日立GSTがWesternDigitalの工場を買収がヤバくない理由

2009年6月27日

今回はド派手に私の妄想日記です。

修理をしていた時、これだけは勧めたくないハードディスクとしてWesternDigitalがあります。日立やSeagate、古くはMaxtor(Seagateが買収)なども交換しましたが、WDの故障率は目を見張るものがありました。先月の話ですが、ひっそり出ていたこのニュース。

日立GST、Western DigitalのHDD円板製造拠点を買収 - ITmedia +D PC USER
http://plusd.itmedia.co.jp/pcuser/articles/0905/21/news041.html

タイトルを見た際、早とちりして「日立がWDの工場を買収?」と思ったのですが、円盤製造拠点を買収とあります。

Western Digitalが保有するマレーシア・サラワクの円板(サブストレート)製造拠点を買収することで同社と合意したと発表した。


サブストレートとは、磁性体を付ける前の型抜きしたアルミやガラスの正に円盤で、プラッタ(ディスク)のことです。円盤を作る工場を買収したのであって、ハードディスク製造工場を買ったのではありません。

昔風に言えば固定ディスクを作る工場ではないということ。


※続きますが、私の妄想です。

WesternDigitalの何がヤバイかは他のHDD同様の壊れ方をするものの、電源が入らない、要するに回転せずウンともスンとも言わない症状。そして、最も多い不具合としては電源は入るがヘッド(アーム)が動作しないものでした。

電源が入らない場合は外の基板を交換すれば入ることもありますが、そこが原因ではなく内部に何らかの不具合があってアーム(ヘッド)が動かなければお手上げです。別にそこまで修理していたわけではありませんが、他のメーカーと比較して多かったと思います。全くの体感です。

BuffaloやI/O-DATAも中身はWesternDigitalのハードディスクを入れているものが多くあります。以前も書きましたが、交換保証が長く安いためです。私が勝手に思っているだけですが、Seagate>>>日立>>その他>>WesternDigitalと感じます。

バックアップ用の外付けHDDは、自分でHDDを内蔵(増設)できない人には必須ですが、簡単な組み立てが判るならば、外付けのケースを購入し、中身となるハードディスクは別途単品で購入することをお勧めします。

丸ごとで買うと、多くは簡単には分解できないため、使い捨てになってしまうのです。保証がやや長かったりしますが、分解前提の組み立てならばHDDを複数本使い回せることも良いかと思います。

Seagateも壊れる時は壊れます。
ただ、WDは見るのも嫌です。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメント(3)

Western Digitalは結構壊れやすいという情報をちょこちょこ目にしていましたが、実際故障率も高いんですね。
有用な情報ありがとうございます。

いえ、これは私の【体感】なので、例えばWDが好きならば気にしない方がよろしいかと。
温度は日立、突然死はWD、Seagate贔屓な理由はMaxtorが個人的に好きなのかも知れず。

しかし、Maxtor健在時はHDD最大40GBなどの時代。
2TBが登場してプラッタなど、どえらいことになっていそうな構造で今何が良いのかは、やはり自分で選ぶしか無いでしょう。

タイトルにもある通り、私の妄想なので多少の参考程度にされてください。
しかしそれでも、WesternDigitalはお勧めしません。壊れ方が非道い。ような気がします。

推測や好みだけでHDDの性能を判断するのはあまりよくないですね。
日立は厳しい使用条件(温度を含めた)での検査を何度も行っていますよ。

WDは世界No.2のHDD企業です。
不良が多発するHDDがなぜ世界で売り上げNo.2になれるのですか?

一つの基板から1万~1.5万スライダーの磁気ヘッドが取れます。
製造工程で作りがあまりよくなければ、1万~1.5万スライダーの磁気ヘッド
は良好な出力が出せない可能性があります。
大手量販店が大量購入した場合ロットNo.も連番の可能性があるため
不良が多発することも考えられます。

しかしそれはどの会社でもあることで、それでその会社は悪い事には
繋がりません。

たまたまあなたが修理担当した時にWDの悪い基板にあたったと思いますよ?

これは余談ですが、日本人ほど勤勉で製造、加工技術のレベルが高い
国はありません。
今、海外展開し、国内生産が衰退していくのが残念でなりません。
日本国の将来を見ているようです。

ヒツジ先輩様いつも大変な修理をご苦労様です。
不良を出すことはあってはならないことですね。

最善の努力をいたします。
申し訳ありませんでした。

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

マウスコンピューター

高性能: ★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★★

初心者: ★★★★★

令和時代の鉄板スタンダードなPC初心者向けメーカー。標準構成のバランス感覚が突出しており、私でさえケチを付けることが滅多にできない。性能の下から上まで幅広く実用的。

パソコン工房

高性能: ★★★★ 保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★

初心者: ★★★★

性能とパーツの相場がある程度わかる人なら標準構成が多いのでコスパ重視で選びやすい。同じに見える同じ価格でも仕様の違いがどうなのか判る人には最適。

ドスパラ

高性能: ★★★★ 保証: ☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★★

昔はドスパラ=BTOだったけれど最近は普通のパソコンに力を入れておらず、2018-2019年の偽インテルチップ中華SSDの件が未解決なので信用問題的に何とも言えない。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安定: ☆☆

初心者: ☆☆☆☆

10年以上前まではDELL=初心者向けの安いパソコン、それはもう通用しておりません。クーポン適用後が適正価格だと見抜けるパソコン詳しい人向け、または大人買いで割安になる法人向け。

日本HP

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★☆☆

コスパと性能以外にも見た目も重視したいならHPのノートも選択肢としてアリ。自社製造状態なのでBTO=ダサい印象は払拭されるかと。デスクトップは法人用、ゲーミングは海外向け。

TSUKUMO

高性能: ★★★★★ 保証: ☆☆

コスパ: ★★★★ 安定: ☆☆

初心者: ☆☆☆☆

昔のマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。機種が少なく特徴的な少数精鋭状態なので選べる人を選ぶが、それにしても選びにくい。

FRONTIER

高性能: ★★☆☆☆ 保証: ☆☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ☆☆☆

初心者: ★★★☆☆

フロンティア神代の解散後、現所長のパワハラがひどいとタレコミが複数あり、私から内情を運営会社へ伝えると逆ギレされて私を訴えるぞと謎すぎる返しがあり困惑中。

サイコム

高性能: ★★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★★

初心者: ☆☆☆☆☆

PC自作しない中~上級者向け、昔ながらの2chおっさん御用達な鉄板メーカー。動かない構成でも購入できるので初心者にはおすすめ不能。量産系BTOのようにコスパ悪くならないのでサイコムだけは自由なカスタマイズを激しくおすすめ。

※並びはBTOメーカーの知名度の順(暫定)で、大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
格安SIMなb-mobileを勝手に評価
格安SIMなLinksMateを勝手に評価

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。