ブルー画面や再起動の原因を簡単に見るフリーソフト

2009年12月20日

パソコンがクラッシュした理由を見るソフトWhoCrashedの使い方。

修理現場では、預かったPCの不具合症状が再現しない場合、システムのログやダンプファイルという大変見づらい英語を眺める事が有りましたが、それを簡単に表示する素晴らしいフリーソフトがライフハッカーで紹介されていました。

『WhoCrashed』はPCがなぜクラッシュしたのかを教えてくれるフリーツール:
ライフハッカー[日本版]

http://www.lifehacker.jp/2009/12/whocrashedpc.html

本当かよと疑いつつ無料なので使ってみました。

 

WhoCrashedをダウンロードしてインストール

Resplendence Software - Free Downloads
http://www.resplendence.com/downloads

crash-analysis-tools

Crash Analysis Tool と有る真下のリンク(WhoCrashed x.xx)をクリック。または右の Download free~をクリックすると実行ファイルがダウンロード出来ます。気に入れば右下のProを買えと。

インストールは説明するまでも無くいつも通りですが、くせでSSを撮ってしまったので凝縮して貼ります。小さく見え難いですが心で感じて下さい。

whocrashed-crash-report-flow

左上から右、そして下へ。画面はWindows XPです。

  1. ダウンロードした実行ファイルを「実行」
  2. セットアップするけど良いかい?良ければ「Next」
  3. 英文に同意したら I accept the agreement にチェックし「Next」
  4. フォルダを聞かれるので変えなければそのまま「Next」
  5. スタートアップに入れないならチェックを外す
  6. (起動時にご一緒したければチェックを入れて)「Next」
  7. デスクトップにショートカットを作るならチェックして「Next」
  8. 確認画面が出るので良ければ「Next」
  9. すぐに起動するならLaunch WhoCrashed にチェックを入れて「Finish」

というわけで、起動するとこの画面になります。

welcome-to-whocrashed

私のPCはdump(ダンプ)ファイルを読めるようMicrosoftからファイルを貰って入れていますが、無ければ案内が出るらしいので、そのままダウンロードしてインストールしましょう。

あまり関係有りませんがMSのツールはこの辺りから落とせます。

Windows 用デバッグ ツール: 概要
http://www.microsoft.com/japan/whdc/devtools/debugging/default.mspx

 

WhoCrashedの使い方とログの見方

 使い方とは申しましても、ボタンを一つ押すのみ。左上のAnalysis をクリック。

whocrashedの解析結果

一瞬で終わりスクロールバーが出現。下に何か書いて有ります。

異常無しというか記録無し

私のPCですがクラッシュした覚えは無いためAnalysis に何も無かったと表示。

これでは面白くないため、ブルースクリーンで再起動した事が有るPCにインストールして同じように試した所クラッシュの記録が表示。

whocrashedのクラッシュしたPCでのレポート

Analysis の内容が豪華になりました。

記録によると、2009年の10月26日 午前0時33分頃にクラッシュしたな?との事。その下に表示されている9行が大変見易い。しかもリンクは全て親切にGoogle.comの検索へと繋がっています。面倒なのでリンクはしませんがリンク先はこの通り。

  • http://www.google.com/search?q=nv4_disp.dll
  • http://www.google.com/search?q=bugcheck+Unknown
  • http://www.google.com/search?q=NVIDIA Compatible Windows 2000 Display driver, Version 175.16
  • http://www.google.com/search?q=NVIDIA Corporation

原因となったと思われるモジュールの検索、ドライバや企業(GeForceなのでNVIDIA)が検索され、しかも余計な事が書かれておらず大変見易い。良いフリーソフトです。

 

Windowsが起動する前の記録は取れない

当然ながら、WhoCrashed に限らずWindowsが起動していないタイミングでのクラッシュは記録されません。電源を入れWindowsのロゴが流れてログオンした後に記録が始まる為です。

また、上記の場合でも本当にグラボ(nv4_disp.dll)が原因かは100%では無く、そこがトリガーになっている可能性が有るという事実を記録しており、不具合の原因解明を助けるもの。

マザーボード(BIOS)が出すエラー音、ブルースクリーンのSTOPコード然り、今回のダンプファイルもそうですが、不具合の有るパソコンで完璧な不具合解決用の記録は無理。

エラーコードなどを見てメモリが悪い、HDD不良だと結論を急がず、最終的には実際にパーツを交換して初めて原因が解るという特徴がパソコンです。

徹底的に検索などで調べる事は重要かつ大いに結構ですが、知ったかぶりの自称詳しい人間や趣味の延長レベルの修理業者に騙されぬようご注意下さい。

検査する手段は多いに越した事は有りません。

Resplendence Software - Free Downloads
http://www.resplendence.com/downloads

 

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。