワードを入力出来ます。上の画像ではデモ用にパスワードを入力し*になっていますが空白にしましょう。毎回打つ手間を惜しまず。

FileZillaの設定その2

詳細タブに切り替え、ローカルディレクトリとリモートディレクトリの標準を設定。FFFTPの設定をそのまんまコピペで良いでしょう。さくらサーバなら他の設定は不要。下に有る「了解」をクリックすると保存され、接続をクリックするとサーバーへ接続を試みます。

証明の確認

初回接続が上手く行くとこのような画面が出ます。

左下に有る「今後もこの証明書を常に信用する」にチェックを入れて了解をクリックすると、設定が合っていれば繋がります。

実際の操作は若干違うものの、FFFTPより高機能で慣れたら使い易いかと。

以上、FileZillaのダウンロードから設定まで。

 

それでもGumblar(亜種、8080攻撃含む)は防げない

以前から数回、Gumblarの関連記事を上げましたが、Gumblarに感染しないため最低限やっておくことで書いた事に合わせて、ftps接続をすれば更にセキュリティレベルは上がると言えますが、Web専門業者の話では残念ながら完全にGumblarの感染を阻止する方法は無いらしいです。

改めてGumblar対策を箇条書くと

  • Windowsアップデートは常時最新(またはWindows XPを使わない)
  • AdbeReaderを最新にして設定からJavascriptを切る(または使わない)
  • Sun Javaを常に最新(使わないなら削除)
  • ftp接続は暗号化されるftpsを使用する
  • ftpソフトにパスワードを保存しない(レジストリに残っていれば削除)
  • ブラウザをChromeやFirefoxにする(IEは使わない)

サーバが貧弱なら大手Web屋が丸ごと乗り換える程の脅威です。私ら一般人でも感染すると自分のサイトが攻撃拠点になってしまうため、特にftp接続をしているユーザは注意しましょう。

ftpを使っていなくとも、感染し攻撃真っ最中のサイトへアクセスすると感染する可能性は有り、そのPCでftp接続するとGumblar(亜種含む色々)の本部から攻撃命令が出てバイオハザードしてしまいます。

パソコン修理の観点では、感染したPCの不具合でパソコンを修理に出してもリカバリ(OS再インストール)され、場合によっては保証規定外となり有料になるやも知れません。

更に、サイトが改ざんされた状態でアクセスすると再発するため、特にリカバリ(工場出荷状態)になるメーカーPCは気を付けましょう。Adobeリーダーなどが初めからインストールされているなら、基本的にメーカーはそこまでアップデートはしてくれません。

修理から戻り対策せず再度感染し、修理依頼を繰り返さぬよう注意というか、未だに修理現場に居る元仲間達のため「お願い」という事にします。

ブラウザは、FirefoxよりChromeの方が危険察知の感度が高いようです。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメント(2)

FileZilla最高ですね。私もお気に入りで使い続けています。
セキュリティーも高いけど、このソフトはFFFTPよりも断然通信自体が安定するんですよね。

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

マウスコンピューター

高性能: ★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★★

初心者: ★★★★★

令和時代の鉄板スタンダードなPC初心者向けメーカー。標準構成のバランス感覚が突出しており、私でさえケチを付けることが滅多にできない。性能の下から上まで幅広く実用的。

パソコン工房

高性能: ★★★★ 保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★

初心者: ★★★★

性能とパーツの相場がある程度わかる人なら標準構成が多いのでコスパ重視で選びやすい。同じに見える同じ価格でも仕様の違いがどうなのか判る人には最適。

ドスパラ

高性能: ★★★★ 保証: ☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★★

昔はドスパラ=BTOだったけれど最近は普通のパソコンに力を入れておらず、2018-2019年の偽インテルチップ中華SSDの件が未解決なので信用問題的に何とも言えない。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安定: ☆☆

初心者: ☆☆☆☆

10年以上前まではDELL=初心者向けの安いパソコン、それはもう通用しておりません。クーポン適用後が適正価格だと見抜けるパソコン詳しい人向け、または大人買いで割安になる法人向け。

日本HP

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★☆☆

コスパと性能以外にも見た目も重視したいならHPのノートも選択肢としてアリ。自社製造状態なのでBTO=ダサい印象は払拭されるかと。デスクトップは法人用、ゲーミングは海外向け。

TSUKUMO

高性能: ★★★★★ 保証: ☆☆

コスパ: ★★★★ 安定: ☆☆

初心者: ☆☆☆☆

昔のマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。機種が少なく特徴的な少数精鋭状態なので選べる人を選ぶが、それにしても選びにくい。

FRONTIER

高性能: ★★☆☆☆ 保証: ☆☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ☆☆☆

初心者: ★★★☆☆

フロンティア神代の解散後、現所長のパワハラがひどいとタレコミが複数あり、私から内情を運営会社へ伝えると逆ギレされて私を訴えるぞと謎すぎる返しがあり困惑中。

サイコム

高性能: ★★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★★

初心者: ☆☆☆☆☆

PC自作しない中~上級者向け、昔ながらの2chおっさん御用達な鉄板メーカー。動かない構成でも購入できるので初心者にはおすすめ不能。量産系BTOのようにコスパ悪くならないのでサイコムだけは自由なカスタマイズを激しくおすすめ。

※並びはBTOメーカーの知名度の順(暫定)で、大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
格安SIMなb-mobileを勝手に評価
格安SIMなLinksMateを勝手に評価

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。