疑惑あるColorfulのNVMe SSDが安いので買うか迷う

2018年7月17日

ColorfulがM.2スロット用NVMe SSDを発売。

2.5インチSSDと同じく価格破壊状態での日本上陸しまくりとなっており、240GB以下ならスルーなところ、狙っていた500GBクラスも7月21日に販売開始するらしく買うべきか迷い中。

最後にミニアンケートございます。

価格コムには未掲載なのでプレスリリースより。

  • CN600S 480GB:15,980円(税込)
  • CN600S 240GB :8,980円(税込)

source:COLORFUL、NVMe M.2 2280 SSD | リンクスインターナショナル

発売時の希望小売価格がこれなら数ヶ月で1.5万円を切るのではないかと予想。個人的にストレージ代は1個1.5万円までと決めているため、もし切れたなら購入してみたいような、したくないような。

実測公開してる点はスーパー評価したい。全メーカーCDMしろ。

CN600S-480GB-HMB

source:CN600S | リンクスインターナショナル

シーケンシャル余裕の4桁は普通にOK、個人的にはどうでもOK。

ランダムも含めどうでもいいのだけれども、SATA3で600MB/sが限界な現在のSSDと比較して体感でどのくらい差がわかるか体験してみたい。

タイトルの「疑惑」とは?

詳しく知らないなら知る必要は無い気がしないでもない、あらすじ的に流れをまとめるとこう。

  1. TwitterでPC詳しい人がColorfulのチップが変だと気付く
  2. 他の人も別メーカーの中華SSDを開いてみると廃棄チップ
  3. リンクスインターナショナルは「そんなわけないだろう」と反論

2番は関係ないのに1と混ぜてColorful=廃棄チップと思っている人が居そうですな。1はインテルのロゴが偽物っぽいという話に始まり、中国Colorful製品の国内代理店なリンクス~がプレスリリースで本物と御墨を付けた。

なぜ疑われたのか?

インテル純正のチップとロゴの形が微妙に違う、少し雑な印字だったため偽物では?という話が拡散し2chへ飛び火。

おそらくColorful製品が意味不明な数割安い価格で新製品連発していたため、その理由付けとして偽物や廃棄チップなどの話へとつながっていったのでしょう。

BTOパソコン=安い、なぜ?=品質が悪い、と似た感じ。理由がわからない人は理由を探したがるもの。

皆さんならどう判断する?

2択にしてみましょうか。

  • 中国メーカーだとか疑惑あるなら避けたい
  • 国内代理店のリンクスを信じて気にしない

しかしいざ自分が買うか?となると話は変わる可能性。

私も「NVMeのPCIe4倍速な500GB級が1.5万切れば買う」と思っていたけれど、本当にこれでいいのか疑問&不安。

3年保証があるとはいえ、自作PCユーザは得てして面倒くさがりであり、保証あれども別の製品も試してみたい持病にて、インテル試してる、になるかも知れず。

5択で参りましょう。

疑惑ありSSDについて

結果のみ見るなら選択せず投票ボタン。※2018.08.06 締めて画像へ差し替え

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメント(4)

【SSD】 戦慄するほど書き込みが遅いSSDが見つかる。『KingFast F6 PRO 120GB』(2710DCS23-120)
http://blog.livedoor.jp/nichepcgamer/archives/1071955717.html

こちらも読むと面白いです。
用途を限定すれば有りかもしれません。
私は無償で手に入るなら使うかもしれませんが、買う事はないでしょうね。

価格というのは各人の相対的な主観で高い安いと判定されるため
高い安いを判断基準にすると製品に求めている本質の部分が抜け落ちる

安いからという理由だけで選択した製品が

求めているもの以下であれば
そのメーカーイメージはダメとなり

過不足なければ
そのメーカーは信頼度(ブランド)を積み上げる

求める以上であれば
その製品分野を牛耳れる

起業当初はメーカーも
製造者本人が欲しい物・あったらいいなという熱量が感じられるものが多く
製品が当たった場合、会社規模が大きくなるが
大きくなったあとは
「こういう製品がつくりたい」
ではなく
「株主様に配当をださないと」
「あの企業(安定と高給が)に入りたい」になるため
どこかの10みたいな求めてもいないモノをうわっなにをすr

>CN600S 480GB:15,980円(税込)
税込みでこの値段は安い。最近のSSDはどれでも速いので、少ない容量でRAID0を組む利点がほとんど無いのが少し寂しい気がしないことも無いです。

>BTOパソコン=安い、なぜ?=品質が悪い
せんべいをただ安売りしても売れないので、割れたから安いんですよと理由付けして売る割れせんべいに同じ。

>品質に疑惑あるSSDどう思う?
壊れたら壊れたで「安物買いの銭失い」を身をもって知ることができるから有意義ですがね。水清ければ魚棲まず。妙なメーカもちょこちょこ参入してくれた方が、市場の活性化に繋がるのでどんどん出てきて欲しい限り。

>狙っていた500GBクラスも7月21日に販売開始するらしく買うべきか迷い中。
先輩は常々電源に対し
「高かろうが安かろうが壊れる時は同じ」
と言っておられたので、SSDでもここは逝くべきでしょう。
システムドライブなんぞ、飛んだら飛んだで再構築すれば良いだけの話。
そんなの気にしてたらWin10なんぞ使えません。

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

マウスコンピューター

高性能: ★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★★

初心者: ★★★★★

令和時代の鉄板スタンダードなPC初心者向けメーカー。標準構成のバランス感覚が突出しており、私でさえケチを付けることが滅多にできない。性能の下から上まで幅広く実用的。

パソコン工房

高性能: ★★★★ 保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★

初心者: ★★★★

性能とパーツの相場がある程度わかる人なら標準構成が多いのでコスパ重視で選びやすい。同じに見える同じ価格でも仕様の違いがどうなのか判る人には最適。

ドスパラ

高性能: ★★★★ 保証: ☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★★

昔はドスパラ=BTOだったけれど最近は普通のパソコンに力を入れておらず、2018-2019年の偽インテルチップ中華SSDの件が未解決なので信用問題的に何とも言えない。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安定: ☆☆

初心者: ☆☆☆☆

10年以上前まではDELL=初心者向けの安いパソコン、それはもう通用しておりません。クーポン適用後が適正価格だと見抜けるパソコン詳しい人向け、または大人買いで割安になる法人向け。

日本HP

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★☆☆

コスパと性能以外にも見た目も重視したいならHPのノートも選択肢としてアリ。自社製造状態なのでBTO=ダサい印象は払拭されるかと。デスクトップは法人用、ゲーミングは海外向け。

FRONTIER

高性能: ★★☆☆☆ 保証: ☆☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ☆☆☆

初心者: ★★★☆☆

フロンティア神代の解散後、現所長のパワハラがひどいとタレコミが複数あり、私から内情を運営会社へ伝えると逆ギレされて私を訴えるぞと謎すぎる返しがあり困惑中。

サイコム

高性能: ★★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★★

初心者: ☆☆☆☆☆

PC自作しない中~上級者向け、昔ながらの2chおっさん御用達な鉄板メーカー。動かない構成でも購入できるので初心者にはおすすめ不能。量産系BTOのようにコスパ悪くならないのでサイコムだけは自由なカスタマイズを激しくおすすめ。

※並びはBTOメーカーの知名度の順(暫定)で、大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
格安SIMなb-mobileを勝手に評価
格安SIMなLinksMateを勝手に評価

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。