PCトラブル回避の設定と省電力のコツ

2009年4月22日

画面の明るさによって消費電力が違うことは何となくでも分かることですが、これは初耳、正直知りませんでした。

ノートパソコンの壁紙は、黒よりも白の方が省電力? | エキサイトニュース
http://excite.co.jp/News/bit/E1238429157129.html

白も黒も見づらいと思うので、Windows標準の青一色の壁紙無し、またはグレーの一色でもちろん壁紙無しにしていますが、黒か白かと聞かれたら「黒」と答えてしまいそうです。

黒い壁紙だと1時間で100%から69%に減っていたバッテリー残量が、白い壁紙だと100%から71%に抑えられていた。時間でいうと1時間あたりで10分程度の差。


1時間で10分程度の差、と軽くみること無かれ。
先日書いたAcerの約10時間バッテリーのミニノートPCならば、何もしていない状態という条件にはなるものの、単純に1時間40分の違いになる。

但しオチがあり、

タイプが違えば(VA方式やIPS方式)、黒い壁紙の方が省電力になるっていう真逆の結果になる。だから、見分け方は参考程度にしてもらえればと思う。


ということなので、TN方式ならば白、VAやISPならば黒、ということになるので、一概に白とは言えないということらしいです。もちろん私はそんなこと気にしません。あとノート買う予定も無い。

もう1本、似たようなタイトルがあり、これも省電力に関するネタ。

パソコンのエコな利用法は? : トラブル解決Q&A
: ネット&デジタル : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/net/qanda/20090413-OYT8T00328.htm

転載するなと書いてあるので要約すると、1時間あたりのだいたいの電気代は、デスクトップが1円、液晶ディスプレイ1円、ノート0.5円、ミニノート0.4円程度らしいです。

画像付きで説明しているので、詳しく知るならば上のリンクからどうぞ。

しかし、ここで気になることが。
スクリーンセーバーを切るには同意ですが、スタンバイや休止はお勧めしません。しない理由は以前「休止状態で電源が入らない」に書いたので、私のWindows XP(Professional)の設定をSS付きで置いておきます。Homeも同じです。

※デスクトップの何も無いところで右クリックして「プロパティ」

「スクリーンセーバー」タブ

スクリーンセーバーと電源管理

スクリーンセーバーは「無し」
なぜこれを設定したがるのか理解できませんが、HDDだけでなく色々負荷がかかるためお勧めしません。元々、スクリーンセーバーはCRT(ブラウン管モニタ)の画面焼けを防止する機能なので、液晶には設定する意味がありません。ここはぜひ「無し」で。

※昔は、業務用など同じ表示をし続けるアプリケーションなど多く画面が焼けて跡が付いていた。罫線やフォーム、ロゴなどがモニタに文字通り焼けるのです


「電源設定」
スクリーンセーバーと電源管理

電源設定の選択は何でも良いです。
その下、モニタは消えると私が慣れていないため「出力無し!?」とビビってしまうため無しにしていますが、これはお好みで。省電力したいならウザく無い程度に切りましょう。

その下、HDD電源とシステムスタンバイはするな。
しても良いですが、HDDを頻繁に切って入れて、良いワケがありません。
消耗を防ぎ事故を防止する意味でもHDDは切らない。そして、アプリケーション動作によっては復帰も失敗しないとも言えないため、こちらも無しがお勧め。


「詳細設定」
スクリーンセーバーと電源管理

オプションはお好みでどうぞ。
パスワードは、Windowsのログオンを設定していれば有効になります。

その下の「スタンバイ」になっている選択は、普通は「無し」または「シャットダウン」で良いでしょう。私がスタンバイにしている理由は、実はマウスが最近効かなくことが多く(明らかに故障)、一度スタンバイすれば直るというセコイ理由です。多分マザー(MSI-915P)がヤバイので、Scket1366がアホみたいに安くなるまで凌いでいるだけです。(もう一度775で行くかも知れませんが)


「休止状態」
スクリーンセーバーと電源管理

これは外せ。命令です。すんません、よろしくお願いします。
これにチェックが入っていることを知らず、何度無駄に修理や再修理が入って来たことか。復帰に失敗も有り得ますので保険としても外してください。無茶すんなという感じです。


「UPS」
スクリーンセーバーと電源管理

サーバー用でしょうか。家庭用でこの設定は要らないと思います。
UPSが必要な程度の使い方をしているなら、おとなしくノート買いましょう。
デフォルトでバッテリーという名のUPSが付いています。


こんなくだらない設定の説明はどうかと迷いましたが、休止状態を切るための説明用に上げておきます。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメント(2)

へー。僕はノートPC、起動に時間がかかるのが嫌で、基本、休止状態で電源を切っています(笑
スタンバイだとバッテリー食っちゃうからなのが、一番の要因だけど、経験上、スタンバイからの復帰の方が、元に戻らないことが多いので、休止状態から復帰するっていうのもあります。

私は逆で、休止から戻らないことが多々あります。
解ってやっているなら問題ありませんが、メーカーが設定して出荷するってのはどうかと思います。くだらない機能(スクリーンセーバーなど)は切るべきでしょう。壁紙は仕方無いとしても。

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。