Windowsが固まる症状を修理(Dimention-4500C)

2009年11月16日

利用ユーザ様いわく「Windowsが起動した後に固まる」という不具合。

メーカー修理はとうの昔に辞めていますが、今回は知り合いからの特急依頼で私が預かりました。いや、ブログのネタにしようとかそういう意味ではもちろんあります。

OS起動後とは申しましても、固まるタイミングや操作がどこまで可能かなどの詳細が必要では有りますが、実機を預かるなら固まる不具合を解消し、ハードウェアテストをすれば良いわけです。

他人のPCの画面を撮って上げるわけには行かないため、文字まみれ御容赦あれ。

 

実際の不具合の詳細と、いくつかの対処法

  1. 機種はDELLのDimention-4500C(2002年製、Pen4-120GB-256MB)
  2. 電源オン後、BIOS設定のログでキーボードエラーが数回記録
  3. OSは、Windows XP HomeEdition でログイン画面までは正常起動
  4. アカウントは2種類、パスワード制限無し、管理者Aを選択
  5. 砂時計消えた後、マイコンピュータやフォルダをダブルクリックすると固まる
  6. 固まった後は、時計も停止しキーボード操作不可。マウスのポインタは動く
  7. 数回再起動させ、ログイン画面で放置するとこの時点で同様の症状
  8. HDD、RAM、BIOSのハードウェアテスト正常。ノートンチェック正常。
  9. OSインストールテスト正常(Pen4はCPU不良の場合、途中でエラーが出る)

 6で今流行のウィルス(Torojan.Win32/Daonol.H)の症状が疑われますが、ノートン先生の最新で検査しオールグリーン。画面が真っ暗になったりはしないため、問題はWindowsに有り。

ここでレジストリを修復するとして応急処置のような事をする業者も存在しますが、約7年ぶっ通しで使ったXPは再インストールした方がよろしい。レジストリ全体が度重なるアプリケーションのインストールプレイでハァハァ状態の為です。

メーカー修理の場合

HDDに異常が無ければOSをクリーンインストール。要するに全部データは消えて工場出荷状態になります。それならリカバリディスクから自分でやれば良かろうと。

地元などに有る自称を含むPCサポート業者の場合

業者の判断によるため想像ですが、デスクトップに「旧HDDのデータ」などのフォルダを作り、マイドキュメントを流し込む。または、システムやプログラムファイル以外をバックアップ。お気に入りやメールは別料金になるかと妄想 。バラ売りは結構高い。

今回できる最善の復旧は

私が判断するに、Windowsのシステムがぶっ壊れているわけで、それを切り離せば正常に使える。普通に再インストールしては面白く無いので、9割以上を再インストールで復活させます。Windowsの修復インストールも中途半端なためやりません。

自分のパソコンなら何でも有りですが、他人のパソコンとなれば話は別。レジストリやシステムの修復、復元で、後々不具合が出ても困るためリセットします。

 

システムファイル以外を丸ごとバックアップ

バックアップしないフォルダとファイルは2箇所

  • C:\Windows
  • Cドライブのルートに直接置いてあるファイル

データ容量は約60GB。

USBでは遅くやっていられない為、まずは私のスーパーPentium4パソコン(サイコムのRadiantとも言います)に、SeagateのSATA-HDDを接続。元のHDDはPATAの為、使わない光学ドライブのケーブルを抜いてIDE接続。

WsternDigitalのHDDから、SeagateのHDDへバックアップ

立っている方がDELLに入っていたHDD。右下で寝そべっている方がバックアップ先のHDDです。一応考えて置いているため、真似はしない方がよろしいかと。

ついでに撮った変態CPUファンのアンディーサムライ。約3ヶ月前にCPUクーラーとリヤファンを交換しましたが、ヒートシンクでは無くファンの周囲と羽根にホコリが付着しています。ウェットティッシュで拭き取り。

andy-samurai-cpu-fan.jpg

約60GB、IDE->SATAで40分かかりました。

 

DELLのリカバリディスクから予備HDDへOSを再インストール

写真を撮り忘れましたが、DELLのリカバリディスクとは名前のみ。普通のメーカー製リカバリとは違い、Windows XP(OEM版)がインストールされ、余計なアプリケーションが入っていません。ドライバも別のディスクから入れて行きます。

最新のドライバはDELLのサポートサイトに有りますが、素の状態ではLANさえ認識しません。チップセット、イーサネットの他に、画面が640x480では操作しづらいため、グラフィックドライバも一度CDからインストール。

DELLサポートへ行けば今回はサービスタグ(PC固有のシリアル番号)が有る為、入力する事で一式丸ごとの一覧が表示されます。

デルのサポートよりサービスタグを入力し、ドライバなど一式をダウンロード出来る

下の写真では、画像中央のシール2行目に有るService Tagと書かれた行がそれで、本体の背面にも大きめに貼られています。

DELLのディメンション4500Cのフロントより

ここまでの手順

  1. 不具合をある程度特定(Windowsに支障有り、ハードウェア正常)
  2. データを別のHDDへバックアップ、更に別のHDDへOSインストール
  3. Windowsアップデートを最新、ドライバも最新へ

続けようと思ったものの、ここまで書く為に1時間費やしたため、明日へ続きます。

次回のお品書き

  • ユーザ毎のデータを復旧し、きれいなWindowsで再スタートして頂く
  • 現状の不満をユーザから聞き、増設やパーツ交換を提案

の2つでお送りします。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。