CPUの画像とクーラーの取付で注意すること(AMD編)-

2008年10月16日

昨日は冷却についてでした。
では、冷却装置の下はどうなってるのか?

ヒートシンクを外せなければ見ることのできないところですが、そんなもん画像がどこにでもすっころがっていますので、検索をして探してください。と言いたい所ですが、これがAMDのCPUです。

マザーはMSIの何とかいうマイクロATX。
四角い銀っぽいのがCPUです。


うっすらと灰色に汚れていますが、これはグリスを拭き取った残りで実際にはべっとりと白や灰色のネトネトが塗ってあります。これが乾いていることがあるので、外すならグリスを買っておくだけでなく塗るという技術も必要です。どれだけ薄く塗り、かつ密着させるかがポイント。


手前の銀色のバーを手前に寄せて右上に上げるとロックが外れます。後はCPUを真上に抜くだけですが、他の写真を持っていませんでした。残念。外す作業は簡単ですが、取付には結構コツが要ったり、しくみを知らないと失敗して壊したりします。


ちなみにこの写真は、マザーとCPUだけ買った人が「ファンが付かない!」と私の手元へ入ってきたセットですが、リテンションが逆さまです。そりゃ付きません。無理をせず修理に出したのは正解ですが、金かかりますので注意しましょう。

あまりにもおもしろかったので、さりげなく上下を元に戻し「異常なし」と報告書を書いて返却したのは秘密です。


※リテンション=黒い囲いのようなプラスチック部分。写真は裏返しになってます。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

マウスコンピューター

高性能: ★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★★

初心者: ★★★★★

令和時代の鉄板スタンダードなPC初心者向けメーカー。標準構成のバランス感覚が突出しており、私でさえケチを付けることが滅多にできない。性能の下から上まで幅広く実用的。

パソコン工房

高性能: ★★★★ 保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★

初心者: ★★★★

性能とパーツの相場がある程度わかる人なら標準構成が多いのでコスパ重視で選びやすい。同じに見える同じ価格でも仕様の違いがどうなのか判る人には最適。

ドスパラ

高性能: ★★★★ 保証: ☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★★

昔はドスパラ=BTOだったけれど最近は普通のパソコンに力を入れておらず、2018-2019年の偽インテルチップ中華SSDの件が未解決なので信用問題的に何とも言えない。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安定: ☆☆

初心者: ☆☆☆☆

10年以上前まではDELL=初心者向けの安いパソコン、それはもう通用しておりません。クーポン適用後が適正価格だと見抜けるパソコン詳しい人向け、または大人買いで割安になる法人向け。

日本HP

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★☆☆

コスパと性能以外にも見た目も重視したいならHPのノートも選択肢としてアリ。自社製造状態なのでBTO=ダサい印象は払拭されるかと。デスクトップは法人用、ゲーミングは海外向け。

FRONTIER

高性能: ★★☆☆☆ 保証: ☆☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ☆☆☆

初心者: ★★★☆☆

フロンティア神代の解散後、現所長のパワハラがひどいとタレコミが複数あり、私から内情を運営会社へ伝えると逆ギレされて私を訴えるぞと謎すぎる返しがあり困惑中。

サイコム

高性能: ★★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★★

初心者: ☆☆☆☆☆

PC自作しない中~上級者向け、昔ながらの2chおっさん御用達な鉄板メーカー。動かない構成でも購入できるので初心者にはおすすめ不能。量産系BTOのようにコスパ悪くならないのでサイコムだけは自由なカスタマイズを激しくおすすめ。

※並びはBTOメーカーの知名度の順(暫定)で、大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
格安SIMなb-mobileを勝手に評価
格安SIMなLinksMateを勝手に評価

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。