修理するならパスワードは不利、暗号化はデータ復旧困難

2009年6月19日

海外での話ですが、ノートPCを盗んだ犯人が自分の顔を内蔵カメラで撮った際にオンラインストレージに上がって逮捕されたそうです。これはすごい。

盗んだノートPCを使っていた窃盗犯、自動オンラインバックアップが原因でお縄 - スラッシュドット・ジャパン
http://slashdot.jp/security/article.pl?sid=09/06/01/0438253

持ち主がオンラインストレージを利用した自動バックアップサービスを利用していたことである。犯人の知らぬ間に、撮った写真はストレージサーバにアップロードされ、それに気付いた持ち主は直ちに警察に通報


これは自宅と会社、モバイルを頻繁に使うビジネス用途で日本でも使われています。自動的にバックアップするためパソコン同士を同期させることなく、要はサーバーにバックアップ。

今回は、偶然犯人が自分の写真を保存した(自動アップロードされた)ということで解決しましたが、IPアドレスのみ送信するならばフリーソフトがあります。

LocatePC, Free Theft Recovery Software for your PC
http://www.iconico.com/locatePC/

スタートアップには登録されず常駐もアイコンは見えません。1日1回、メールでIPを知らせてくれます。パスワードを忘れると消せなくなるのでご注意ください。

2年程前にB5ノートを持ち歩いていた時に入れていましたが、今は使っていません。英語ですが直感で解ると思います。


さて、修理とは関係無いことを書きましたが、盗難防止のために最近はデータを普通に暗号化したり、難解なパスワードでハードディスクまでロックするノートが出回っています。

セキュリティの面ではもちろん良いのですが、暗号化されたHDDが故障すると、物理的に修理して元のパソコンへ取り付けない限りデータを復旧できなくなります。

HDDがクラッシュしたり故障経験が無ければピンと来ないかも知れませんが、ハデに行かない限りデータは結構戻って来るものです。実際に私が今使っているHDD4本の中には10年以上前のデータが未だに残っています。これはバックアップや復旧成功によるものです。

まだ修理とは関係ありません。次です。

よくWindowsのログインに無駄にパスワードをかけている修理依頼者がいますが、これもやめた方が良いです。繰り返しますが、もちろんセキュリティの意識は重要です。しかし、Windows(XP以前)のログオン時のパスワードは簡単に破れます。

これはイレギュラーですが、ある依頼者が激怒して自分でパスワードをかけているにも関わらず、HDD故障に対してデータをバックアップするようクレームを出しました。

ちなみに怒れば怒るほどお客様センターは冷静かつ冷たくなります。

パスワードをクラック(突破)するわけですが、あるソフトを使えば5分程度で解除できます。フリーソフトでも可能です。そのくらいWindows(XP以前)のログオンパスワードは貧弱です。

6文字以内ならば簡単というものではなく、パスワードそのものを引き出せたり上書きできるので意味がありません。しかし、表向きはお客様のかけられたパスワードを破ることは倫理的に問題があるため「できない」のです。

空き巣に大切なデータを盗まれる、など妄想するのはご自由ですが、フルタワーやデータセンターではないのですから、ノートならば丸ごと盗まれます。デスクトップでも気合いの入った泥棒ならば持って行ってしまうでしょう。


本当にパスワードが必要ならば、指紋認証などの周辺機器も売っているのでそこまでするべきです。それもある化粧品を使えば破れてしまうのですが、ソフトウェアよりはマシでしょう。カードでロックしたり、USBキーなども良いと思います。

長くなりましたが、修理依頼をする、要するに自分で修理できずハードディスクのデータは消したくないのならばパスワードはかけないことです。OS上での検査ができないため、動作確認もできません。ナショナルブランド(NECや富士通、ソニーなど)ならばこの時点で工場出荷状態にされてしまいます。

余談ですが、私が盗人でノートPCを手に入れたら真っ先にフォーマットすると思います。

昔々ですが、IBM(でしたっけ?)のノートは、BIOSのパスワードが何をしてもクラックできず、中古やジャンクとして数百円で叩き売られていたことがありました。

最近のパソコンならば、BIOSにパスワードをかけて忘れても、CMOSクリアや電池を抜いて放電すればデフォルトの状態になります。設定は自分しか変更しないはずなので、これもやはりパスワードをかけてはいけません。

修理不能にされたり余分な工賃が発生する可能性があります。


更に余談ですが、見られて困る画像やアレなデータはWindowsのsystem32フォルダにランダムな英数で適当なフォルダを作って突っ込んでおきましょう。履歴も切り、もちろんショートカットも作らない。

不具合の原因になっても私は知りませんので自己責任でどうぞ。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

マウスコンピューター

高性能: ★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★★

初心者: ★★★★★

令和時代の鉄板スタンダードなPC初心者向けメーカー。標準構成のバランス感覚が突出しており、私でさえケチを付けることが滅多にできない。性能の下から上まで幅広く実用的。

パソコン工房

高性能: ★★★★ 保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★

初心者: ★★★★

性能とパーツの相場がある程度わかる人なら標準構成が多いのでコスパ重視で選びやすい。同じに見える同じ価格でも仕様の違いがどうなのか判る人には最適。

ドスパラ

高性能: ★★★★ 保証: ☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★★

昔はドスパラ=BTOだったけれど最近は普通のパソコンに力を入れておらず、2018-2019年の偽インテルチップ中華SSDの件が未解決なので信用問題的に何とも言えない。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安定: ☆☆

初心者: ☆☆☆☆

10年以上前まではDELL=初心者向けの安いパソコン、それはもう通用しておりません。クーポン適用後が適正価格だと見抜けるパソコン詳しい人向け、または大人買いで割安になる法人向け。

日本HP

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★☆☆

コスパと性能以外にも見た目も重視したいならHPのノートも選択肢としてアリ。自社製造状態なのでBTO=ダサい印象は払拭されるかと。デスクトップは法人用、ゲーミングは海外向け。

FRONTIER

高性能: ★★☆☆☆ 保証: ☆☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ☆☆☆

初心者: ★★★☆☆

フロンティア神代の解散後、現所長のパワハラがひどいとタレコミが複数あり、私から内情を運営会社へ伝えると逆ギレされて私を訴えるぞと謎すぎる返しがあり困惑中。

サイコム

高性能: ★★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★★

初心者: ☆☆☆☆☆

PC自作しない中~上級者向け、昔ながらの2chおっさん御用達な鉄板メーカー。動かない構成でも購入できるので初心者にはおすすめ不能。量産系BTOのようにコスパ悪くならないのでサイコムだけは自由なカスタマイズを激しくおすすめ。

※並びはBTOメーカーの知名度の順(暫定)で、大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
格安SIMなb-mobileを勝手に評価
格安SIMなLinksMateを勝手に評価

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。