ハードディスク丸ごとバックアップは必要か?

2009年6月15日

以前書いたパソコンの買い替えのアドバイスの記事でご質問とのことですが、質問ならば知恵袋などを活用頂くとして、私の個人的な意見も求められたので書きます。


丸ごとバックアップが必要な理由


クローンを作れば作成当時へタイムスリップできます。
これは、Windowsの設定やアプリケーションなどを丸ごと復活させたい場合に有効で、単純にこれを毎日やっていれば、クラッシュしても前日に戻れるなどかなり役立ちます。しかし現実的ではありません。

>100%ではない、5時間かかる
これはAcronisなどのソフトウェアでイメージを作ると考えて良いでしょうか。デュプリケータならば100GBの容量で10分程度、元と先のHDDが故障していなければ100%です。但し機器が5万~数百万円します。やはり現実的ではありません。


「丸ごとバックアップ」の定義


バックアップはコピーするとは限らず、クリーンインストールした別のHDDの増設として接続すれば、それはバックアップです。重要なデータや今使うデータをクリーンインストール側のHDDへコピーすればOK。買い替えると、使わなくなったPCのHDDを外し、外付HDDとして接続する、よくある方法でしょう。

私は1~2ヶ月でOS再インストールしているので、Cドライブにはバックアップが必要なデータは入っていません。マイドキュメントなどは全て別のHDDに設定しているので、週一で更に別のHDDと同期させています。

本当に重要なフォルダやメール(私はBeckyを使っています)は、USBにも保存しているので、何がどう壊れようがショックは皆無です。面倒かつHDDの買い足し費用が痛いですが。

DVDやCDに焼いてバックアップ

この方法も良く聞きますが、最早時代遅れでしょう。

面倒、時間がかかる、クローズすると追記できない、かさ張る、保存場所に気を遣う、書き込みに失敗していないか確認が困難。

安いメディアを買うと経年劣化で読めなくなることが良くあります。今これを読んでおり、子供の動画や結婚式の動画など、消えては困るDVDメディアをお持ちならばもう2~3枚コピーしておきましょう。DVD-RWの方が書き込みする層の質が高いため、価格も高いですがRWもお勧めです。

バックアップ手段としてDVD-RWなどで焼き直す手もありますが、私はあの遅さに耐えられません。容量も4GBと小さいため、それを超えるフォルダがあった場合に整理が面倒。

HDDが安くなっているので、外付け用のアダプタと素のハードディスクを何本か買っておき、それを使い回す方が手軽です。バックアップしない理由として「面倒」が多いと思うため、それを解決するためにです。1TB1万円以下なぞ、240MB(メガ)のHDDを4万円で買っていた私には信じられない激安です。


初心者の方に注意が必要なことは、コメントにもあった「マイドキュメント」です。

一見デスクトップにあるため、そこにフォルダがあるように見えますが、デスクトップ自体がCドライブの3階層目にあります。※Windows XPの場合

C:\Documents and Settings\(ユーザ名)\デスクトップ

マイドキュメントもデスクトップと同じ階層です。

C:\Documents and Settings\(ユーザ名)\My Documents\

マイクロソフトの罠で、特殊なショートカットと言えば良いでしょうか。

デスクトップにはファイルそのものは保存せず(置かず)、ショートカットだけに使用することをお勧めします。マイドキュメントは、Cドライブ以外にフォルダを作成し、そちらへ変更しましょう。

マイドキュメントのドライブ変更設定

移動を押せば選ぶことができます。

他にも、インターネットエクスプローラ(IE)を使っているならば「お気に入り」も変な場所にあります。

C:\Documents and Settings\(ユーザ名)\Favorites

メールソフトにアウトルックエクスプレスを使っているならばもっと複雑で、隠しフォルダにメールの内容がバイナリデータとして保存してあるため、手動でのバックアップは難しいです。

以上のような理由で、丸ごとバックアップが必要な理由は、そのパソコンを使っている人間にも分からない、意識していない場所に重要なデータが保存されていることから、初心者にはお勧めです。

丸ごとコピーすると大変な上、Windowsフォルダや隠しフォルダ、ファイルは移せないと思うので、外付けにしましょう。ということです。

元のHDDが残っていれば、アウトルックのような複雑なデータも復活させることができます。但し、手順を間違えるとメールの内容が一瞬で全て消えるため充分な知識を持って実行してください。データを移動し、アウトルックを立ち上げると初期化されます。

※上記は全てWindows XPでの話です。Vistaは知りません。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメント(2)

動画など(※)は容量の問題から難しいけれど、ほぼすべてのデータをインターネット上のサーバやGoogleに預けてしまっています。
リスクというものが存在しないわけではないですが、自分でバックアップを取ったり、HDDを買い足すよりかは、はるかに効率的ですね。
(※)僕の最近の悩みは地デジ番組のデータ容量が大きすぎて困ってます。圧縮できればいいのだけど、なにもいじれないので、最初からSDで録画して凌いでいるけれど。

Google便利ですね。
やり方は好きなのですが、私はどうしても無料モノが信用できず、カレンダーをメモ程度にしか使っていません。(検索はもちろんGoogleですが) Gmailも良いのですが、Becky!がそれ以上に高機能でやはりメモ程度。あらゆることがインドアなこともあると思います。

地デジを2回に分けて書こうと思うので、面白ネタがあったら教えてください。普通に使うと編集もできないというものが時代に逆行しているようで気に入りません。コピーワンスも暴れたくなりますね。

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。