正しいハードディスクの処分方法は物理的に破壊

2009年4月 2日

先日「ごみパソ」のWebサイトを褒めまくりましたが、ひとつダメ出しを。
サイトは見易く、説明も満足な内容でしたが、コレは無しです。

ごみパソのHDD再利用

※「安心!パソコン内部データの完全消去」より
故障パソコン買取 パソコン廃棄無料 故障パソコン買取専門店 ごみパソ
http://www.53pc.com/kaitori.html

完全消去を確認後、 マーキングがされて 再利用されます。


してはダメです。

どういう手段で「完全消去」しているのかは推測でしかありませんが、
STEP2の画面の映像はAcronisというユーティリティなので、そんなもんで
完全に消えるわけがありません。

私が(勝手に)上げているPowerMaxのローレベルフォーマットでさえ
「完全」とは言えません。(復元ソフトでは無理というだけ)


ちょうど良い記事を見つけたので、こちらから引っ張ります。
※2ページ目へリンクしています

PCの情報を守る! HDD処分の3つの方法 -All About
http://allabout.co.jp/computer/pc/closeup/CU20060705A/index2.htm


HDD内のデータを完全に消去する
……データ消去ソフトを利用して、HDD上のデータを完全に消します。AOSテクノロジーズの「ターミネータデータ完全抹消」など、暗号技術を用いた製品を使います


何を言っているのかよく解りませんが、AOSは復元ソフトのファイナルデータを
販売している会社です。暗号化が何か解りませんが完全には消えません。

これはPowerMaxでも同じで、ローレベルを3回かけても残るものは残ります。
何百回も繰り返せば、より100%に近付くとは思いますが完全とは言えません。

データを消すということは、別のデータを書き込むということであって、それを
HDD全体へ100%行うというのは無理と思った方が良いです。
ヤバイ画像や世間がどエライことになるデータはもっと気を遣いましょう。


HDDを物理的に破壊する
……PC処分前にHDDを取り出し、物理的に壊します。こうして、HDD上の情報を読み出せないようにします。


自分でやるならコレです。
ゴミパソの説明にもありますが、ドリルで穴を開けるのが手っ取り早い。

個人を特定されるものならここまでやりますが、ちょっとアレ程度なら
テキトーにフォーマットしてゴミ箱にでも捨てるか、ジャンクで売ります。


HDDを捨てない
……PC処分前にHDDを取り出し、金庫などで厳重に保管します。保管に手間がかかりますが、HDDが壊れていなければ将来再利用できるという利点もあります。自作ユーザーなら、この方法を選ぶことでしょう。


これが正解。

自分ならドリルで掘りますが、例えば親兄弟などHDDに詳しくなく
重要度を解っていない人間に対して言うなら、とにかく捨てるな。

ディスクそのものが破壊されない限り、生き返る可能性はあるので
ディスクを壊せないなら捨てないこと。そして第三者の手を触れさせない。
存在さえも漏れないよう注意する。

「再利用できる」は頂けないので、せめてピンや端子をペンチで折ったり
簡単にできそうなことなら、遺言状に書いておくかもしれません。


やけにアツく書きましたが、金持ってる昔の飲み友達から
「万一のことがあった時パソコン(ノート)をどうしたら良いか?」と聞かれ、
アドバイスしたのでここにも書いてみました。

彼の場合は「HDDはヒツジへ」と付け加えてくれたら良いですが、
その時に私がいなければ、ということも考えて言ったことです。


PowerMaxはPCをさわったことの無い人間には判らないと思うので、
最初にAOSの暗号化とかで消すソフトの手順を伝えておけば良いですね。

完璧を求めようとしたら、中のディスクを破壊するしかないということです。

断片的に残るのは構わなかったり、本気の復旧業者が介入しなければ
ここまで気にする必要も無いでしょう。

一応HDDのチェックもできるローレベルフォーマット用無料ツール
PowerMaxの使い方はこちらです。

ハードディスク検査フリーソフト「PowerMax」(起動編)
https://btopc.jp/repair/bto-pc-103.html

HDDは物理的に壊しましょう。

携帯電話と同じです。


<関連リンク>

パソコン買い取り.comを勝手に評価(一応口コミ) | BTOパソコン.com

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメント(2)

eraserのようなソフトの最強設定でしたら、
個人レベルでは事実上十分ではないでしょうか・・・

そうですね。誰のHDDなのか、によって変わるかと思います。
自己所有で再利用するなら消さなくとも良く、捨てるなら適当に消せば良いかと。

他人のHDDや見られてはいけない重要なデータ、社外秘などの場合は、このくらい気合い入れて考えましょうという、有る意味脅しのような記事です。

正直、ここまで極端に書かなくとも良いのですが、セキュリティの意識が低い、またはジャンク屋などでHDDを購入してFinalDataなど適当に復元して見てください。結構な確率で画像やエクセルが戻ってしまいます。オンラインへ垂れ流れると後の祭りになってしまうのです。

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。