現状最強、GENOウィルスの駆除と対処法

2009年5月27日

修理に出す人が多そうな気がしますがGENOウィルス。
未だにウィルス対策ソフト各社から駆除方法が出ていません。

これは5月末頃に書いた記事なので、最新は 「GENOウィルス」で検索すれば良いですが、なぜ駆除方法が出ていないのかは亜種が多いことが挙げられます。

進化しているというか、作り手が改造して放流しまくっているのでしょうか。
ウィルス対策ソフトハウスが撒いているという思考を思い出します。

とりあえずの対処法は検索すれば良いのですが、一応まとめると前回書いた「GENOウィルスの正式名称、名前はTroj/JSRendir-R」の通り。

  • Adbe Readerを最新にする
  • Flashも最新にアップデート
  • Windows XP をSP3の最新へアップデート
  • ウィルス対策ソフトのパターンを最新へ
  • トロイやウィルス保管などの怪しいサイトへ行かない
と書きましたが、既にこれでは亜種には通用しないようです。

感染したオーナーのWebサイトへ行ってみたのですが、ブラウザのJavascriptを入れているだけで感染してしまいました。するサイトとしないものがあるようですが、Javascriptのエラーなのか、その辺りは詳しくありませんので知りません。

結局駆除するには今のところ再インストールしか無いようです。
問題は拡大しないように、Webサイトのオーナーにして頂きたいことは、FTPソフトを削除してレジストリも消し、対策されるまでftp接続しないことです。

これには無理があるため、別の方法としてftp接続するPCはネットワークから孤立させ、手持ちのWebサイトを編集するためだけに使用。他のサイトへは絶対に行かない環境を作ることです。

アホなことに、OKwaveなどで「Googleで自分のサイトが「危険なサイトと警告が出ます」なぜでしょうか?」などと書いてURIを書いている質問者が居ます。

もちろん悪気は無いのでしょうが、それを見た回答者予備軍のOSがWindowsXPならばに感染する可能性が高く、ftp接続する環境ならばアカウントを盗用されて新たな感染源になれます。

感染して改築されたWebサイトは、すぐに削除して感染していないPCで再構築することに。このブログのようにftp接続が無かったり許可していなければ良いのですが、無料のレンタルサーバーは沢山あります。

色々と能書きしましたが、どういった挙動なのかは変わってきます。PCの動きが重すぎる、エラーや強制的に再起動、ブルースクリーンなど発生したら疑うことです。

修理に出さなければ判らない場合は、修理依頼書やメモに「GENOウィルスに感染しているような症状があります」と一言付け加えると親切です。そんなことを書かなくても、完了するまでネットワークには接続しないはずですが。


ウィルス対策ソフトが動作しているのか調査できるテスト用ウィルスをTrendMicroが配布してくれていますので、心配ならばこいつをダウンロードしてみましょう。検出されなかったら監視されていません。

TREND MICRO - 各製品共通テストウイルス
http://www.trendmicro.co.jp/download/test-virus.asp

検出されても、GENOの亜種はまだ対策されていません。

VistaやWinows7ならばとりあえず安心ですが、XPを含む以前のOS+FTP接続する環境は充分ご注意ください。感染したら自爆(再インストール)するのが正しいPCユーザです。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。