無線LANカード搭載パソコンでインターネットが切れる

2009年8月10日

原因は電子レンジです。

いや、私の環境でのことですが、無線なのだから当然周波数というものが有り、電子レンジに妨害され、電波が弱くなったり一時的に切れることは良く有ります。速度が元々制限されており、更に遅いとは何事か。というわけで、たまりかねて有線にしました。

先に無線LANとはどのような種類があるのかを書いておきます。
最近の良く見る規格は、このような型になっていると思います。

IEEE 802.11 a/b/g/n ドラフト

IEEE802.11(ドットイレブンまたはハチマルニーテンイチイチ)は無線の規格の名前で、意味は気にしなくて良いです。アイトリプルイーですねーとだけ覚えます。覚えなくても良いです。

その後のaやらbとかgが重要。
これが性能を表しています。

b ・・・周波数2.4GHz、最大速度11Mbps
a ・・・周波数5Ghz、最大速度54Mbps
g ・・・周波数2.4GHz、最大速度54Mbps
n ・・・周波数2.4GHz/5GHz、最大速度300Mbps

いずれも免許は不要ですが、aは屋内に限り不要となっています。
nは未定ですが、5GHzならば同条件になるでしょう。

「ドラフト」と付いているものはnのことで、まだどうするのか決まっていないため、規格のドラフト(下書きや草案)という意味です。決まればドラフトの文字は消えるのでしょう。

さて、Wikipediaの ここから盗み見た情報は以上として、私が今回電子レンジにやられていたものは「g」にあたります。「b」は遅いので使っていませんが同じ2.4GHz台なので影響を受けます。

無線LANの親機の設定でチャンネルが1~13(機種によって14)まで有り、電子レンジにかぶらない周波数になるよう変更すれば良いのですが、残念ながら1or13いずれも影響を受けてしまいました。

書き忘れましたが、私の無線LANボード(PCI)はIEEE802.11b/gです。
aは最近安くなりましたが、買い替えてまで無線にはこだわっていません。

サブで稀に使うノートや、修理依頼を受けた時にWEPキーを設定し、MACアドレスをご招待するだけの手軽さが良かったためです。これをデスクトップのみ有線にすることにしました。

まずはケーブルを購入。現場から数年も離れると島浦のローター状態。
CAT(カテゴリ)5が最高かと思っていましたが、7までありました。
※eはエンハンス

CAT6 ・・・ 伝送帯域250MHz
CAT6e ・・・ 伝送帯域500MHz
CAT7 ・・・ 伝送帯域600MHz

いずれもギガビットなので気にしなくて良いと思います。
気にするのは値段で、CAT7は10mが7千円とかアホかと。

そんなセレブケーブルは要らず、CAT6が10m1200円だったのでこれで。

LANケーブル、カテゴリ6

以前購入したフラットタイプが簡単に断線したのですが、懲りずに、というか切れないような配線にすれば曲げ易いためフラットにしました。踏んだり蹴ったり挟んだり、などの環境には向きません。


10メートルと言えば、相当な大きさになるはずですが、手のひらサイズです。
これには驚きました。プラグの大きさから判ると思います。

10メートル、LANケーブル


名前を忘れましたが、横一列の何とか方式です。
1本毎にジグザグになる方(alternate?)が良いらしいですが気にしない。

LANケーブル


色々書いてありますが、CAT5以上で100BASE-TX有れば大丈夫。ヨリ線は長過ぎると弱いですが、曲げなどのテンションがかかりにくいため、フラットには単線よりもヨリ線の方が便利です。

LAN


無線LANのボードを抜くのは面倒なので、ネットワーク設定で無効へ。

有線LAN、イーサネットの設定は「?」がうざくBIOSで切っていたので、Disable(ディセイブル)->Enable(イネーブル)へ、無効から有効にしたという意味です。

速度は光の100MBで、無線時に下り16MB、上り1MB出ていたものが、下り20MBで上り2MBに上がった程度で体感ではわかりません。しかし電子レンジの影響を受けないという最大の利点を手に入れました。


IEEE802.11a対応の無線LANセットならば良いのですが、やや古め、または安いノートなどにはaが付かないことがあります。nはもっと付いていません。

さりげなく規格の説明を入れつつケーブルも判りやすく解説してみました。
何となく判って頂けたでしょうか。


今回、私が勉強になったことは、家は意外と広いということでした。
10mでは足りなかったので、購入される時は必ず測りましょう。

畳を剥がすのは結構大変、という話でした。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。