【危険回避】検出されないウィルスの基本的な避け方

2008年12月31日

昨日書いた「【危険度高】検出されないウィルス流行ってます」の続き
でもありませんが、アクセス解析を見るとあまりにもIE使っている人が多いので
乗り換えのご案内です。

避け方というと、ボクシングのように感じがありますが、無視してもらう方法の
方が合っているような気がします。

ウィルスが広まる仕組み
まず、ウィルスを書いて撒く理由は「実力テストして楽しんでいる」という人間です。
感染速度が速く、いかに広めるか、これを目的としたサイバーテロリスト。
(こう書くとやたらとカッコイイですね。サイバーテロリスト・・・)

ウィルスを撒くと、各対策ソフトの会社が張っている網で感知し、新種として対応を始めます。以前、テレビで東南アジアの監視システム(トレンドマイクロ)が出ていたのですが、最初に発見した時から数分~翌日までにワクチンを開発して、パターンファイルのアップデートを流すそうです。

この「最初に発見」までの時間が長ければ長いほど感染し続けるわけですから、寄生するアプリケーション市場の広さx発見されるまでの時間 が大きいほどそのウィルスは流行ります。


WindowsとIEが脆弱な理由
マイクロソフトにケンカ売ってるようなサブタイトルですが、DELLやソニーのように「有名だから悪評が多い」というものだと思ってください。誰も使ってなければ誰も文句言わない。当たり前です。

なのでIE(InternetExplorer)が狙われます。
ということは、IEを使わなければ良いのです。

というわけで、FireFox をおすすめ。

Firefox | 高速・安全・自由にカスタマイズ | 無料ダウンロード
http://mozilla.jp/firefox/

他にもあります。好きなの選んでください。

Lunascape - 世界最速の無料ウェブブラウザ
http://www.lunascape.jp/

Opera ブラウザ: すべてのデバイスに最良のブラウザを
http://jp.opera.com/

Googleも出しています。おすすめですが機能がまだ少なく物足りないです。

Google Chrome - ブラウザのダウンロード
http://www.google.com/chrome/?hl=ja

いずれも無料、ブックマーク(お気に入り)の引っ越し機能あります。
IEは消さなくても良く、「標準のブラウザ」にせず様子を見るのもありでしょう。

私も以前はパソコン修理をしていたので、修理依頼者に近い環境でという理由で
IEの一番使われているバージョンを普段から使っていましたが、今は関係ありませんし、FireFoxやGoogleChromeの速さを体感したら戻れません。

慣れるまで操作しづらかったり、IEの方が楽だと感じると思いますが
そういう人がたくさん使っているブラウザ=サイバーテロのターゲットとなるので
乗り換えるか、せめて使い分けましょう。

メールソフトも替えてしまう
Outlookはダメです。元々、無料のメーラーなので文句も言えません。Windowsのオマケですよこれ。

おすすめはGmail。
Webメールなので慣れが必要ですが、これがあればログインするだけなのパソコンを限定せずいつでもどこでもメールの送受信ができます。便利な機能もたくさんあり、迷惑メールの自動振り分けやラベル機能も標準です。7GBを超えると有料になるようですが、メール7GB保存するってどんな人?ということです。大きいファイルは、添付ファイルを保存して削除すれば良いのでずっと無料で使えます。

Gmail: Google メール
http://mail.google.com/mail?hl=ja

有料(4,000円程度)なら出せる、というならベッキーです。

Becky! Internet Mail
http://www.rimarts.co.jp/becky-j.htm

アウトルックが遅いので、インターネットを知った頃から良いメーラーは無いか色々試しましたが、これ以上に高機能で軽いメーラーはありませんでした。試用期間が30日あるので、アカウントを1つ設定して軽さを体感してください。

高機能というのは、テンプレート作成やリマインダ機能はもちろん、Gmailのようなラベル付けや振り分け、RSSリーダーとしても使えたり、迷惑メールの自動ゴミ箱直行もできます。これはユーザーがプラグインを作っており、ほとんど無料で提供されています。

また、究極の機能としては、マクロプログラムを受信することができるので、例えば自宅でBecky!を常駐(起動して最小化)しておき、仕事場からマクロを送信すると、決まったプログラムをBeckyが実行するという高度なこともできます。

一時期、アフィリエイトの自動クリックなんかも流行りました。
来たメールのヘッダを条件付けして、メールに書いてあるURLを片っ端からクリックするというものです。面倒なのでやったことはありませんが、そのくらいすごいメーラーなのです。

Gmailも便利なので使っていますが、Beckyで全部+それ以上できます。
使いこなせば4,000円は有り得ない低価格でしょう。

以上、IEとOutlookはやめましょうというお話しでした。

どちらもWindowsのオマケソフトですよ。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

マウスコンピューター

高性能: ★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★★

初心者: ★★★★★

令和時代の鉄板スタンダードなPC初心者向けメーカー。標準構成のバランス感覚が突出しており、私でさえケチを付けることが滅多にできない。性能の下から上まで幅広く実用的。

パソコン工房

高性能: ★★★★ 保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★

初心者: ★★★★

性能とパーツの相場がある程度わかる人なら標準構成が多いのでコスパ重視で選びやすい。同じに見える同じ価格でも仕様の違いがどうなのか判る人には最適。

ドスパラ

高性能: ★★★★ 保証: ☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★★

昔はドスパラ=BTOだったけれど最近は普通のパソコンに力を入れておらず、2018-2019年の偽インテルチップ中華SSDの件が未解決なので信用問題的に何とも言えない。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安定: ☆☆

初心者: ☆☆☆☆

10年以上前まではDELL=初心者向けの安いパソコン、それはもう通用しておりません。クーポン適用後が適正価格だと見抜けるパソコン詳しい人向け、または大人買いで割安になる法人向け。

日本HP

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★☆☆

コスパと性能以外にも見た目も重視したいならHPのノートも選択肢としてアリ。自社製造状態なのでBTO=ダサい印象は払拭されるかと。デスクトップは法人用、ゲーミングは海外向け。

TSUKUMO

高性能: ★★★★★ 保証: ☆☆

コスパ: ★★★★ 安定: ☆☆

初心者: ☆☆☆☆

昔のマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。機種が少なく特徴的な少数精鋭状態なので選べる人を選ぶが、それにしても選びにくい。

FRONTIER

高性能: ★★☆☆☆ 保証: ☆☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ☆☆☆

初心者: ★★★☆☆

フロンティア神代の解散後、現所長のパワハラがひどいとタレコミが複数あり、私から内情を運営会社へ伝えると逆ギレされて私を訴えるぞと謎すぎる返しがあり困惑中。

サイコム

高性能: ★★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★★

初心者: ☆☆☆☆☆

PC自作しない中~上級者向け、昔ながらの2chおっさん御用達な鉄板メーカー。動かない構成でも購入できるので初心者にはおすすめ不能。量産系BTOのようにコスパ悪くならないのでサイコムだけは自由なカスタマイズを激しくおすすめ。

※並びはBTOメーカーの知名度の順(暫定)で、大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
格安SIMなb-mobileを勝手に評価
格安SIMなLinksMateを勝手に評価

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。