マウスコンピュータ 毎回BIOS画面が出る

2008年11月 8日

今回も検索より。

マウスコンピュータに限らず、電源を入れるとBIOS画面が毎回勝手に表示
されてしまうという症状はあります。

BIOS画面1

BIOSは「Award BIOS」「Phoenix BIOS」「AMI BIOS」の3種類が有名どころで
PhoenixはAwordに買収されたので、どちらもAwordになっていまして
上の画像はAwordです。Phoenix(今はAwordと書いてあります)はメニューではなく
タブのようになっていますが、内容の意味は同じです。


さて、「毎回勝手に表示される」ということは、BIOSが何か設定してくれと
言っていることが多く、ハードルの低いチェック方法として数点書いてみます。

自信が無かったら絶対にさわらないでください。

オーバークロックなどの項目を変えてしまうとハードウェアが故障したり
ドライブの設定を変えてWindowsが起動しなくなったりします。


・ CMOSの電池が切れている

 この場合、BIOSのCMOS項目で時間が製造年の1月1日になります。
 毎回、1月1日になるので、BIOSが「日時設定しなよ」と毎回促しているのです。

 設定は、DateとTimeを現在日時にするだけ。
 と言っても、マウスが使えませんので、全部矢印キーでの移動です。

BIOS画面2

 海外なので、日付は左から月、日、年、だったり、日、月、年と設定します。
 時間はそのまんま。

 変更するには矢印の上下ではなく(これ押すとカーソルが移動します)、
 PageUp、PageDownで数値を変えます。


・ ファンの回転数(制御)異常または警告

 マザーボード(BIOS)はCPUの温度を常に監視しており、冷却ファンなどの回転も
 監視したり制御しているので、ここに異常があると思ったら「大丈夫?」と来ます。

 BIOSの数値などに異常があると、その数値が赤や黄で表示されることが多く、
 解決するまで毎回BIOSを起動してくれます。

 配線が引っかかってファンが止まっていれば、取り除けば良いので簡単ですが
 時々止まったり回転数がずっと遅い場合は故障の可能性があります。
 直したり制御値をムリヤリ変えたりせず、検査修理に出しましょう。


・ 電圧低下

 パソコンは主に5Vと12Vを中心に動作しています。
 他にも3Vなど数種類の項目があり、いずれかが規定値を下回ると警告されます。

 この場合はどうしようも無く、電源装置かマザーの故障なので素直に修理へ。
 電源がそこらへんにすっころがっていたり、交換用のマザーがある変な人は
 交換してみましょう。というか、そんな人はこの程度のことお見通しですね。


結局、自分でどうにかできるのはCMOSの電池切れくらいです。

どうにか、と言っても電池交換はマザーの電池ソケットからボタン電池を取り出して
同じ規格のものと交換する、という立派な修理交換作業なので、無理しないように。

ちなみに電池切れの原因は「パソコン使わない時はコンセント抜いとこう」という
エコな人たちです。ご苦労様です。

主電源が接続されていれば、待機電力により電池の消費は抑えられます。
が、それが無ければ1年~2年程度で切れるものです。


他にも原因はありますが、見て解って何とかできるかも知れないのは上記程度です。

BIOS設定画面が毎回表示される時は「うざいなぁ」と思わず「な、何かあったの?」と
心配してあげましょう。電池切れなら、ほっといても問題ありませんが、他の不具合なら
故障へ向かっている可能性があります。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

マウスコンピューター

高性能: ★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★★

初心者: ★★★★★

令和時代の鉄板スタンダードなPC初心者向けメーカー。標準構成のバランス感覚が突出しており、私でさえケチを付けることが滅多にできない。性能の下から上まで幅広く実用的。

パソコン工房

高性能: ★★★★ 保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★

初心者: ★★★★

性能とパーツの相場がある程度わかる人なら標準構成が多いのでコスパ重視で選びやすい。同じに見える同じ価格でも仕様の違いがどうなのか判る人には最適。

ドスパラ

高性能: ★★★★ 保証: ☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★★

昔はドスパラ=BTOだったけれど最近は普通のパソコンに力を入れておらず、2018-2019年の偽インテルチップ中華SSDの件が未解決なので信用問題的に何とも言えない。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安定: ☆☆

初心者: ☆☆☆☆

10年以上前まではDELL=初心者向けの安いパソコン、それはもう通用しておりません。クーポン適用後が適正価格だと見抜けるパソコン詳しい人向け、または大人買いで割安になる法人向け。

日本HP

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★☆☆

コスパと性能以外にも見た目も重視したいならHPのノートも選択肢としてアリ。自社製造状態なのでBTO=ダサい印象は払拭されるかと。デスクトップは法人用、ゲーミングは海外向け。

FRONTIER

高性能: ★★☆☆☆ 保証: ☆☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ☆☆☆

初心者: ★★★☆☆

フロンティア神代の解散後、現所長のパワハラがひどいとタレコミが複数あり、私から内情を運営会社へ伝えると逆ギレされて私を訴えるぞと謎すぎる返しがあり困惑中。

サイコム

高性能: ★★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★★

初心者: ☆☆☆☆☆

PC自作しない中~上級者向け、昔ながらの2chおっさん御用達な鉄板メーカー。動かない構成でも購入できるので初心者にはおすすめ不能。量産系BTOのようにコスパ悪くならないのでサイコムだけは自由なカスタマイズを激しくおすすめ。

※並びはBTOメーカーの知名度の順(暫定)で、大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
格安SIMなb-mobileを勝手に評価
格安SIMなLinksMateを勝手に評価

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。